通信速度200Kbpsと500Kbpsのプランがある格安スマホ会社はどこ?

楽天モバイルで200Kbpsの通信速度で3日間ほど過ごしてみたら
意外と使い勝手が良く低速度の格安スマホ利用も
ありなのかなっと感じています。

そこで通信速度200Kbpsと500Kbpsのサービスを
提供している格安スマホ会社を調べてみました。



格安SIMのおすすめランキングはこちらです。
SIMフリー端末がお得に購入出来たり通信速度が優秀だったり、
料金がとても安い格安SIMをそれぞれ比べてランキングにしています。

通信速度200Kbpsのプランがあるのはどこ?

pasokontuaku

低速の通信速度ながらお安いお値段や大容量データ通信量が魅力の200Kbpsプランですが
提供していたのは楽天モバイル、DMMmobile、エキサイトモバイルです。

低速通信速度200Kbpsのプラン料金は

楽天モバイルが月額525円でデータ通信無制限

DMMmobileが月額440円で4GBまで

エキサイトモバイルが月額500円で4GBまでとなっています。

DMMmobileとエキサイトモバイルの月当たりのデータ通信量を
4GBと表現させて頂いたのは

「高速データ通信容量超過時や
高速データ通信OFFの設定時(最大200kbpsでの通信時)で
3日あたりの通信量が366MBを超えた場合、
当該SIMを使った通信の速度を制限する場合があります。」

といった注意書きがあったからです。

すでに制限を受けているような通信速度200Kbpsの状態から
さらに速度を制限する、というのがどういうものかわかりませんが

200Kbpsの通信速度で明らかに使いやすそうなのは
楽天モバイルでしょう。

月額料金525円ながらデータ通信量が無制限、3日通信上限なしで利用できます。

もしかしたらDMMmobileもエキサイトモバイルも
制限しても同じ200Kbps通信速度的な実質、無制限である可能性もありますが、
200Kbpsの通信速度プランでは楽天モバイルを選ぶべきだと思います。

 【楽天モバイルの200Kbpsのベーシックプランの使い心地は?】

通信速度500Kbpsのプランがあるのはどこ?

naruhodo

通信速度500Kbpsのプランがあるのは
トーンモバイル、UQmobile、OCNモバイルONEでした。

500Kbpsのプラン料金は

トーンモバイルが月額1000円で9GBまで、

UQmobileが月額1980円で無制限、

OCNモバイルONEが月額1800円で15GBまでとなっています。

月額料金的にみると使いやすそうなのはトーンモバイルです。

ただ、simのみの申し込みが出来ず
トーンモバイル専用の端末を3万円程度で購入しなければなりませんが
群を抜いて月額料金が安いです。

 【トーンモバイルのメリット・デメリットは?】

またUQmobileとOCNモバイルONEは料金が1800円から2000円前後
となっています。

500KbpsのプランではUQmobileについては3日制限云々といった記述もなく
OCNモバイルONEでは15GBを使い切ったら200Kbpsの通信速度となるようです。

ただトーンモバイルに関しては1日300MBの通信上限がありそうです。
さらに通信を大量に行った場合、回線を切断する場合もあるという
怖い但し書きがありました。

tonetuusinseigen

また月額料金的にはトーンモバイルが1000円近く安いですが
およそ3万円のトーンモバイル専用の端末を購入しなければならず

UQmobileやOCNで使える端末をお持ちの方は2年以上の利用で
トーンモバイルの方がお安くなってくる計算となります。

この3社の中でおすすめを上げるとしたら
OCNモバイルONEでしょうか。

OCNモバイルONEなら支払い方法も口座振替に対応していますし
500Kbps以外のプランが5種類もあり充実しています。
※UQmobileでは3GBプランしかない

500Kbps以外のプランを利用したい時に
豊富なプランが用意されていた方が使いやすいですからね。

【おまけ】データ通信無制限があるのはどこ?

ryoukai

最後にデータ通信量無制限プランがある格安スマホ会社を
3つご紹介します。

1つ目は楽天モバイルの200Kbpsの通信速度のベーシックプラン、

2つ目はUQmobileの無制限プラン、

3つ目はU-mobileのU-mobileプレミアムプランです。

 

