楽天モバイルは中学生や高校生の子供におすすめですか?機能制限はできますか?


楽天モバイルを中学生や高校生に持たせようとお考えの方も多いと思います。

楽天モバイルでは端末購入キャンペーンや月額料金の安さなど
家計を節約する上でメリットはとてもたくさんあります。

しかし子供にスマートフォンを持たせるうえで気になるのは
月額料金やスマホへの依存症です。

スマートフォンの機能を制限しつつ楽天モバイルを利用する方法はあるのでしょうか。

中学生や高校生が楽天モバイルを利用する上でおすすめの料金プランや
スマートフォンの機能を制限できるアプリについてご紹介します。

 

楽天モバイル申し込み


■ 楽天モバイルのメリット

  • 最大30GBまでの豊富なプランと格安の月額料金
  • すべてのプランで3日間の通信上限無し
  • 5回線まで利用できるデータ通信量シェア
  • 支払い方法に口座振替・デビットカードが可能
  • 毎日開催されている半額機種多数の割引キャンペーン
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる繰り越しサービス

お得なキャンペーンの内容は公式サイトで確認できます。

 

楽天モバイルが中学生・高校生におすすめの理由は?

kurabuouen

 

中学生や高校生の子供に毎日、

  • 「スマホが欲しい」
  • 「スマホ買って」
  • 「友達はみんなスマホ持ってるよ!」

 

なんて耳にタコができるほど言われている方も多いでしょう。

実際にスマートフォンをもっている子供
小学生で30%、中学生で50%、高校生では90%と
高校生以上ではほとんどスマートフォンを所持しているというデータがあります。

 

中学生や高校生なると塾や習い事、クラブ活動などで外が暗くなるまで
一人で出歩く機会も増えてそろそろスマートフォンを持たせようかと考えてしまいますよね。

 

しかし子供にスマートフォンを持たせるうえで
一番負担となるのは月額料金です。

 

そこで候補として挙がってくるのが
格安SIMキャリアで1番人気の楽天モバイルです。

楽天モバイルなら音声通話プランなら1250円から
最安値プランは月額525円から利用する事ができます。

 

また固定電話や携帯電話にも発信する事ができるネット回線を利用した
IP通話が付いた050データSIMの利用でも月額645円からと、
とてもお得な月額料金となっています。


※画像は楽天モバイル料金表

 

最近の大手キャリアの月額料金は子供向けの料金プランも用意されていますが
さすがに月額500円、600円で利用するのは不可能でしょう。

 

また楽天モバイルでは格安SIMの利用に必要なsimフリー端末
アマゾンやその他のショッピングサイトの半額程度で購入できるのでたいへんお得です。

 

楽天モバイルが中学生・高校生におすすめの理由
格安の月額料金やSIMフリー端末がお得に購入できる事など、
とてもお得にスマートフォンを利用できるからなのです。

 

 

申し込みの前に楽天モバイルの料金プランの特徴を理解しておきましょう


※画像は楽天モバイル料金表

 

楽天モバイルではベーシック/3.1GB/5GB/10GB/20GB/30GBの
6種類のプランが用意されています。

ベーシックプランは通信速度が200Kbpsに制限されますが
データ通信が無制限で利用できます。

 

また3.1GBプランからLTE回線で高速通信が可能となります。

LINEなどの無料メッセージ・通話アプリを利用されるなら
050データsim(SMSあり)か音声通話プランを選択しましょう。

 

LINEの利用開始にはSMSというサービスが必要となります。

月額が120円高くなってしまいますがSMSで認証を行うアプリやサービスは
意外と多いのでSMS付きプランを選択するのが良いでしょう。

 

また050データsim(SMSあり)ならIP電話サービスのViperアプリが利用できるようになり
携帯電話、固定電話に発着信できる電話番号をもらえます。

IP電話サービスとはデータ通信回線を利用した通話サービスとなり
110や119といった緊急通報には対応していませんが携帯電話、固定電話へ
発信・着信が可能となります。

 

LINEの使い方がわからない祖父・祖母宅の連絡
LINEに登録するほどではないクラスメイトの通信リストなどでの利用がおすすめとなります。

 

Viperアプリの料金は基本料金が無料となり
通話利用時のみ携帯電話へは1分10円、固定電話へは1分3円の通話料金が発生します。
通常の30秒/20円よりも大幅に通話料金がお安くなっています。

 

音声通話プランはSMS込みでの料金となっています。

音声通話プランは月額料金が700円ほど高くなってしまいますが
MNPなどの利用も視野に入れて将来的に電話番号を大事に使っていくなら
音声通話SIMの利用でもよいかもしれません。

 

また音声通話プランからは無料通話オプションも利用できるようになります。

 

月額0円で通話料金が30秒/10円と半額になる楽天でんわ
月額850円で5分間かけ放題、月額1980円で通話し放題が用意されています。

 

主な連絡方法にLINEを検討されている場合でも音声通話SIMを利用するなら
楽天でんわはメリットしかないので申し込み時に加入しておきましょう。

 

それでは中学生におすすめの料金プラン
高校生におすすめの料金プランをそれぞれご紹介させていただきます。

 

楽天モバイルの中学生におすすめのプランは?

