2年縛りの途中だけど格安SIMを利用したい!2年縛り中だけど格安SIMを使って節約はできますか?

格安スマホに変えたいけれど
まだまだ大手キャリアの2年縛りが残っていて変更できない・・・。

大手キャリアの2年縛りの期間がまだまだ残っていて
格安スマホに変更できないと思っているあなた。

大丈夫ですよ。

大手キャリアの2年縛りが残っていても
格安スマホを使っての節約は可能となっています。

2年縛りがまだ残っている方におすすめの
格安スマホ利用方法をご紹介します。



格安SIMのおすすめランキングはこちらです。
SIMフリー端末がお得に購入出来たり通信速度が優秀だったり、
料金がとても安い格安SIMをそれぞれ比べてランキングにしています。

2年縛り期間が残っている方の賢い格安スマホ利用方法!

2nennsibarikaiketu

2年縛りが残っている方の格安スマホの利用方法は

音声通話を大手キャリアガラケーで行い、データ通信を格安スマホで行う
2台持ちが一番効率のよい節約方法となります。

現在、大手キャリアの平均月額料金は7000円といわれています。

ここに格安スマホを利用すると
音声通話かけ放題が月額2500円、データ通信3GBプランが1000円で
利用できるので月額3500円となります。

ちょうど大手キャリア利用時の半額が目安の料金となります。

また大手キャリアのガラケー最安値プランは1000円前後となります。

かけ放題プランを利用しない場合はより月額料金が下がり
2台合わせて月額2500円程度で利用できるようになります。

注意点はガラケーをお持ちでない方は
キャリアが用意しているガラケーをそのまま契約すると3万円から4万円もする
高額ガラケー端末しか在庫が無い場合が多い点です。

そのためガラケーの購入はamazonなどを利用して
通話専用で利用した方がお得になります。

音声通話専用のガラケープランに変更したい場合は
アマゾンなどで1万円程度のキャリア対応ガラケーを
用意してキャリアショップでプラン変更を行ってくださいね。

 【アマゾンのガラケーのお値段はこちら】

またdocomoのみガラケー最安値プランへの変更にややこしい条件があります。
別途1万円程度の特定のガラケーを購入しなければならないので
docomoの方は下のエントリーも参考にしてくださいね。

 【docomoで格安スマホ2台持ちする方法は?どのくらい安くなるの?】

格安スマホのデータ通信はどのスマホが使えるの?

onseituuwairuno

格安スマホで利用できる端末は
今のところdocomo、auブランド端末、SIMフリー端末となっています。

また、2015年5月以降に発売された端末なら
キャリアを問わずSIMロック解除ができます。

SIMロック解除された端末ならSIMフリーとなるので
どの格安スマホ会社でも利用できます。

■ SIMロック解除の条件

docomo
・ネットワーク利用制限などの各種ロックがかかっていないこと
・月々の料金について、支払い実績が確認できること
・契約者本人が購入した端末であること
・端末購入日から6ヶ月以上経過していること
・ドコモを契約中か、解約から3ヶ月以内であること

au
・2015年5月1日以降に発売されたiPhoneであること
・iPhone購入日から180日以上経過している必要がある事
ソフトバンク
・iPhone購入日から180日以上経過している事
・ネットワーク利用制限などのロック機能を利用していない、
または解除済みである事
・ソフトバンク解約済みのiPhoneは解約後90日以内なら
本人に限りsimロック解除が可能

■ SIMロック解除の手順

大手キャリアはそれぞれのキャリアショップで
SIMロック解除の手続きが可能です。
キャリアショップでSIMロック解除を行った場合
3000円の手数料が各社必要となってきます。

docomo
ドコモでは、パソコンから「My docomo」を開き、
「ドコモオンライン手続き」からSIMロック解除を進めると手数料が無料になります。

公式の詳しい案内はこちらから

au
auのiPhoneのSIMロック解除はwebページのauお客様サポートより
SIMロック解除の手続きを行えば手数料が無料となります。

web申し込みからのSIMロック解除の手続きは本人のみ
手続きが可能となっています。
中古端末を購入したり知人から譲り受けたりした場合は
auキャリアショップでSIMロック解除の手続きが必要となります。

公式の詳しい案内はこちらです

ソフトバンク
ウェブサイトのMYsoftbankよりSIMロック解除の手続きをすれば
SIMロック解除の手数料が発生しません。

SIMロック解除を行う場合は
ロック解除後に利用する他社のSIMが必要となります。
そのためSIMロック解除前に他社SIMをあらかじめ用意しておく必要があります。

