楽天モバイルの端末補償は入った方が良いの?端末補償利用時に注意点はあるの?

楽天モバイルのオプションとして人気の
端末補償サービスですが加入した方が良いのでしょうか。
また注意点などはあるのでしょうか?

楽天モバイルの端末補償サービスについてご紹介します。



■ 楽天モバイルのメリット

  • 豊富なプランと格安の月額料金
  • 通信上限無しの20GBプラン、30GBプラン
  • 5回線までのデータ通信量シェア
  • 支払い方法に口座振替・デビットカードが可能
  • 毎日開催されている半額機種多数の割引キャンペーン
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる繰り越しサービス

お得なキャンペーンの内容は公式サイトで確認できます。

楽天モバイルの端末補償サービスってなんだ?

tannmatuhosyou

「あ、スマホを落としてしまった!」

「スマホの画面がつかない・・・・」

なんてスマートフォンのトラブルで困った事はないでしょうか。

そんなスマートフォンの落下や水没、故障などに
便利に利用できるのが楽天モバイルの端末補償サービスです。

楽天モバイルの端末補償サービスは
月額500円で故障・水没・破損・全損に
対応してくれる楽天モバイルで1位、2位を争う人気のサービスです。

楽天モバイルの人気の秘密はsimフリー端末が
大変お得に購入できる点となっていますが

この楽天モバイルの大きなメリットと
とても合致した実用度の高いサービスとなっています。

この楽天モバイルの端末補償サービスですが
月額500円ながら加入した方が良いのでしょうか。

また端末補償サービスに加入しておいた方が良いのは
どのような方でしょうか。

次の項目から端末補償サービスにおすすめの方、
端末補償利用時の注意点をご紹介します。

端末補償サービスは要る? 要らない?

いきなりですが
私は楽天モバイルの端末補償サービスに加入していません。

その理由は2つあります。

1つ目はスマホ全体を守ってくれる手帳型のスマホケースを購入したから、

2つ目は日常で使うメインのデータ通信はテザリングした
iPhone5sを使用しているからです。

私は今まではiPhoneを利用していましたが
iPhoneでは画面がむき出しになった包み込むような
シリコン製のスマホカバーを利用していました。

シリコン製カバーでも特に破損した事はありませんが
楽天モバイルで購入したarrows m02では今までのスマホ人生で初めて
手帳型のスマホケースを利用する事にしました。

arrowsrm02

私はdocomo解約時にポイントがたくさん余っていたので
ポイントの消費代わりに購入しました。

しかし使ってみると意外と強度も強く、2度、3度派手に落下させていますが
ピカピカの新品に近い状態のまま守ってくれています。

またメインのデータ通信を以前のiPhone5sで利用する事で
胸ポケットに入れたり、手持ちでナビ替わりに使ったりと
一番破損の危険性の高いシチュエーションから意識的に遠ざけています。

私はこの2点から端末補償サービスに加入しませんでしたが
端末補償サービスに加入しておいた方が良い方もいらっしゃいます。

では端末補償を利用した方が良いのはどのような方でしょうか。

 【端末補償入っていないのに端末が壊れた!いくらかかった?】

端末補償サービスに加入しておいた良い方は?

kurabuouen

私が思う端末補償サービスに加入しておいた方が良い人は

楽天モバイルで購入した端末を日常使いのメインで利用される予定の方、

学生の方、そして子供に利用させようと考えている方です。

特に学生の方や子供に利用させようと考えている方は鉄板です。
確実に加入しておいた方が良いでしょう。

あなたの子供の時の携帯ゲーム機、学生時のガラケーの取り扱い方を思い出してください。

携帯ゲーム機と一緒に滑り台を滑ったり
ブランコから携帯ゲームが空中ダイブ・・・なんて日常茶飯事でしたよね。

また学生時代にも胸ポケットに入れたままスポーツをしたり
バイクに乗って大雨に振られたり、そのままバイクでこけたり・・・

絶対に入っておいた方がよいと断言できませんか?

