店舗での申し込みとwebサイトからのネット申し込みはどちらがお得ですか?

webサイトからの申し込みがほとんどだった格安スマホですが
一部の格安スマホで家電量販店で申し込みができるように
なってきました。

家電量販店などの店舗での申し込みと
webサイトなどのネットから申し込みをする場合
どちらがお得なのでしょうか。

メリット・デメリットをご紹介します。



格安SIMのおすすめランキングはこちらです。
SIMフリー端末がお得に購入出来たり通信速度が優秀だったり、
料金がとても安い格安SIMをそれぞれ比べてランキングにしています。

店舗申し込みとwebサイトからの申し込みどちらがお得?

checkkanryou

格安スマホでも一部、
キャリアショップと同じような店舗を作ったり、
家電量販店に店員を置いて店舗での格安スマホのお申し込みが
できるような格安スマホが増えてきました。

同じ格安スマホの場合、店舗申し込みと
webサイトなどからネット申し込みはどちらがお得でしょうか。

いきなり答えを書かせて頂きますとコストパフォーマンス的には
ほとんどの場合はネット申し込みの方が優遇されています。

これはsimの挿し替えや開通設定などを
お客様が自分で行うという事が優遇される理由となっています。

ただ2016年9月現在ではほとんどの格安スマホでは
店舗申し込みとweb申し込みに差はありません。

これはiPhoneに関する時期的な物が関係しています。

ご存知の通り、毎年9月は新型のiPhoneの発売と共に
2年前に発売されたiPhoneの2年縛りが終わります。

今年いうとiPhone7が発表され、
iPhone6の2年縛りが終わる人が大量に出てくる事になります。

 【simロックがかかったiPhone6は格安スマホで使えるの?】

楽天モバイルでは
ネット・店舗対象の機種割引キャンペーンが随時開催されていますが
毎月web申し込み限定での割引機種が多数あります。

ただ、9月に入ってほとんどの端末が
webサイト、店舗申し込みの両方で対象機種となっています。

iPhone7の発売と共にiPhone6の2年縛りが無くなるこの時期だから
顧客を囲い込みたい格安スマホの戦略もあるかもしれません。

この流れはおそらく10月位までは続くのではないでしょうか。

通常では店舗申し込みとネット申し込みでは
ネット申し込みの方が優遇される場合が多いと覚えておいてくださいね。


※web限定で最新端末が1万円引き

店舗申し込みのメリット・デメリットは?

店舗でお申し込みをした場合のメリットデメリットについて

まずメリットですが

店舗申し込みでは格安スマホ店員が対応してくれるため
MNPを利用する場合などのこまごまとした設定や大手キャリアへの連絡を
店員がほとんど行ってくれる点です。

携帯電話の申し込みやオプションの追加など
ややこしい手順や間違った申し込みの防止方法や注意点などを
しっかりと教えてくれます。

対してデメリットですが
目的の格安スマホ会社を直接、申し込みできる店舗がまだまだ少ない所です。

ご存知の通り、
格安スマホではキャリアショップの維持費や人件費を削減する事で
格安の月額料金を実現しています。

 【格安スマホはどうしてこんなに安いの?】

しかし店舗で直接申し込みをできる格安スマホがまだまだ
少ないのが現状です。

この直接申し込みができる店舗が少ない点が
店舗申し込みでのデメリットであるといえるでしょう。

また店舗数が少ないためにたいへん混雑してしまうのもデメリットです。
特に家電量販店などで日曜・祝日を利用したキャリア変更の場合は
1日つぶれてしまうと覚悟しておいた方が良いでしょう。

webサイトからのネット申し込みのメリット・デメリットは?

