端末代金が5000円以下、1万円以下の格安スマホはありますか?

端末代金が5000円以下、1万円以下の格安スマホはありますか?

携帯電話を使用する上で月額料金と共に重要なのは端末代金です。
端末代金が5000円以下、1万円以下のおすすめの格安スマホを
ご紹介します。



■ 楽天モバイルのメリット

  • 豊富なプランと格安の月額料金
  • 通信上限無しの20GBプラン、30GBプラン
  • 5回線までのデータ通信量シェア
  • 支払い方法に口座振替・デビットカードが可能
  • 毎日開催されている半額機種多数の割引キャンペーン
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる繰り越しサービス

お得なキャンペーンの内容は公式サイトで確認できます。

端末代金5000円以下、1万円以下の格安スマホはこれ!

hangaku

携帯電話を使用する上で月額料金と切っても切り離せない端末代金ですが
大手キャリアで購入すると7万円近い料金がかかります。
※2016年8月現在で新品iPhone7で7万2000円程度のお値段です。

大手キャリアの月々サポートを利用しても負担金は
2年間で4万円以上と頭の痛い所です。

しかし格安スマホを賢く選べば
端末代金は1万円以下、5000円以下で購入する事ができ、
平均月額料金7000円と言われる大手キャリアの携帯電話料金を
月額2000円台に抑える事が可能です。

端末代金を抑えつつ携帯電話の月額料金も安く済ませる方法とは

ずばり楽天モバイルの
端末同時購入割引キャンペーンを利用する事です。

楽天モバイルは数ある格安スマホ会社の中でも取り扱っている端末の種類がとても豊富です。
また楽天モバイルはsimフリー端末の同時購入キャンペーンを
随時行っており格安で端末を購入する事が可能です。

この楽天モバイルのキャンペーンを利用する事で
端末代金が5000円以下、1万円以下で購入する事ができるのです。

月額5000円以下の端末はこれ!



楽天モバイルで取り扱っている端末で5000円以下は
Zenfone2シリーズ、ZTEシリーズ、MEDIAPADシリーズです。

※通常価格は1万円


※通常価格は2万7800円


※通常価格は3万5000円


※通常価格は1万1000円
※MEDIAPADのみタブレットタイプとなります。

これらの通常価格は1万円から3万円前後となっていますが
割引キャンペーンを利用する事ですべて2000円以下というお値段となっています。

もちろんLTEの高速回線にも対応しています。

CPUやカメラ性能、バッテリー性能などは最新端末と比べると
落ちてしまいますがLINEやウェブサイト・動画閲覧など普通に使う分には問題ありません。

なによりアマゾンでも2万円以上するZenfone2シリーズが
2000円以下で手に入るのはかなりお安い価格設定ではないでしょうか。

これなら一括で購入してもお財布にやさしいですし
2年間で考えても月々たった5円の負担で済んでしまいます。

楽天モバイルなら音声通話3.1GBプランで1600円ですので
端末代金と合わせても月額1605円です。
※docomoでiPhone7を契約した場合は月額7000円程度です。

大手キャリアでは平均月額料金7000円に端末代金が上乗せされる料金なので
家計の負担を助けてくれるスマートフォンとなっています。

注意点として端末代金が2000円以下になるのは音声通話プランを選択した場合、
データ通信プランの場合は5980円からとなっています。

また端末割引キャンペーンを利用した場合は最低利用期間が設定されています。
音声通話プランなら12ヶ月、データ通信プランなら6ヶ月となります。
最低利用期間内での解約は9500円の契約解除料金がかかります。

5000円以下で購入できるのは毎日開催されている機種割引キャンペーンの中でも
年に数回程度のタイミングとなります。

1万円以下の端末ならいつでもキャンペーン対象機種にありますが
5000円以下で発売されている端末がある場合はかなりラッキーだと思いますよ。

5000円以下の端末がキャンペーン対象になっているのは
1月、4月、5月、8月、9月、12月あたりがよく対象機種となています。

もちろん上記以外の月でも例外はたくさんあるので
5000円以下でSIMフリー端末を狙っている方は毎月楽天モバイルのキャンペーンを
しっかりチェックしてくださいね。

月額1万円以下の端末はこれ!

