ヨドバシカメラで取り扱っている格安スマホはその他の格安スマホとどう違うの?

現在、数多くある格安スマホの中でも
ヨドバシカメラが独自に扱っている格安スマホサービスがあります。

このヨドバシカメラの格安スマホサービスと
インターネットなどから申し込みできる格安スマホでは
何が違うのでしょうか

ヨドバシカメラの格安スマホとネットで人気の格安スマホサービスを
比較してご紹介します。



格安SIMのおすすめランキングはこちらです。
SIMフリー端末がお得に購入出来たり通信速度が優秀だったり、
料金がとても安い格安SIMをそれぞれ比べてランキングにしています。

ヨドバシカメラの格安スマホのメリット

yodfobasi

ヨドバシカメラにふらっと出かけて
携帯電話コーナーでヨドバシカメラが提供する
格安スマホサービスが気になった方も多いと思います。

そんなヨドバシカメラで提供されている格安スマホサービスは
ワイヤレスゲートとよばれる通信業者と提携し提供されているサービスです。

そんなヨドバシカメラの格安スマホのメリットは
何といってもデータ通信無制限である事です。

データ通信のみを行うなら月額480円から1880円で
音声通話を行うなら月額2980円でヨドバシカメラ特製の
格安simが利用できます。

■ ヨドバシカメラ格安スマホ料金表

yodobasiryoukina

一番最安値のプランなら通信速度が250Kbpsで480円、
速度最大3Mbpsが出るプランなら1680円の月額料金となっています。

ただ、こちらは携帯電話に挿し込むsimのみとなっているので
別途、simが使用できるsimフリー端末かdocomoブランド端末が必要となります。

docomoブランド端末が利用できる理由は
ヨドバシカメラの格安simがdocomo回線を利用して提供されているサービスだからです。

またau、ソフトバンクブランドの端末をお持ちの方は
追加でヨドバシカメラの格安スマホを利用できる端末を用意する必要があります。

ちなみにauブランド端末をお持ちの方はこちらの格安スマホがおすすめです。

 【mineoのメリット・デメリットは】

データ通信無制限のプランは
ネットでの格安スマホ会社でもいくつか取り扱っていますが
その中でもヨドバシカメラの格安スマホなかなか優秀なプランを
用意しているなという印象です。

また圏外などの電波状況については
docomo回線を利用しているのでdocomoと同じ電波網を利用でき、
たいへん優秀であるといえます。

ヨドバシカメラの格安スマホのデメリット

tezaringutyuuitenn1

続いてヨドバシカメラの格安スマホのデメリットですが

メリットであるデータ通信無制限の諸刃の剣となってしまいますが
データ通信無制限を採用する事で通信速度が遅い事です。

一番最安値のプランである250Kbpsでの480円プランでは
かなり遅い通信速度ですが理論値通りのスピードが出ると思います。

しかしメインのプランでは通信速度最大3Mbpsとなっていますが
1Mbps出るかどうか怪しい所です。

月額1680円から1880円の月額料金で1Mbps程度なら
同じくデータ通信無制限で私がおすすめのトーンモバイルなら
月額1000円、500Kbpsの通信速度ながら実測1Mbpsに近い値が
計測されているのでトーンモバイルの方がお得に利用できる計算です。

また音声通話プランも2980円と比べてトーンモバイルが1900円と
トーンモバイルの方がお得になっています。

 【トーンモバイルのメリットデメリット】

とはいってもトーンモバイルがとても優良な格安スマホなだけで
同じ程度のサービスを提供しているU-mobileのプレミアムプランが
月額2980円となっているので

お値段的にそこまで悪い格安スマホとはいえません。

ヨドバシカメラとその他の格安スマホとの違い

yodobasisim

続いてその他のネットで有名な格安スマホ会社との比較ですが
ヨドバシカメラの格安スマホとネットで申し込める格安スマホとの
大きく違うのはその通信速度です。

同程度の料金プランで私が一番おすすめしている
同じdocomoの電波網を利用している楽天モバイルと比較させて頂くと

楽天モバイルの音声通話+データ通信10GBプランで2960円、
ヨドバシカメラの音声通話とデータ無制限プランで2980円

お値段的には微差ではありますが楽天モバイルが20円お得です。

しかしその通信速度には大きな違いがあります。

ヨドバシカメラの格安スマホは最大3Mbpsとなっていますが
楽天モバイルは下り最大225Mbpsと75倍も通信速度に差があります。

実測値でも私が住んでいる関西圏で恐縮ですが
お昼時を覗けば平均で楽天モバイルなら10Mbpsから20Mbpsの
通信速度が計測されています。

ちなみに楽天モバイルの実測での最大通信速度は京都で100Mbpsを
超えています。

 【楽天モバイルの100Mbps計測時の記事はこちら】

実測値で考えるとせいぜい1Mbpsが予想されるヨドバシカメラの格安スマホよりも
楽天モバイルが優れているのは明白です。

さらに楽天モバイルはデータ通信量の繰り越しサービスがあり
10GBプランで繰り越しを使えば実質月に15GBほどデータ通信に使えます。

毎月のデータ通信量が多く、無制限プランに魅力を感じている方は
月々のデータ通信量を調べて10GB程度なら
楽天モバイルの方がすべての面で優れています。

 【楽天モバイルをおすすめする理由】

ヨドバシカメラが提供する格安スマホのデメリットをまとめてみると
通信速度が遅い事と速度の出る定量性の料金プランが
用意されていない事といえます。

ヨドバシカメラの格安スマホはその他の格安スマホとどう違うの?のまとめ

  • ヨドバシカメラの格安スマホはワイヤレスゲートという会社と提携して提供されている
  • ヨドバシカメラの格安スマホのメリットはデータ無制限
  • デメリットは通信速度が遅い事
  • 最大3Mbpsの無制限プランならトーンモバイルの方がおすすめ
  • 音声通話プランなら楽天モバイルの10GBプランがおすすめ

大手キャリアの月額料金が高くなっているので
ヨドバシカメラでついつい格安スマホを選んでしまいがちですが
無制限プランにはいくつかの注意が必要です。

同じ無制限プランなら同程度の通信速度で月額1000円のトーンモバイルが、
音声通話プランなら通信速度が75倍の楽天モバイルが何といっても
おすすめです。

楽天モバイルならヨドバシカメラに負けないほどお安く
新品のsimフリー端末が手に入ります。

月額の携帯料金がお安くなるのはもちろんですが
ヨドバシカメラの無制限プランに特にこだわりが無いのならば
個人的にはトーンモバイル、楽天モバイルをおすすめしますよ。

コメントを残す