2016年9月の傾向では店舗申し込みできる格安スマホ会社での
店舗申し込みとwebサイトからの申し込みでは
コストパフォーマンスの差はほとんど無くなってきています。

しかし人件費の削減の観点から
webサイトからの申し込みをしてくれる顧客を優遇する流れは
依然として残ると思われます。

そこでネット申し込みの方がお得になる可能性が高い事を
メリットとして挙げさせて頂きます。

2016年9月現在では楽天モバイルなどが
機種割引キャンペーンを行っていますが

対象機種は店舗・web申し込みに割引額の差はありません。

しかし以前までは明らかにwebサイトからのネット申し込みを
されるお客様が優遇されていました。

今は9月という新型iPhone発売時期と格安スマホの認知期間という事で
店舗申し込みに人件費をかけていますがある程度の期間が過ぎると
以前のようにwebサイトからの申し込みが優遇されるように
なってくると思われます。


※webサイト申し込み限定で最新端末が1万円引き

また家電量販店などから手間なく申し込みが出来たので
2年後に機種変更に来たけど店員がいなくなっていたなんて事が
普通におきてくるのではないでしょうか。

格安スマホのそういった手間やトラブル解決は
基本自分で行わなければなりません。

店舗申し込みされる方はそういった点を
見落としがちなので注意が必要です。

そして2つ目のネット申し込みのメリットですが
店舗が近くに無い方や時間が取れない方でも
webサイトからのネット申し込みではご自分のタイミングで
申し込みができる点です。

店舗申し込みができるようになってきたといっても
まだまだ格安スマホ店員がいる店舗も少なく
家電量販の営業時間も限られています。

特に日曜日・祝日ではたいへん混雑します。

しかしネット申し込みならそういったデメリットは無く
いつでも申し込みができます。

ネットからの申し込みがお得な場合が多い事、
いつでも自分のタイミングで申し込みができる事が
ネット申し込みのメリットとなります。

対してネット申し込みのデメリットですが
やはりMNPの手続きと開通設定を自分で行わなければならない所です。

ちなみに店舗での店員が行ってくれるのは
申し込み受付とMNP手続き・開通設定までとなっています。

新端末を購入される場合は
旧端末から新端末へアドレス帳のコピーなどをしなければなりません。

店舗申し込みではアドレス帳のコピーなどの煩わしい設定を
店員が行ってくれません。
※もしかして親切な店員ならやってくれる方もいるかもしれないですが
私の時はやってくれませんでした。^^;

それでも初めて格安スマホを使う時
にMNPや開通設定を手際良く行ってくれるのは
たいへんなメリットです。

webサイトからの申し込みではそういった設定を
自分で行われければならないのがデメリットとなります。

しかしこの開通設定をお客様自身で行う事が
店舗申し込みよりもネット申し込みが優遇される
大きな理由とも言えるでしょう。

店舗・ネット申し込みはどちらがお得のまとめ

  • 店舗・ネット申し込みを比べるとネット申し込みの方がお得な場合が多い
  • 店舗申し込みでは店員がMNPから開通設定まで行ってくれる
  • 店舗申し込みできる格安スマホはまだまだ少ない
  • 店舗・ネット申し込みどちらでもデータ移し替えは自分で行う
  • ネットでは自分のタイミング申し込みができる

いかがだったでしょうか。

楽天モバイルやイオンモバイルなど
家電量販店などに店員を置いている格安スマホ会社が増えてきました。

ただ営業時間の関係や目的の格安スマホ会社では
店舗申し込みが出来ない場合もあります。

その場合はネット申し込みのみとなっています。

店舗申し込みができる優良格安スマホ会社といえば
楽天モバイルとイオンモバイルですが
今ではたいへん混雑し待ち時間が1時間以上はざらとなっています。

その点ネット申し込みは自身で設定などを行うため
多少・・といっても数10分程度ですが手間がかかってしまいますが
待ち時間のストレスがほとんどなくおすすめとなっていますよ。



格安SIMのおすすめランキングはこちらです。
SIMフリー端末がお得に購入出来たり通信速度が優秀だったり、
料金がとても安い格安SIMをそれぞれ比べてランキングにしています。

コメントを残す