HUAWEI P9 liteの価格やスペック、口コミはどうなの?どこの格安スマホ会社で取り扱っているの?

ミドルレンジクラスの価格で人気のHUAWEI P9 liteですが
価格や口コミ、スペックはどうでしょうか。

またSIMと同時に購入できるのはどこの
格安スマホ会社でしょうか。

HUAWEI P9 liteについてご紹介します。



■ 楽天モバイルのメリット

  • 豊富なプランと格安の月額料金
  • 通信上限無しの20GBプラン、30GBプラン
  • 5回線までのデータ通信量シェア
  • 支払い方法に口座振替・デビットカードが可能
  • 毎日開催されている半額機種多数の割引キャンペーン
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる繰り越しサービス

お得なキャンペーンの内容は公式サイトで確認できます。

HUAWEI P9 liteの価格・SIMサイズは?

pnainlite1

HUAWEI P9 liteの価格は
2万9800円、大体3万円前後のお値段となっています。

また楽天モバイルなどではSIMと同時購入で
1万円程度の割引が受けられたり

mineoでは端末価格から2000円程度の割引があったり
格安スマホ会社でそれなりにお得に購入できる端末となっています。

また利用できるSIMサイズはnanoSIMとなっています。

注意点はHUAWEI P9 liteが利用できるのは
docomo回線を利用した格安スマホ会社となっています。

そのためmineoのau回線プランや
au回線を利用しているUQmobileなどでは
HUAWEI P9 liteは利用できないので覚えておいてくださいね。

HUAWEI P9 liteのスペックは?

checkkanryou1

HUAWEI P9 liteのスペックは
CPUがHuawei Kirin650 オクタコアとなっており
8個のCPUが搭載されています。

搭載されているCPUは2.0GHzが4つ、
1.7GHzが4つとなっています。

CPUの機能的には3万円以下のミドルレンジでは
かなりのハイスペック機種となっています。

4万円以上ならZenFone3が格安スマホで出色のハイスペックとなっていますが
HUAWEI P9 liteは2万円台で購入できるので
コストパフォーマンスはかなり高い事がわかります。

またカメラ性能はメインカメラが1300万画素、
インカメラが800万画素となっています。

pnainlitecamera

両方のカメラでF値2.0のレンズを採用しているので
暗い場所でも綺麗に撮影が可能となっています。

またインカメラには広角レンズが使用されているので
自撮りの際にもしっかりと背景込みで撮影する事ができます。

ミドルレンジクラスという事を考慮すると1300万画素は標準程度、
ただレンズ性能が良いのでカメラ機能はそれなりに使えると思いますよ。

バッテリー性能は3000mAhですのでスマホでは
かなり良い部類に入るバッテリー性能となっています。

また搭載されているCPUも省エネ、省電力ですので
バッテリーとの相性も抜群です。

pnainlitecpu

かなりのバッテリー性能が発揮できると思います。

メインメモリは2GB、記憶装置が16GBと
この辺りは格安スマホの標準程度の容量となっています。

記憶容量が16GBでは少し物足りなく、
SDカードなどの外部ストレージを利用した方が便利に使えると思います。

SDカードは最大128GBまで利用できます。

※画像はHUAWEI P9 liteのスペック表です。
pnainlitespec

HUAWEI P9 liteの注目機能は?

pnainlite

HUAWEI P9 liteの特徴は指紋認証機能です。

指紋認証機能ですばやくスリープ状態からロックを解除したり
アラームの停止、カメラ撮影、電話に出たり、写真のスクロールなど
セキュリティ面だけでない使いやすさを備えています。

iPhoneなどでは前面に指紋認証機能が搭載されていますが
HUAWEI P9 liteでは背面部分に認証機能が搭載されています。

また背面部分のデザインもすっきりと平らになっているので
机に置くとがたがたするといった事もありません。

pnainlitedezain

カメラ、指紋認証機能共にフラットになっているので
デザインはけっこう頑張っている印象です。

HUAWEI P9 liteのデュアルSIMは同時待ち受けはできる?

zenfonedyuaru

HUAWEI P9 liteはSIMスロットに2枚同時にSIMをセットできる
デュアルSIM対応のモデルとなっています。

同じデュアルSIM対応といえばZenFone3があります。

ZenFone3は1枚のSIMを音声通話専用SIMとして
もう一枚を格安スマホを利用したデータ通信専用SIMとして
2枚SIMの同時待ち受けが可能な機種でした。

 【ZenFone3の機能は?価格や口コミはどうなの?】

対してHUAWEI P9 liteも同じデュアルSIM対応の端末となっています。

しかし残念ながらHUAWEI P9 liteでは
ZenFone3のように同時待ち受けで利用する事ができません。

これはHUAWEI P9 liteの機能不足というより
日本の規制や2Gに対応していないなどの理由で
HUAWEI P9 liteの同時待ち受けが実現しなかったようです。

