中学生におすすめの格安スマホはどれ?家計にも優しい月額2000円台で使える格安スマホ

中学生になると交友関係の一番の重要アイテムとなってくるのが
スマートフォンです。

しかし中学生にスマートフォンを持たせるのは
スマホ依存の問題や高額な請求、有害サイトや出会い系アプリ、
LINEなどの交友関係でのマナーやデメリットなど
中学生にスマートフォン持たせる心配はたくさん存在します。

その中でもお金の話、
スマートフォンの月額料金も頭の痛い悩みの一つです。

そんな頭の痛いスマートフォンの月額料金を2000円台に節約しつつ
中学生への悪影響をしっかりと抑えてくれる格安SIMをご紹介します。



格安SIMのおすすめランキングはこちらです。
SIMフリー端末がお得に購入出来たり通信速度が優秀だったり、
料金がとても安い格安SIMをそれぞれ比べてランキングにしています。

中学生に持たせるにはこの格安スマホがおすすめ!

kizmodoe1

中学生に持たせる格安スマホの大きな問題の一つが
月額料金です。

現在、スマートフォンの平均月額料金は7000円といわれています。
年間にするとなんと8万4000円!

中学校から学費のかかる大学受験までの6年間で計算するとなんと50万円も
携帯電話にかかる計算になります。

この毎月7000円といわれる携帯電話の料金が
2000円台になるならとても家計に助かりますよね。

それでは家計を助けると同時に中学生に降りかかる
スマートフォンの危険性もしっかりと抑えてくれる格安スマホをご紹介します。

月額1000円から利用可能!トーンモバイル





一番最初に中学生におすすめする格安スマホは
トーンモバイルです。

トーンモバイルは大手レンタルサービスのTUTAYAが提供している
格安スマホサービスです。

その利用料金はなんと月額1000円から。

専用のスマートフォンを2万9800円で購入する必要がありますが
2年間で計算すると月割で1250円。

月額料金と併せても2250円で利用できます。

もちろん端末を3年、4年と大事に使えばさらにお得になる計算です。
※3年使えば月額約1830円、4年使えば約1630円計算

毎月の携帯利用料金が1万円を超えても普通でない今の携帯料金事情では
月額2250円はかなりお得な格安スマホといえます。

中学生にトーンモバイルがおすすめの理由





中学生にトーンモバイルをおすすめする理由は
トーンモバイルのターゲットが小学生・中学生・
初めてスマートフォンをお持ちになるスマホ初心者と
ターゲットにドンピシャだからです。

トーンモバイルは月額1000円ながら中学生の利用を目的として
親がしっかり利用状況を管理できるように作られています。

トーンモバイルの中学生におすすめの機能は主に3つ

居場所確認機能とアプリ制限、そしてスマホ利用時間制限です。

トーンモバイルの居場所確認機能はとても優秀

ibasyokakunitone

トーンモバイルの居場所確認機能は
専用のアプリから今どこに子供がいるか地図情報から確認できます。

また指定の場所に入退すれば通知でお知らせしてくれる
ジオフェンス機能も優秀です。

学校の登下校や塾や習い事など時間が決まっているスケジュールに
合わせて通知が来るので仕事先からも子供の行動がしっかりと把握できます。

アプリ制限機能で有害アプリをシャットダウン!

apuriseigentone

トーンモバイルの中学生におすすめの機能の2つ目は
アプリ制限機能です。

アプリ制限機能はスマートフォンにインストールするアプリを
親の許可がなければインストールできない制限機能、

指定のアプリの利用時間を設定できる2つの制限機能があります。

2016年にはポケモンgoの流行で夏休みの夜に
ポケモンgoで遊んでいる中学生の補導がとても多くなったといわれています。

しかしこのアプリ利用時間をしっかりと活用すれば
1人で外出した塾帰り等でも中学生がうろうろする心配がありません。

スマホ利用時間制限でスマホ依存を防ぐ!

jikanseigentone

トーンモバイルが中学生におすすめの機能3つ目は
スマホの利用時間制限です。

この機能はアプリの利用時間制限とは違い、
スマートフォン自体の利用時間を制限してくれます。

そのため布団に潜り込んで深夜までスマホいじったり
夜の勉強を邪魔することがありません。

また1日に何分スマートフォンを使ったか、今月の利用時間はどうか
アプリの利用時間はどうかまでしっかりと管理する事ができます。

中学生におすすめのトーンモバイルのまとめ

kanngaeru

トーンモバイルは月額1000円ながら子供に持たせるだけの
機能がしっかりと入った格安スマホです。

端末代金も長く大事に使う事で月額2000円を切る維持費になっていきます。

通信速度はそのままでは少し遅いですが子供には十分。
もちろんポケモンgoなどのゲームもできます。

また通信速度を上げたい時はLTE通信を1GB/500円で追加購入も可能です。

 【トーンモバイルのメリット・デメリットは】

トーンモバイルは月額維持費2000円台で子供を守る機能が
しっかり入った格安スマホとなっていますよ

中学生におすすめの格安スマホは楽天モバイルもおすすめ!