月額料金は楽天モバイルが525円、
UQmobileが1980円、
U-mobileが2480円となっています。

通信速度は楽天モバイルが200Kbps
UQmobileが500Kbps
U-mobileがLTEの高速回線となっています。

3つのプラン共に無制限プランとなり
ヘビーユーザー向けとなっていますが
あまり無茶な使い方をすると通信制限や通信切断があると思います。

目安は月々15GBから20GB位でしょうか。

楽天モバイルの最大プランで1ヶ月最大17GBまで利用できるので
この程度の範囲内で利用した方がよさそうです。

無制限プランで特に注目なのはLTE回線が利用できるU-mobileプレミアムプランです。


サービス開始当初はかなり通信速度が遅く、
LTE回線の恩恵が少なかったのですが現在では
お昼の時間帯を除いて10Mbps程度は計測されています。

またUQmobileの無制限プランは500Kbpsながら
実測値では1Mbps越えが普通にある状態でかなり使い勝手がよさそうです。

そして月額料金なら圧倒的に楽天モバイルの525円です。

無制限プランで悩むのなら


月額料金なら楽天モバイル、

1Mbpsの通信速度と月額料金がそこそこのUQmobile

通常程度の通信速度になってきているLTE回線のU-mobile

と利用したい状況によって選択するのがベストではないでしょうか。
この中から選ぶなら私はU-mobileでしょうか。

3日間の通信制限が嫌なら

mineo

今回の比較では3日間の通信制限にかかる位なら
最初から料金の安い低速通信プランを契約すれば良いんじゃないのか
という発想の元、比較してみましたが

そもそも低速通信のプランを用意している格安スマホ会社も少ないし
月額料金もバラバラでした。

私のように月単位のデータ通信量を大量に残しながら
3日間の通信上限に引っかかってしまう人は

おとなしく3日制限が無いmineoのdocomoプランを
選択しておけばよいという結論に達しました。

なんという事でしょう。

ここに来てのちゃぶ台返しです。

月々のデータ通信量が3GB程度の私なら
mineoの3GB/データ通信のみ900円/音声通話1510円がぴったりですね。

mineoのdocomo回線プランなら3日間の通信上限もないし
データ繰り越しサービスもあります。au回線プランでも3日で6GBです。
※楽天モバイルは5GBプランで3日/1GB。

書きながら結論が出てしまいました。

私は3日間の通信上限がとても不便なので
今使っている楽天モバイルの音声通話の最低利用期間が過ぎたら
mineoを利用しようと思います。

なんというか・・・ブレブレですんません。

通信速度200Kbpsと500Kbpsで無制限プランのまとめ!

  • 通信速度200Kbpsの無制限プランは楽天モバイルがおすすめ
  • 通信速度500KbpsのおすすめはOCNモバイルONE
  • 無制限プランでは利用状況でベストを選択した方が良い
  • 月額料金的には楽天モバイルの525円
  • 通信速度実測値1Mbps程度なら月額1980円のUQmobile
  • LTE回線利用なら月額2480円のU-mobile
  • 無制限プランでも月に20GB程度の利用を目安した方が良い
  • 使いやすさなら3日通信制限のないmineoが一番

いかがだったでしょうか。

通信速度200Kbpsのプランでは楽天モバイル、
通信速度500KbpsのプランならOCNモバイルONE
無制限プランならU-mobileとなりました。

月々のデータ通信量がかなり残っているのに
3日間の通信上限に引っかかってしまう方は
3日間の通信上限が無くデータ通信量をしっかり消費できる
mineoがベストチョイスとなります。

mineoの余ったデータ通信量を翌月に繰り越せるサービスと
10GBプランを併用すれば無制限プランに近いほど使い勝手が良くなりそうです。

最初は低速通信プランの比較をする予定でしたが
各社バラバラで比較が難しくなってしまいました。

3日間の通信上限の回避で低速通信プランを検討されるなら
まずmineoを検討してみる事をおすすめします。