外国ではデュアルSIM機能は普通に同時待ち受けで利用できます。

海外では1つの携帯会社だけだと、よく圏外になってしまうため
すぐに別の携帯会社のSIMを利用できる機能は必須のようです。

せっかくHUAWEI P9 liteもデュアルSIM対応モデルとなっているのに
同時待ち受けが出来ないのはたいへん残念ですね

HUAWEI P9 liteはどこの格安スマホ会社で取り扱っているの?

pasokontuaku

HUAWEI P9 liteを取り扱っている格安スマホ会社をご紹介します。

■ HUAWEI P9 lite取り扱いMVNO

楽天モバイル

定価2万9800円で同時購入できます。
2016年12月中旬まで端末代金が1万円割引で購入できます。
HUAWEI P9 liteの購入なら楽天モバイルが最安値です。

申し込みはこちら


mineo

端末価格は2万7800円で購入が可能です。
他社よりも2000円程度割引でお得に購入できます。
利用できるのはdocomo回線を使ったDプランとなっています。

申し込みはこちら

NifMO

端末価格2万8889円で購入が可能です。
なんとも半端な価格設定ですが1000円近くお得に購入できます。
月額1204円での24回払いも可能です。

申し込みはこちら


DMMmobile

端末価格2万9980円で購入できます。
分割払いでは24回1594円となっています。

申し込みはこちら


OCNモバイルONE

定価2万7800円で購入できます。
分割払いなら月額1200円の24回払いとなっています。

申し込みはこちら


BIGLOBESIM

定価2万9620円で購入できます。
分割払いでは1240円の24回払いとなっています。
HUAWEI P9 liteをSIMと同時購入すると
1200円×6ヶ月間の割引が受けられます。

申し込みはこちら


amazon

定価で2万7000円程度で購入できます。
分割払いには対応しておらず一括払いのみとなっています。

amazon販売ページはこちら

HUAWEI P9 liteが一番お得に購入できるのは
1万円引きとなる楽天モバイルとなっています。

pnainlitegenteikakaku

続いて割引キャンペーンを利用した場合
BIGLOBESIMが6ヶ月間で7200円の割引が効いて
2万3000円程度で購入できます。

HUAWEI P9 liteをお得に購入したいなら
楽天モバイルが群を抜いてお安いお値段となっています。

もちろんこちらの端末価格はどんどん変化していきます。
いわゆる時価です。

新しいモデルが出てくるたびにお安くなっていくので
このお値段は参考程度にしておいてくださいね。

HUAWEI P9 liteのカバーやフィルムはあるの?

HUAWEI P9 liteのカバーやフィルムはアマゾンで購入可能となっています。

格安スマホでは端末を大事に利用する事も
しっかりとした節約となります。

そのため個人的には手帳スマホケースをおすすめしますが
楽天モバイルではかなりお安く購入できる事もあるので
使いやすさを考慮して包み込むシリコンタイプのカバーでも良いかもしれません。

手帳型ケースはこちら
pnainlitetetyou

包み込むタイプの強化シリコンケースはこちら
pnainlitesirikon

フィルムはガラスフィルムがおすすめ
pnainlitegarasu

HUAWEI P9 liteのそれぞれの人気NO1ケース、フィルムですので
かなり使いやすいと思いますよ。

HUAWEI P9 liteの口コミは?

checksimasu

続いてHUAWEI P9 liteの口コミもご紹介します。

■ 2016年度ミドルスペックNO1機種

妻への格安スマホ利用用に購入しました。

デザインについては背面がフラットで持ちやすく高評価。
薄さもあり5.2インチモデルとしてはかなり使いやすいです。

利用感は何よりも指紋認証機能が素晴らしく使いやすいです。
反応精度もとても速く、使ってみたらきっと気に入ると思いますよ。

指紋認証機能だけでなくレスポンスも
ハイスペック端末に匹敵します。
さすがオクタコア端末ですね。

また通話や音楽も普通程度に不満なく利用できます。
バッテリーも3000mAhと大容量で驚くほど持ちが良いです。
ライトユーザーなら2日は行けると思います。

妻の格安スマホ用に購入して2ヶ月ほどですが
自分も欲しくなるほどの完成された端末です。

一般的な使い方でストレスを感じる人はいるのか?
と思ってしまうほど良い端末です。

以外だったのはカメラ性能が良かったこと。
他のスマホを比べても良い部類に入ります。

HUAWEI P9 liteはスペックは優秀、
カメラ、指紋認証機能も使いやすい、
バッテリー持ちも抜群と
ミドルクラスの端末の中では
今年のナンバー1だと思いますよ。

後は記憶装置、RAMが32GBあれば完璧でした。
まぁmicroSDを使えば128GBまで増やせるので問題はないですが。

評価はもちろん☆5つです!


