格安スマホでショートメールは使えるの?

大手キャリアの一つであるdocomoのサービスの一つとして
ショートメールサービスがあります。

このショートメールは格安スマホで利用できるのでしょうか。
またSMSとの違いなんでしょうか。

格安スマホのショートメール・SMSについてご紹介します。



格安SIMのおすすめランキングはこちらです。
SIMフリー端末がお得に購入出来たり通信速度が優秀だったり、
料金がとても安い格安SIMをそれぞれ比べてランキングにしています。

ショートメール・SMSとは

sms

大手キャリアのdocomoを契約すると
無料で付いてくるサービスの一つしてショートメールがあります。

このショートメールサービスとは
メールアドレスを必要とせず相手の電話番号さえわかれば
全角70文字以内で相手にメールのようにメッセージを送信できる
サービスです。

同様のサービスとしてauのCメールやソフトバンクのSMSサービスがあります。

例外としてiPhoneのご利用時にMMSと呼ばれるメッセージサービスも
ショートメールと同様のサービスとなります。

こちらはappleが提供するサービスですが
ショートメールと同じものだと覚えておいてくださいね。

料金は1通/3円となり70文字を超えると追加料金が発生します。
また海外への送信も可能ですが1通/100円のメッセージ送信料金がかかります。

このショートメールサービスはキャリアを問わず
相手の電話番号さえわかればすべての携帯電話にメッセージが送れます。

auのCメール、ソフトバンクのSMS、appleのMMSは名前は違えど
同様のサービスとなります。

また格安スマホで追加料金で月額100円から150円で利用できる
SMSとはショートメッセージサービスの略称で

docomoやau、ソフトバンクのショートメールサービスと同様
相手の電話番号あてにメッセージの送信が可能となっています。

ショートメールサービスや格安スマホのSMSは
Eメールやキャリアメールのようにメッセージが送信できますが
Eメールのようにインターネットを使うのではなく
音声通話通信を利用します。

そのためdocomoなどではショートメールの送信料金は
無料通話分から支払いが出来たりします。

格安スマホにSMS機能は必要なの?SMSのメリットは?

naruhodo

格安スマホのデータ通信プランを契約する場合、
追加料金を支払ってSMS機能付きのデータ通信simを申し込む事ができます。

料金は大体月額100円から150円となっており
契約時にSMS機能を付けるかどうかを選択する形となります。

また音声通話simには無料でSMS機能がついてくる場合が多いです。

格安スマホでデータ通信simを選択する場合
このSMS機能を月額の追加料金を支払って付けた方が良いのでしょうか。

SMSについて個人的な考えを書かせて頂くと
基本は付けておいた方が何かと便利だと思います。

格安スマホでSMS機能を付けておいた方が良いメリットは
主に2つあります。

1つ目はSMS機能は音声通話通信を使うので
Eメールのように迷惑フィルターにひっかからず
連絡したい相手にメッセージが送れる事です。

格安スマホに変える方は今までのキャリアメールが使えなくなるので
格安スマホに変える前に新規でGmailアドレスを取得し
解約前のキャリアメールでメールアドレスの変更を知らせます。

大手キャリア解約前にキャリアメールでGmailアドレスを知らせる理由は
相手先ではメールに指定受診を設定されている方が多くいるので
解約後では新規のメアドや連絡先が受け取ってもらえない場合があるからです。

しかし解約前に全員に連絡先を送ったつもりでも
送り忘れていた場合もあると思います。

そんな時にSMS機能がついていたら
SMSから連絡先を改めて送信できます。

SMSは音声通話通信を利用するので迷惑フィルターにもかかりません。
(中にはSMSに対しても設定されている場合もあるかもしれませんが)

SMSは指定受診をされている方にも連絡先を送信できるので
たいへん便利に利用できます。

2つ目はアプリの認証機能がスムーズに行く事です。

SMSを利用した認証機能で有名なのはLINEが挙げられます。

格安スマホに変えた場合は多くの方が新端末にLINEのIDを
移行させます。

その際にSMS機能付いているとそのSMS宛に認証番号が送られ
スムーズに新端末へのIDの移行が完了します。

LINEは他にもフェイスブックなどでも認証が可能ですが
全員がFacebookアカウントをお持ちではないと思います。

そんな場合にSMSはとても便利に利用できます。

今回はLINEで例を挙げさえて頂きましたが
LINE以外にも銀行系のアプリ利用時やクレジットカードのログイン時、
またはグーグルのアカウントの認証時などにも携帯電話のSMS機能が
利用されています。

日本ではキャリアメールがとても普及したため
SMS機能をメインにお使いの方はあまりいませんでした。

しかし外国ではメッセージのやりとりにSMSサービスを
良く利用しています。

そのためグーグルの認証などにも良くこのSMS機能が利用されているのです。

格安スマホでは音声通話プランを選ぶとSMS機能が自動で付いてきますが
データ通信プランをお考えの方はSMS機能を付けた方が
後々、利用する場面が来る事を覚えておいてくださいね。

ちなみに私の場合はグーグルの認証やLINEのID移行、
銀行のワンタイムパスワードの設定時にSMS機能を利用したような気がします。

・・・うろ覚えですいません^^;

このようにSMS機能はここの所、以外と利用する場面が多く
個人的には付けておいた方が良いと思いますよ。

格安スマホでショートメールは使えるの?SMSとの違いは?のまとめ

  • ショートメールサービスはdocomoのサービス
  • ショートメールは同様のサービスとしてCメール、SMSがある
  • ショートメールは全角70文字まで送信できる
  • ショートメールは1通30円、海外には100円で送信できる
  • ショートメールは全角70文字を超えると追加料金がかかる
  • ショートメールと格安スマホについてくるSMSは同様のサービス
  • 格安スマホでSMSを付けておくとLINEの認証などで使える
  • SMSはその他にも銀行系アプリなど重要な認証の時によく使われる
  • 音声通話simにはSMS機能がついている
  • データ通信プランではSMSを付けるか自分で選べる
  • 基本的にSMSは付けておいた方が良い

いかがだったでしょうか。

最近の色々なアプリの普及に伴ってSMS機能の利用が増えてきています。

音声通話プランには無料でSMS機能がついてきますが
データ通信プランでは利用者がSMSを付けるか選択できます。

月額は150円程度となっていますが
金額的に許容範囲の中ならSMS機能は付けておいた方が良いと思いますよ



格安SIMのおすすめランキングはこちらです。
SIMフリー端末がお得に購入出来たり通信速度が優秀だったり、
料金がとても安い格安SIMをそれぞれ比べてランキングにしています。

コメントを残す