 

楽天モバイルの中学生までの子供におすすめのプラン
SMS付きのベーシックプランかSMS付き3.1GBプランとなります。

 


中学生までにおすすめの楽天モバイル料金プラン

  • 050データSIM(SMS付き)ベーシックプラン
  • 050データSIM(SMS付き)3.1GBプラン

 

中学生までの子供にSMS付き050データSIMをおすすめさせて頂いた理由
メッセージのやりとりや無料通話が可能となるLINEが利用できるからです。

中学生までの子供との連絡のやりとりはLINEアプリで十分まかなえると思います。

 

また楽天モバイルの050データSIMは携帯電話や固定電話へ
発信・着信する事ができるIP電話の登録も無料となります。
※通話利用時のみ通話料金が発生します。

 

この050から始まるIP電話サービスを準備しておけば
LINEに登録していない祖母や友達宅への電話連絡も可能となります。

 

続いてベーシックプランと3.1GBプランについても解説させて頂きます。

子供に楽天モバイルを検討されている方で
ご自身も楽天モバイルを利用されている場合ベーシックプランがおすすめとなります。

 

ベーシックプランはご存知の通り、楽天モバイルで最安値のプランです。

 

200Kbpsの通信速度ながらデータ通信のみのプランなら525円、
LINEなどの利用を検討されているなら645円から利用できます。

 

ご両親のどちらかが楽天モバイルを利用されている場合
楽天モバイルには月額100円でデータシェアサービスが利用出来ます。

このデータシェアサービスは先月の余ったデータ通信量をグループメンバーでシェアでき
高速のLTE通信が可能なプランと低速通信のベーシックプランとのシェアも可能です。

 

つまり先月に高速でのデータ通信量が余った場合、本来なら200Kbpsの通信速度となる
ベーシックプランでもLTE回線での高速通信が可能となるのです。

 

楽天モバイルは私と妻も1年以上利用していますが
不具合も無くとても使いやすい格安SIMキャリアとなります。

 

MNPももちろん利用できますし楽天モバイルへの変更で年間で5万円以上もお得になります。

 

 【楽天モバイルへ30分でできるMNP申し込み方法のご紹介!】

 

子供に楽天モバイルを利用させるなら
ぜひあなた自身のキャリア変更も検討してみる事をおすすめしますよ。

 

続いて3.1GBプランがおすすめとなる中学生までの方は
ご両親が楽天モバイルを利用されていない場合です。

3.1GBプランは文字通り月のデータ通信量が3.1GBまで利用できるプランとなります。

 

また余ったデータ通信量を翌月に繰り越すことが出来るので
毎月少しでもデータ通信量を余らせる事ができれば数か月後には
4.5GB程度までデータ通信量を増やすことができます。

 

月額料金も050データSIMで1020円とお安く利用できるので
中学生までの子供のみ楽天モバイルを利用する場合は
050データSIMの3.1GBプランがおすすめですよ。

 

もちろん3.1GBプランからベーシックプランへの変更はいつでも可能なので
子供の使い勝手を見てからデータシェアを目的にあなたも楽天モバイルへ
変更する事も問題ないですよ。

 

 

高校生におすすめの楽天モバイル料金プランは?

 

高校生からの楽天モバイルのおすすめ料金プランは
音声通話SIMプランの3.1GBプランからとなります。

音声通話SIM3.1GBプランの利用料金は月額1600円となっています。

 

実は高校生の楽天モバイルのおすすめプランは中学生と同じ
050データSIMのベーシックプランや3.1GBでも問題はありません。

しかしアルバイトを始めたりIP電話でない連絡先が求められる場合も増えていくので
070や080といった通常の電話番号がもらえる音声通話SIMがよいでしょう。

 

また3.1GBプランからといった表現となってしまったのは高校生になると
スマホゲームや電車通学時の暇つぶしなどデータ通信量が
飛躍的に増える事が予想されるからです。

そのため3.1GBプランや5GBプラン、場合によっては10GBプランの利用
視野に入れておいた方がよいでしょう。

 

大手キャリアなら月に5GBのデータ通信量で月額7000円近くかかってしまう場合があります。

しかし楽天モバイルなら5GBプランで月額2150円
データ繰り越しサービスを利用して7.5GB程度まで利用可能となります。

家族で楽天モバイルを利用する場合はさらに月額料金やデータ通信量を節約する事ができます。
月額2000円台なら自身のお小遣いやアルバイト代から支払う事も可能ですよね。

 

高校生になると将来に向けてデータ通信量やスマートフォンの維持費など
少しずつ自分で管理できるようにならなければなりません。

 

ちなみにどうしてもiPhoneが良い!といったこなまいきな中学生や高校生の方
ヤフオクなどでお得にiPhoneを購入するのもおすすめですよ。

 

 【格安SIMのお得な機種変更のご紹介!iPhone7がいくらで買えた?】

 

楽天モバイルならSIMフリー、docomoブランドのiPhoneが最新モデルまで
利用できるので上記のエントリーを参考にしてお得なiPhoneを探してくださいね。

 

またUQmobileもiPhoneSEが実質1万3000円で購入できるのでお得ですよ。

 

 【UQmobileのiPhoneSEを1万3000円で購入する方法は?】

 

 

楽天モバイルで子供におすすめの端末はどれ?