■ ZenFone3を考えていたけど・・・・

2016年9月までZenFone3の発表を待っていましたが
日本版の4万円以上の価格設定に腹が立ってビックカメラで
おすすめされたHUAWEI P9 liteを購入しました。

私は大の中国嫌いなので(将来的に沖縄などで局地戦があると思っています。)
ファーウェイの端末は相当の抵抗がありましたが
一度敵の懐に飛び込んでやろうと思い、購入しました。

しかしHUAWEI P9 liteは出色の出来栄えとなっています。
悔しいですが☆5つ評価とさせていただきます。

デザインについては悪くありません。
裏がフラットですが少し滑りやすいので
落下させてしまうかもしれません。

ただ、ケースなどを利用すれば問題はないでしょう。

レスポンスや画面表示も早く、綺麗です。
通話品質や音楽などもZenFone5との比較となりますが
かなり良い音が出ています。

中国の事は大嫌いでしたが
3万円以下でこのパフォーマンスは素晴らしいの一言です。

でも、できたら将来的に日本製品を利用したいので
FREETELLあたりに頑張ってほしいと思います。

中国製品に良くないイメージが無ければ買いの端末だと思いますよ。


■ 現状での格安スマホ一番手

少し前のファーウェイの端末といえば
独自CPUのkirinのせいでレスポンスが引っかかる、
ブラウジングでもひっかかると難のある端末ばかりでした。

しかしHUAWEI P9 liteのレスポンスは悪くないです。
最高の反応速度という訳ではないですが悪くないです。
たまに引っかかる事がありますが普通よりも良い程度です。

ただ何もストレスが無いといえば嘘になります。

LINEは特に問題ありませんが
web閲覧は写真の多いページに一瞬の読み込みがあります。
慣れれば問題はありませんが気にはなります。

動画を見る分にはまったく問題ありません。

通話品質や呼び出し音、音楽については問題ありません。
ただHUAWEI P9 liteでこの部分を気にする方は少ないと思います。

驚いたのはバッテリー性能です。
最新のkirinCPUは省電力が進んでいるという事でしたが
かなり安定しています。

これからの端末は省エネCPUのおかげで
充電する回数がすごく減りそうですね。

格安スマホを購入するならHUAWEI P9 liteで決まりではないでしょうか。
ZenFone3との比較で迷っている方もいるでしょうが
日本版は4万円近いお値段となっています。

ZenFone3の方がスペックもデザインも上ですが
2万円近い差額ならHUAWEI P9 liteだと思いますよ。

ベンチマークでは50000台を記録しているので
少し前のハイスペック端末並みとなっています。

端末の評価は辛口な自分ですが
格安スマホに迷ったらHUAWEI P9 liteで良いと思いますよ!

HUAWEI P9 liteの価格やスペック、口コミはどうなの?のまとめ

  • HUAWEI P9 liteの価格は3万円程度
  • 楽天モバイルやBIGLOBESIM、mineoなどでお得に購入できる
  • CPUはオクタコアを採用しスペック特化した端末
  • 2万円台の価格ながら少し前のハイエンド端末並みのスペックがある
  • デザインも優秀でカメラ機能も良い
  • 口コミもかなり好評。特にバッテリー性能の評価が良い

HUAWEI P9 liteは楽天モバイルなら1万台で購入できます。

1万円台から2万円台の端末でオクタコアCPU採用の
SIMフリー端末ならHUAWEI P9 liteで決まりではないでしょうか。

残念なのはデュアルSIM対応ながら同時待ち受けが出来ない点です。

この点ではZenFone3に完全に負けてしまっていますが
お安いお値段でサクサクした動きが欲しいなら
HUAWEI P9 liteで決まりだと思いますよ。

HUAWEI P9 liteが2万円台、
格安スマホなら月額1000円台での利用が可能です。

2年間利用したとしても総額5万円程度ですからね。

大手キャリアの2年間利用時は15万円近くかかるので
HUAWEI P9 liteで格安SIMの利用はかなりお得になると思いますよ!

■ HUAWEI P9 lite取り扱いMVNO

楽天モバイル

定価2万9800円で同時購入できます。
2016年12月中旬まで端末代金が1万円割引で購入できます。
HUAWEI P9 liteの購入なら楽天モバイルが最安値です。

申し込みはこちら


mineo

端末価格は2万7800円で購入が可能です。
他社よりも2000円程度割引でお得に購入できます。
利用できるのはdocomo回線を使ったDプランとなっています。

申し込みはこちら


NifMO

端末価格2万8889円で購入が可能です。
なんとも半端な価格設定ですが1000円近くお得に購入できます。
月額1204円での24回払いも可能です。

申し込みはこちら


DMMmobile

端末価格2万9980円で購入できます。
分割払いでは24回1594円となっています。

申し込みはこちら


OCNモバイルONE

定価2万7800円で購入できます。
分割払いなら月額1200円の24回払いとなっています。

申し込みはこちら


BIGLOBESIM

定価2万9620円で購入できます。
分割払いでは1240円の24回払いとなっています。
HUAWEI P9 liteをSIMと同時購入すると
1200円×6ヶ月間の割引が受けられます。

申し込みはこちら


amazon

定価で2万7000円程度で購入できます。
分割払いには対応しておらず一括払いのみとなっています。

amazon販売ページはこちら



格安SIMのおすすめランキングはこちらです。
SIMフリー端末がお得に購入出来たり通信速度が優秀だったり、
料金がとても安い格安SIMをそれぞれ比べてランキングにしています。