ビックカメラの格安スマホってどうなの?ネットの格安スマホとの違いは?

ビックカメラが提供している格安スマホは
その他の格安スマホと比べてどうでしょうか。

ビックカメラの提供している格安スマホと
ネットで申し込みできる格安スマホ会社を比較してみます。



格安SIMのおすすめランキングはこちらです。
SIMフリー端末がお得に購入出来たり通信速度が優秀だったり、
料金がとても安い格安SIMをそれぞれ比べてランキングにしています。

ビックカメラの格安スマホのメリット・デメリットは?

bicsim

大手家電ショップの一つであるビックカメラが展開している
BICSIMとよばれる格安スマホサービスは

大手格安sim会社の
IIJmio(みおふぉん)とOCN モバイルONEがビックカメラと提携し
提供されているサービスです。

そのため提供元であるIIJmio(みおふぉん)とOCN モバイルONEと
料金プランを比べてみても大きな違いはありません。

BICSIMにはIIJmio(みおふぉん)とOCN モバイルONEの
それぞれの特徴を合わせた2種類の料金プランがあり

IIJmioと提携しているBICSIMは
3GB/900円、6GB/1520円、10GB/2560円の料金プランから用意されています。

■ BICSIM料金表
bicsimryoukin

この料金プランにSMS機能が付くとプラス140円
SMSと音声通話を付けるならプラス700円の料金がかかります。

またファミリープランも用意されており
1枚に付き、毎月400円プラスで最大10枚まで契約simを増やせます。

そしてもう一つのOCN モバイルONEと提携している
BICモバイルONEの料金プランもOCN モバイルONEと同じプランが用意されており
音声通話プランのみの提供となりますが

1600円から3000円の月額維持費となっています。

■ BICSIMモバイルone料金表

bicsimmobairone

またデメリットに関しても
料金プラン的に特に問題なくとても使いやすい格安スマホとなっています。

ただBICモバイルONEの1日データ定額サービスは
アプリの更新などですぐに速度制限がかかってしまうので
避けた方が良いと思います。

その他のOCN モバイルONEのメリットデメリットはこちらの
記事を参考にしてください

 【OCN モバイルONEのメリット・デメリットは?】

BICSIMは人気の大手格安sim会社のIIJmio、OCN モバイルONEが
提供するサービスなのでとても使いやすい格安simとなっています。

ちなみにビックカメラの社名のビックは「ビッグ/BIG」ではなく
「ビック/BIC」となっています。

ビックの意味は大きいと中身も偉大であるという2つの意味を持つ造語のようです。
創業者の社長さんが外国で「ビック」という言葉を知り
たいへん気に入って「ビック」を採用したそうです。

BICSIMで使う端末はどうすればよいの?

kakuyasusiiphone

BICSIMで使える端末はsimフリー端末、docomoブランド端末となっています。

BICSIMはdocomoから回線設備を借りて提供されているサービスですので
docomoからBICSIMに変える方はそのままdocomoで使用していた端末が利用できます。

ただau、ソフトバンク端末をお持ちの方や
新しくスマートフォンの購入を考えている方は
別途、端末を用意する必要があります。

ビックカメラが提供するsimという事で
端末が必要な方はビックカメラで購入すると
ビックカメラの懐がとても潤うのでとても店員から喜ばれますが
端末代金はなかなか高価な買い物です。

しかしau端末をお持ちならば
au回線を利用している格安スマホ会社を選べばそのまま
auで使っていた端末が利用できます。

au回線を利用した格安スマホ会社はmineoやUQmobileがあり
どちらもBICSIMに負けないサービスを提供しています。

au端末をお持ちならまずmineoやUQmobileの検討をおすすめします。

 【mineoのメリット・デメリットはこちら】

次にソフトバンクを利用されていた方の端末ですが
残念ながらソフトバンク回線を使った格安スマホはありません。

ソフトバンクブランドの端末を使っていた方は
新しく端末を用意する必要があります。

そこでおすすめなのが楽天モバイルです。

 【楽天モバイルをおすすめする理由】

楽天モバイルの強みは何といっても同時購入できる端末が
とてもお得な価格で購入できるところです。

格安スマホに使われている端末一番人気はarrowsシリーズですが
私も使っているarrowsM02はビックカメラから買うと2万8000円ほど。

bicsimkisyu

対して楽天モバイルのキャンペーンを利用すると
1万8000円ほどと1万円以上お得に購入できます。

rakutenkisyu

その他の端末も随時割引キャンペーンが行われているので
新たに新規端末を購入されるなら楽天モバイルがおすすめです。

格安スマホは大手キャリアと違い2年縛りが無く、
基本プランなら長くても音声通話プランの1年が最長です。

楽天モバイルを1年使ってまだBICSIMが気になる方は
楽天モバイルで使っていた端末がそのまま使えるのでBICSIMに移行されると
お得だと思いますよ。

ビックカメラの格安スマホってどうなの?のまとめ

  • ビックカメラの格安スマホはIIJmio、OCN モバイルONEと提携している
  • どちらのプランも使い勝手が良くおすすめの格安sim
  • BICSIMで使用できる端末はsimフリー端末かdocomoブランドの端末
  • auブランドの端末をお持ちならmineoやUQmobileがおすすめ
  • ソフトバンク端末や新規端末を購入するなら楽天モバイルがお得

ビックカメラの提供する格安スマホサービスは
大手格安スマホサービスと提供しているのでとても使いやすい印象です。

ヨドバシカメラの無制限プランのようにくせもなく
気になる方は積極的に申し込みしてもお得に月額料金を節約できます。

ただ、auブランド端末をお持ちの方はmineoやUQmobile、
ソフトバンクブランドの端末、新規で端末を購入される方は
楽天モバイルがお得になる事を覚えておいてくださいね。



格安SIMのおすすめランキングはこちらです。
SIMフリー端末がお得に購入出来たり通信速度が優秀だったり、
料金がとても安い格安SIMをそれぞれ比べてランキングにしています。

コメントを残す