トーンモバイルに続いて中学生にもたせるおすすめの
格安スマホは楽天モバイルです。

楽天モバイルをおすすめする理由は
何といっても月額維持費と端末代金がとても安い
格安スマホ会社だからです。

楽天モバイルが提供する端末の中でも中学生におすすめなのが
zenfone2です。

zenfone2

楽天モバイルではzenfone2の16GBモデルが限定で発売されています。

価格は3万5400円となっていますが
毎月半額キャンペーンや割引対象機種となるので
1万8000円程度で購入する事ができます。

中学生におすすめの料金プランはデータ通信3GBプランがおすすめ。

3GBプランなら使いすぎるとすぐに速度制限がかかるので
子供がすすんで利用状況を管理するのもメリットです。

通信速度もLTE回線ですので高速通信が可能です。

また音声通話はできませんがLINEやIP電話アプリなどを利用すれば
音声通話が無くても問題ありません。

楽天モバイルのデータ通信3GBプランなら1020円で利用できます。
※最安値は900円ですがLINEの利用を考えてSMS付きのプランです。

これなら半額キャンペーンの端末代金を合わせても2年間で
月額1770円です。

なんとトーンモバイルよりも安く2000円を切ります。

これはかなり家計に助かるのではないでしょうか。

zenfone2を中学生におすすめする理由!

kizmodoe1

このzenfone2を中学生におすすめするのは
zenfoneシリーズにはキッズモードとよばれる
子供が利用するための親が管理できる機能が搭載されているからです。

zenfoneに搭載されているキッズモードの機能は
アプリ管理機能とアプリ利用時間機能です。
kizmodekinou

使い方は設定からキッズモードをオンにして
パスワードを設定。

その後は子供に使わせるアプリと利用時間を設定するだけです。

設定するとスマホの待ち受け画面は選択したアプリのみとなるので
とてもすっきりした待ち受けになります。

その他にも音声通話着信があった時に指定した人以外
着信拒否にするなどの機能もありますが
データ通信プランを契約した方は利用する事はありません。

youtubeにzenfoneのキッズモードの動画あったので
合わせて紹介しておきます。

キッズモードと併せてこのアプリも入れておこう!

sumamori

zenfoneのキッズモードと併せて入れておきたいのは
スマモリというアプリです。

 【スマモリアプリの詳細はこちら】

月額400円の利用料金がかかりますが
楽天モバイルの月額料金が1770円ですので
スマモリを利用してもトーンモバイルよりも安い月額料金となります。

こども用はandroid端末にのみ対応し
保護者用はandroid端末とios端末の両方に対応しています。

スマモリの機能は
日別レポート
週別レポート
使用時間の制限・管理
サイトの制限
アプリの制限
決済・アプリ内購入制限
緊急状況モード
位置情報確認
歩きスマホブロック
家族間メッセンジャーととても多彩です。

■ スマモリ使用機能一覧
sumamorikinou

ただこのアプリはあまりにしっかりと管理できるため
子供の反発を招く恐れがあります。

スマホ購入時にスマモリをインストールする事を
しっかりと話し合ってくださいね。

続いて入れておいてほしいアプリは
Yahoo!あんしんねっとです。
ansinnete

 【Yahoo!あんしんねっとの詳細はこちら】

このアプリは主にインターネットの閲覧制限をしてくれるアプリで
有害サイトをしっかりブロックし年齢に合わせた設定が可能です。

ネットの閲覧は許可してあげるという方は
無料でインストール可能なので利用すると良いと思いますよ。

中学生におすすめの楽天モバイルのまとめ

楽天モバイルではトーンモバイルよりも
高速通信が可能な上に月額料金も安く抑える事ができます。

スマモリは月額400円かかりますが
位置情報だけなら無料のGPSアプリもたくさんあります。

キッズモードでアプリ制限をしつつ
無料のGPS位置情報とYahoo!あんしんねっとで十分だと思いますが

子供のスマホをしっかりと管理したい方はスマモリ1つで
トーンモバイルと同じ程度の管理が可能となりますよ。

スマモリを利用するなら
楽天モバイルのどの端末でもしっかりと管理できるので
機種端末割引キャンペーンからお得に端末を選んでくださいね!

最後に

いかがだったでしょうか
最初から子供管理の機能がしっかり入ったトーンモバイルと
少し手間がかかりますが月額料金が2000円を切る楽天モバイル。

設定が面倒だという方はトーンモバイルで文句なしですが

simの挿し替えが可能な楽天モバイルなら
端末を家族で使えまわせるので便利かもしれません。

中学生とスマートフォンについて話し合いをするのはなかなか
大変だと思いますがスマモリを入れた楽天モバイルと
オールインワンのトーンモバイル、

どちらもしっかり子供を守ってスマホの使い方が勉強できるので
子供に合った格安スマホを選んでくださいね!

コメントを残す