公式の詳しい案内はこちらです。

2台目におすすめの格安スマホ会社はどこ?

soyusaihakkotira

現在、格安スマホで利用できるスマートフォンは

docomoブランド端末なら
楽天モバイルやmineo、NifMO、DMMmobileなどで利用できます。

 【楽天モバイルのメリットデメリットは?】

 【mineoのメリットデメリットは?】

 【NifMOのメリットデメリットは?】

 【DMMmobileのメリットデメリットは?】

auブランド端末ならmineo、UQmobileが利用できます。

 【UQmobileのメリットデメリットは?】

またiPhoneの利用もdocomoブランドなら問題なく利用できるので
iPhoneを格安スマホとして利用したい方は安心してくださいね。

auブランドのiPhoneを利用したい場合は
テザリング機能が利用できないので注意が必要です。

その他にも2台持ちにおすすめの格安スマホ会社の記事があるので
是非、参考にしてみてくださいね!

 【2台持ちにおすすめのデータ通信SIMはどこ?】

2台持ちでおすすめのSIMフリー端末は?

zenfaonsuri1

2台持ちでおすすめの格安スマホは
arrows m03やZenFone3が人気となっています。

arrows m03は防水防塵、お財布ケータイが利用出来るので
おサイフケータイを重視される方に人気となっています。

 【arrows m03の価格やスペック、口コミはどうなの?】

私が2台持ちを検討されている方におすすめしたい端末は
デュアルSIMに対応したZenfone3です。

デュアルSIMというのは別々の会社の2枚のSIMを同時に利用できる機能の事で

大手キャリアの通話専用SIMを1枚、
データ通信用の格安スマホSIMを1枚、といった使い方ができます。

通常ならばガラケーを購入して2台持ちをしなければならない場合も
デュアルSIM対応モデルのZenFone3なら1台で済むことになります。

言葉を修正するとZenFoneなら2台持ちならぬ
SIM2枚持ち、といった所でしょうか。

もちろんデータ通信用SIM、音声通話用SIMはそれぞれ指定できるので
音声通話SIMでデータ通信を行うような事にはならないので安心してくださいね。
zenfonedyuaru

最近では最新のZenFone3がデュアルSIM対応モデルとなっています。
お値段は4万円前後となっています。

ZenFone3は2.0GHzオクタコアCPUで超ハイスペック機種なので
iPhoneに負けないベンチマークを記録しています。

いわゆるスペック特化した端末となります。

 【ZenFone3の価格や口コミは?お得に買えるのはどこ?】

このZenFone3は色んな格安スマホ会社で
取り扱っている事が多く、購入しやすい端末となっています。

2台持ちを1台にまとめたい方は楽天モバイルなら
キャンペーンでのお値引きが効いてお得に購入できますよ。

2年縛りの途中だけど格安SIMを利用したい!のまとめ

  • 2年縛り期間が残っている方は2台持ちがおすすめ
  • 音声通話を大手キャリアガラケーとデータ通信は格安スマホを利用する
  • 2台持ち時の料金目安は月額2500円から3500円
  • ZenFoneのデュアルSIM対応モデルなら1台持ちで2枚SIMが利用できる
  • 楽天モバイルなら格安スマホ用の端末がお安く購入できる

2年縛りは格安スマホ利用の大きな壁となっています。

そんな方におすすめなのがデータ通信のみを格安スマホで行う
ガラケーと格安スマホの2台持ちです。

データ通信のみの格安SIMなら最低利用期間もないですし解約もしやすく、
自分にとってベストな格安スマホ会社を探せるメリットもあります。
※事務手数料が3000円かかるのでちゃんと見極めは必要ですよ(;^ω^)

また解約期間が設定されていない事は
あなたの2年縛り明けのタイミングですぐに解約できるので
かなり使いやすいと思いますよ。

2台持ちでは最低月額料金は2000円台となりますが
1台1枚SIMにまとめると月額1000円台での利用が簡単にできます。

格安スマホはとても安いですよ!

2年縛りが残っている方もデータ通信を格安スマホで行って
携帯料金をお安く節約してくださいね!



格安SIMのおすすめランキングはこちらです。
SIMフリー端末がお得に購入出来たり通信速度が優秀だったり、
料金がとても安い格安SIMをそれぞれ比べてランキングにしています。