 

楽天モバイル最大の特徴がsimフリー端末が半額以下で購入できる所です。

私が中学生・高校生に持たせるならハイスペック端末ならZenfone3
おサイフケータイ機能やワンセグ搭載ならarrowsM03がおすすめとなります。

 

Zenfone3なら端末代金は2万5000円

 

arrowsM03なら1万円程度で購入できます。

 

またスペックは物足りませんが
端末代金が1000円以下のSIMフリー端末も用意されています。

 

ちなみに私はarrowsM03のひとつ前のモデルであるM02を
おサイフケータイ機能目的で利用しています。

 

おサイフケータイ機能はチャージ式の楽天edyやSuica、waon
クレジットカードを登録するIDなどが利用できます。

楽天edyやSuicaならどこのコンビニでも、
waonならセブンイレブンを除くコンビニで利用できます。

 

Suicaはご存知の通り駅やバスなど切符、定期代わりとして利用できますし
電車通学をされている学生の方に特におすすめとなります。

おサイフケータイ機能は履歴も確認できるので子供のお金の使い方
しっかりと把握する事ができます。

 

最後に楽天モバイルの端末補償に関してですが入っておいた方が良いかもしれません。
月額500円かかってしまいますが学生の内は入っておいた方が無難でしょう。

 

 【端末補償入っていないのに端末故障!いくらかかった?】

 

また端末注文時に同時購入できる手帳型のスマホケースも
スマホを破損や故障からしっかり守ってくれるので必須となっていますよ。

格安SIMで一番お金がかかるのが端末代金となります。

 

楽天モバイルならそこそこのSIMフリー端末が1万円程度で購入できますが
端末を長く大事に取り扱う事はしっかりとお子様に言い聞かせてあげてくださいね。

 

 

子供にもたせる楽天モバイルスマホの機能制限方法は?

 

子供にスマートフォンを持たせる上で心配なのはスマホ依存ですよね。

楽天モバイルで子供へのスマホ依存の心配を解消するには
「スマモリ」というアプリを使いましょう。

sumamori

 

子供をネットやスマホ依存から守ってくれる機能が付いたアプリで月額400円で利用できます。

 


スマモリで利用できる主な機能

  • GPSによる居場所確認機能
  • 端末のアプリ利用・インストール制限
  • 使用履歴の確認、有害コンテンツの除去
  • スマホの使用時間制限
  • 歩きスマホブロック

 

このスマモリの機能のすばらしさはアプリレビューの子供の苦情からも確認できます。
これだけの機能がしっかりと搭載されて月額400円です。

 

スマモリは子供と親の2つの端末に「スマモリ」をインストールして利用します。

子供の「スマモリ」はandroid端末のみの利用となっていますが
保護者用端末ではiPhoneとandroid端末の両方が利用できます。

 

スマモリはかなり強力に機能制限するので使用はほどほどに
子供の成長のタイミングを見て解除してあげましょうね。

 

 【スマモリの詳細はこちら】

 

楽天モバイルは中学生や高校生の子供におすすめですか?のまとめ

 

  • 楽天モバイルは中学生・高校生におすすめ
  • 楽天モバイルは月額料金、端末代金が安い
  • 中学生は050データSIMのベーシックプラン、3.1GBプランがおすすめ
  • 高校生には音声通話SIMの3.1GB以上がおすすめ
  • 家族で楽天モバイル利用で月額料金がさらにお得になる
  • 楽天モバイルならarrowsM03やZenfone3がおすすめ
  • 楽天モバイルでスマホの機能制限をするのは「スマモリ」アプリを使う

 

中学生や高校生のスマホに楽天モバイルを利用すると
月額料金をとても節約する事ができます。

 


楽天モバイルのおすすめプラン構成

  • 楽天モバイルのデータSIMベーシックプラン 645円
  • simフリー端末代金24ヶ月計算/1万円 420円
  • スマモリアプリ 400円
  • 端末補償 500円
  • 合計月額  1965円
  • ※端末代金を抜いた月額料金は1545円となります。

 

消費税を考慮すると2000円を少しオーバーしてしまいますが
スマモリや端末代金を考慮して月額1000円台なら破格ではないでしょうか?

 

個人的には家族全員で楽天モバイルを利用する事が一番の節約だと思います。
私の場合も妻と楽天モバイルに変更して年間で20万円近くもお得になりました。

 

大手キャリアメールが必要な方
楽天モバイルと大手キャリアガラケーとの2台持ちもおすすめです。

 【格安SIM2台持ち完全解説!大手キャリア別に節約金額・利用方法をご紹介!】

 

楽天モバイルでは家族での利用も考えてデータシェアなどのお得なサービスも用意されています。
子供だけでなく大人にもおすすめですので家族全員の利用も検討してみてくださいね!