zenfonego

次にご紹介するのは端末代金1万円以下の
ASUS(エイスース)のZenFone Goとarrows m02です。


※通常価格は2万円


※通常価格は2万9800円
ZenFone Goは端末の性能も優秀で
2万円台ながらそれなりのスペックとなります。

ワンセグやお財布ケータイ機能などの便利な機能は搭載されていませんが
通常使用なら問題の無い優秀な端末となります。

ただZenfone2もそれなりに良い端末なので
現在ならZenfone2がおすすめとなります。

■ ZenFone Goのスペック一覧

zenfonegospec

またZenFone Goはキッズモード機能も搭載されていて中学生や高校生にもおすすめですし
もちろんポケモンGOにも対応しています。

 【中学生におすすめの格安スマホはどれ?】

アマゾンでも2万円を超えているZenFone Goですが
楽天モバイルなら1万円以下のお値段です。

このお値段でZenFone Goが手に入るのは楽天モバイルだけです。
かなりのねらい目端末となっていますよ


二つ目のarrows m02ですが
クロック数はZenfoneシリーズに少し及ばないですが
防水・防塵機能とおサイフケータイ機能が搭載されています。

特におサイフケータイ機能搭載で1万円以下で購入できるのは
arrows m02だけとなっています。

arrows m02は国産メーカーである富士通が製造している端末となり
サポートなどもしっかりと行っています。

私もおサイフケータイ機能目的でarrows m02を使用していますが
テザリング機能も優秀でかなり満足しています。

スペックは通常使用程度なら問題ないので
防水・防塵機能とおサイフケータイ機能のどれかが必須の方は
arrows m02一択だと思いますよ。

注意点はarrows m02は最新端末のm03が発売されたこともあり
他社キャリアでは続々と取り扱いが終了しています。
1万円以下で購入したい方はお早目に購入した方がよさそうですね。

端末代金5000円以下・1万円以下の割引価格で購入するための条件は?

kakuyasusimtejun

端末代金5000円以下・1万円以下で端末をお得な価格で購入するには
楽天モバイルでsimと端末一緒での申し込みが必須となっています。

またデータ通信プラン、音声通話プランで端末代金のお値段も変わってきます。
音声通話プランでの申し込みの方が割引率が高くなっています。

上でも挙げさせて頂いた通り楽天モバイルの音声通話3.1GBプランなら
端末代金を合わせても月額1605円からの利用料金となっています。

ほぼ負担はゼロといってよいでしょう。

もちろん分割払いが終了したら基本料金のみのお値段となりますし
一括で購入してもたいへんお財布にやさしい端末料金です。

楽天モバイルは通信速度も優秀ですし
月額850円で5分間かけ放題サービスやデータ通信量を翌月に繰り越せる
繰り越しサービスもたいへん好評です。

 【私が楽天モバイルをおすすめする理由】

格安スマホの利用をお考えで端末代金を抑えたい方は
楽天モバイル一択で問題無しですよ!

端末代金が5000円以下、1万円以下の格安スマホはありますか?のまとめ

  • 楽天モバイルのキャンペーンなら格安で端末が購入できる
  • 端末代金5000円以下なら音声通話プランの申し込みが必要
  • 端末代金1万円以下ならarrowsm02、ZenFone Go
  • 私のおすすめはarrows m02かZenFone2
  • ASUS(エイスース)のZenFoneシリーズはそれなりに良スペック
  • 楽天モバイル端末割引キャンペーンはデータ通信、音声通話プランの申し込みが必須
  • 楽天モバイルは通信速度も優秀
  • 楽天モバイルは5分間の無料かけ放題サービスがある。
  • 楽天モバイルは余ったデータ通信を翌月に繰り越せる

いかがだったでしょうか

楽天モバイルはサービスも優秀、通信速度も安定しています。

なにより楽天モバイルは端末がとても安く購入でき、
端末代金と月額料金を合わせて考えると格安スマホ会社の中では
群を抜いて安い格安スマホといえます。

格安スマホと端末代金で悩んでいるなら
楽天モバイルを選んでくださいね!

 私がおすすめする格安スマホランキングはこちら!



格安SIMのおすすめランキングはこちらです。
SIMフリー端末がお得に購入出来たり通信速度が優秀だったり、
料金がとても安い格安SIMをそれぞれ比べてランキングにしています。

コメントを残す