格安スマホ月3000円台だとどのプランがおすすめ?容量制限や通話はどうなるの?

現在大手キャリアから月額料金を抑えるために
格安スマホに変更する方がたいへん増えています。

とくに格安スマホの利用は学生の方やフリーター、主婦の方が多いようです。
携帯利用料金を月額3000円台に節約したい方におすすめプランをご紹介します。



格安SIMのおすすめランキングはこちらです。
SIMフリー端末がお得に購入出来たり通信速度が優秀だったり、
料金がとても安い格安SIMをそれぞれ比べてランキングにしています。

格安スマホを月額3000円台で利用する3つのケース

joukentukikouza

月額料金が平均7000円とも言われる大手キャリアですが
データ通信を良く行う方は毎月9000円、1万円とかなりの携帯代金を
大手キャリアに支払っていると思います。

この毎月かかる7000円のおよそ半額、
3000円台で格安スマホを利用しようと考えた場合、
どのプランが選べるのでしょうか。

月々3000円台を目標に格安スマホを利用した場合の料金プランを
データ通信良く行う方、
音声通話を良く行う方、
simフリー端末を同時購入される方の

3つケースに分けてご紹介します。

データ通信を良く行う方はこのプラン!

大手キャリアで追加のデータ通信容量をよく購入される方は
格安スマホの10GBプランがおすすめです。

その中でもデータ通信のみを行い、連絡をLINEなどの
通話アプリで節約を考えている方はデータ通信のみのプランがおすすめです。

LTEを利用したデータ通信10GBプランの
格安スマホでの平均価格は大体2500円前後となります。

また大手キャリアにはない余ったデータを翌月に繰り越せる
データ容量繰り越しサービスが人気の格安スマホ会社のほとんどで
採用されており、

10GBプランを月末に契約する事で
翌月にかなりのデータ通信量を繰り越して利用する事ができます。

10GBプランとデータ繰り越しサービスを提供している
人気の格安スマホ会社は楽天モバイル、mineoです。

 【私が楽天モバイルをおすすめする理由】

 【mineoのメリット・デメリットは?】

格安スマホ会社の契約ページには細かく明記されている事は少ないのですが
3日間ごとにデータ通信の上限が設定されています。

楽天モバイルでは2017年3月にすべての料金プランで3日間のデータ通信上限が
完全に廃止となりました。

3.1GBプランでは今まで3日間のデータ通信上限が厳しく使いづらい料金プランでしたが
かなり使いやすさが向上しています。

ここに音声通話を付けたい場合は
データ通信プランの料金に600円から700円が上乗せとなります。

音声通話プランを付けた場合の10GBプランの料金は
3000円から3200円前後と月額3000円台で利用が可能となっています。

もちろん私がおすすめする楽天モバイルやmineoも
音声通話10GBプランが3000円台で利用できますよ。

データ通信を良く行う方は
まず10GBプランを検討してみてくださいね。

音声通話をよく使う方はこのプラン!

sumahotosyokubutu

データ通信をそれなりに利用しつつ
音声通話もよく利用される方の月額3000円台のプラン構成ですが
おすすめは音声通信5GBプランに無料通話オプションを付ける事です。

音声通話プランの5GBプランの料金は2200円前後が多く
一番人気のデータ通信量プランとなっています。

無料通話オプションにはいくつかの種類があり
5分間の無料通話が月に無制限かけ放題や10分間の無料通話が月に300回まで、
60分間の無料通話がつくオプションなどが人気です。

利用方法は指定の専用アプリから利用する事がほとんどです。

5分間の無制限かけ放題では楽天モバイル、
10分間の無料通話300回まではU-mobile
60分間の無料通話オプションではBIGLOBE SIMが有名です。

 【楽天モバイルのおすすめの理由】

 【U-mobileのメリット・デメリット?】

 【BIGLOBE SIMのメリット・デメリットは?】

この無料通話オプションのお値段は大体1000円前後となり
音声通話5GBプランと無料通話オプションを合わせると
3000円から3500円の間で納まる事が多いです。