また大人になってからずいぶんとスマホの取り扱いも慎重になったという方でも
楽天モバイルのsimフリー端末をメインで使われる方は入っておいた方が無難です。

私は保険や補償といった類のものが
あまりでは好きではないため加入していませんが
万が一といった場合もあります。

もちろん私のように手帳型のスマホケースを利用して
端末補償は要らないというのもありだと思います。

手帳型ケースならアマゾンで1500円程度から購入できますので
端末補償の3か月分でそれなりに危険な場面から
スマートフォンを守ってくれるでしょう。

しかし、学生の方や子供に持たせる予定の方は
確実に利用しておく事をおすすめしますよ。

端末補償の利用方法は?

rakutetanmatuhosyou

次に楽天モバイルの端末補償サービスの利用方法ですが
端末にトラブルが発生した場合、

楽天モバイル会員のマイページより端末補償が電話で申請できます。
※電話番号はマイページから確認してください

対応は専用の楽天モバイル端末補償センターが行ってくれるので
年中無休、通話無料で連絡がとれます。

また受付時間は午前9時から午後18時となっています。

受付が完了したら配送業者が破損した端末の集荷に来てくれるので
配送業者に受け渡せばとりあえずの申請は終了です。

後は交換端末が届くのを待つようにしましょう。

破損した端末の集荷は平日は16時までの申し込みで当日集荷、
土日ではお昼12時までの申し込みで当日集荷で対応してくれますよ!

端末補償の注意点は?

kanngaeru

端末補償を利用する上で知っておきたい注意点は4つあります。

それは端末補償は申し込み時のみ加入できる事、

2016年以前の端末補償加入者は2年間の利用期間がある事、
※2017年から端末補償は解約時へと規約が改定となりました。

端末補償利用時には追加料金が必要な事、

1年間に2回利用すると使えなくなる事です。

この中で気になるのは端末補償利用時に必要になる追加料金ですよね。

この端末補償利用時の追加料金は実は楽天モバイルで購入できる
ほぼすべての端末で必要となります。

高額なハイスペック端末なら7000円、

最新端末なら5000円、

半額キャンペーンによく選ばれている端末なら
4000円程度が追加料金で覚えておきたい目安となります。

この中でも楽天モバイルで人気の
arrows m02は4000円、AQUOS sh-rm02なら5000円の
追加料金が必要となります。

また修理はすべて端末の交換となっています。

そのため傷などは無くなりほとんど新品の状態で到着する事になります。

軽く端末補償の対費用効果を計算してみると
arrows m02ならキャンペーン利用で1万7800円ほどで購入できます。

arrowsm021

端末補償が2年間500円で合計1万2000円、
修理交換時の追加料金は4000円となるので
2年目最終月では1800円程度のお得度となっています。

これなら端末補償の無料期間の2ヶ月だけ利用した後は
端末補償を解除してしまっても良いかもしれませんね。

その後は私のように強固な手帳型のスマホケースを利用するのも
結構有りな方法だと思いますよ。

ただし学生はダメです。

絶対にバイク、自転車からスマホを落として画面を割ります。
おとなしく端末補償に加入しておきましょう!

また2017年の楽天モバイル契約者から端末補償の利用期間が
今までの2年間から端末補償解約時までと大幅に伸びました。



細かい改良点ですが端末補償を重視される方には
かなり良い改定だと思いますよ。

楽天モバイルの端末補償は入った方が良いの?また注意点はあるの?のまとめ

  • 楽天モバイルの端末補償は月額500円で利用できる
  • 2016年以前の端末補償は2年間の有効利用期限がある
  • 2017年以降の端末補償は端末補償解約時まで利用できる
  • 端末補償の利用は会員のマイページより行う
  • 端末補償は基本、交換での対応となる
  • 端末補償利用時には追加料金が発生する
  • 学生や子供に持たせるな端末補償に入っておいた方が無難

楽天モバイルの端末補償は
専用の対応センターが用意されているので
利用はしやすそうです。

ただ、2年間の有効利用期限があったり
ほとんどの端末で追加料金が必要となっています。

長い目で見るとお得度がどんどん下がっていきますが
過去に端末補償を利用された方や学生や子供に利用させる予定がある方などは
加入しておいた方がよいかもしれませんね。

端末補償の解約は会員のマイページから簡単に行う事が出来ます。
一度解約すると戻すことはできないので慎重に判断してくださいね!