無料通話オプションの注意点は
一部、カスタマーサービス系の電話番号などに
発信できない事がある事です。

おそらくその他にも発信する事ができない電話番号があると思いますが
指定の無料通話アプリを利用せずに通常の電話機能を使えば
料金を支払う必要がありますが問題なく発信する事ができます。

また無料通話オプションの規定以上に通話を行う方は
大手キャリアのガラケーかけ放題サービスとの2台持ちもおすすめです。

別途ガラケーの用意などもしなければいけませんが
4000円程度で音声通話し放題と格安スマホのデータ通信が行えます。

このエントリーの目標である月額3000円台は少し難しくなりますが
MNPの手間が無くキャリアメールアドレスの維持などメリットもあります。

音声通話を良くされる方は2台を持ちを検討しても良いと思いますよ

 【ガラケーと格安スマホを2台持ちにするとどのくらいお得になるの?】

端末の同時購入が必要な方の3000円台のおすすめのプラン!

hangaku

格安スマホの料金を考えるうえで重要なのが
格安スマホで利用できるsimフリー端末の代金です。

現在、simフリー端末で人気の機種といえば
国産なら富士通のarrowsシリーズ、
外国産ならASUSのZenfoneシリーズです。

arrowsシリーズの最新端末のお値段は大体3万円、
Zenfoneシリーズなら2万円程度から新品を購入する事ができます。

またiPhoneシリーズならiPhone6がアマゾンで4万円台で購入できます。

 【iPhone6は格安スマホとして使えるの?】

現在、格安スマホ会社の多くで採用され同時購入の
対象となっているarrowsシリーズで料金を考えてみると

端末代金が3万円で2年間の分割で支払った場合、
月額は1250円となります。
arrows M03

月額3000円台に抑えようと考えると
音声通話5GBプランが2200円程度なので端末代金と併せて
月額3450円で利用できる計算となります。

また、端末代金を大幅に節約したい方は
楽天モバイルの機種割引キャンペーンを利用すれば
平均で端末代金から1万円程度の割引価格で購入できます。

arrowsシリーズですと最新のm03は対象ではありませんが
スペック的に変わらない前機種のm02なら1万円程度で購入できます。
またZenfonシリーズなら5000円程度で購入できます。






端末代金が1万円となると2年間利用で考えると
楽天モバイルの5分間かけ放題オプションの850円を加えても
月額料金が3417円となり、3000円台に抑える事ができます。
(音声通話5GBプラン2150円+端末417円+無料通話オプション850円)

音声通話プランでもメインはデータ通信という方でも
端末代金が417円なら10GBプランでも月額3400円となり
10GBプランでも目標の月額3000円台での利用が可能となりますよ。

端末の購入も必要な方は楽天モバイルの機種割引キャンペーンが
たいへんお得ですので必ずチェックしてくださいね!

格安スマホ月3000円台だとどのプランがおすすめ?のまとめ

  • 格安スマホなら10GB音声通話プランが3000円程度で利用できる
  • 通話を行う方は無料通話オプションと5GBプランがおすすめ
  • 端末購入が必要な方は5GBプランと組み合わせると3000円台で利用できる
  • 端末を購入するなら楽天モバイルキャンペーンがたいへんお得
  • 楽天モバイルの機種割引キャンペーン利用なら無料通話オプションも付けられる

格安スマホで月額3000円台のプランなら
とても多くのオプションやデータ通信プランを選べます。

また楽天モバイルなら機種割引キャンペーンを利用する事で
さらなる節約や追加オプションの利用も可能です。

2017年より3日間のデータ通信上限がすべてのプランで廃止となった
楽天モバイルはかなりのおすすめ格安SIMキャリアとなっています。

大手キャリアから格安スマホの利用を月額3000円台で考えてらっしゃるなら
通話時間やデータ通信量をしっかり調べて
自分の利用状況に合わせたプランを賢く選択してくださいね!

コメントを残す