格安SIMでスマホゲームやLINEはできるの?

スマートフォンの利用者の方で
スマホゲームやLINEは格安SIMで利用できるか
疑問に思っている方も多いと思います。

格安SIMでスマホゲームやLINEの利用についてご紹介します。



格安SIMのおすすめランキングはこちらです。
SIMフリー端末がお得に購入出来たり通信速度が優秀だったり、
料金がとても安い格安SIMをそれぞれ比べてランキングにしています。

格安SIMでLINEは使えるの?

laine

現在、スマートフォンの無料通話・メッセージサービスとして
一番人気のLINEですが

格安SIMでも問題なく利用できます。

格安SIMでも音声通話SIMはもちろん、
SMSを付けたデータ通信SIMでLINEが利用できています。
もちろんLTE回線利用時にはビデオ通話も利用できます。

格安SIMで3日間の通信上限や
プランのデータ量を使い切った場合の速度制限を
受けている場合でもメッセージや無料通話は問題なく利用できます。

 【通信制限200kbpsでLINE、その他のアプリは何が利用できるの?】

ただ、通信制限下のビデオ通話に関しては
少し難しいかもしれません。

またLINEがインストールされた端末をテザリングで利用する場合も
格安SIMがテザリング元となっても問題なく利用できます。

私も格安SIMを入れたSIMフリー端末からテザリングして
解約したソフトバンクブランドのiPhone5sでLINEを利用していますが
メッセージ、無料通話、ビデオ通話すべて問題なく利用しています。

格安SIMでスマホゲームは遊べるの?

sumahogame2

続いてスマホゲームですが
有名どころというとモンストやパズドラ、ポケモンGOなどでしょうか。

もちろん格安SIMでもこれらのスマホゲームは
問題なくプレイできます。

私が試したのはドラゴンクエストモンスターズスーパーライトと
ポケモンGOでしたがどれも快適に利用できました。

ポケモンGOに関しては格安SIMを指したSIMフリー端末と
SIMフリー端末からテザリングしたiPhoneでもプレイしてみましたが
どちらの場合も快適に利用できましたよ。

 【楽天モバイルでポケモンGOプレイしてみた!】

データ通信SIMでスマホゲームをプレイする際の注意点を上げるとすれば主に2つあります。

1つ目はプレイする通信速度よりもアプリのダウンロード、更新に注意する事

2つ目はそれなりのマシンスペックが必要な事です。

1つ目のアプリのダウンロードや更新に注意する点については
プレイするには格安SIMでも十分な通信速度があります。

ただ月のプラン上限や3日間、1日間での通信上限が格安SIMでは
設定されている事が多いため、データ通信量を大量に使用するアプリの更新や
ダウンロードには注意が必要です。

特にリセマラなどを頻繁にされる方は
データ通信量に特に注意してくださいね。

2つ目のマシンスペックについて
格安スマホでは1万円以下といった低スペックな端末でも
格安SIMを利用する事ができます。

しかしあまりにスペックがあれだと
格安SIMの問題というより、マシンスペック的に
スマホゲームが遊べない場合が考えられます。

ここ2年以内に発売された端末ならある程度は問題はないでしょうが
ゴリゴリの3Dを使ったスペックが求められるスマホゲームでは
格安スマホでのプレイはちょっと難しいかもしれません。

そういった場合は別途、iPhoneやZenFone3などの高スペック端末を
利用するといった工夫が必要になってくると思いますよ。

格安SIMでスマホゲームやLINEが快適に利用できる格安SIMはどれ?

sumahogeme

スマホゲームやLINEが快適に利用できる
私おすすめの格安SIMはmineoとUQmobileです。

この2つを挙げさせて頂いた理由は
3日間の通信上限がとても緩いからです。

私がポケモンGOをそれなりに遊んでいた時の
1日のデータ通信量は大体1日で150MBほど。

仮に3日間、フルでポケモンGOを遊んだとしたら
ポケモンGOだけで450MBも使ってしまいます。

スマートフォンの利用はスマホゲームだけではないですよね。
webサイトやyoutubeなども見るでしょう。
アプリの更新などもあるかもしれません。

スマホゲームなどは3日間のデータ通信上限が廃止された楽天モバイルや
mineo、UQmobileなどの通信上限はmineoのDプランで通信上限無し、
mineoのAプランとUQmobileでは3日/6Gなど余裕のある格安SIMキャリアがおすすめですよ。

通信速度もmineoは実測平均10Mbps、
UQmobileなら平均15Mbpsが計測されています。

uqtuusinsokudo

また通信エリアに関しては
mineoのDプランならdocomoと同じ通信エリアで山間部にも強いです。
対してUQmobileはau回線と同程度なので山間部などでは少し劣ります。
といっても人口カバー率は99%以上ですのでほとんど場合は大丈夫だと思います。

通信速度・通信エリアも両社ともとても優秀なので自信をもって
お薦めする事ができます。

ちなみに月額料金は
データ通信3GBプランでmineoが900円。
UQmobileが月額980円となっています。

通信エリアで選ぶならmineo、
通信速度で選ぶならUQmobileと覚えてくださいね。

格安SIMでスマホゲームやLINEはできるの?のまとめ

  • 格安SIMでもスマホゲーム、LINEが利用できる
  • LINEは速度制限になっても問題なく利用できる
  • 格安SIMでスマホゲームも問題なく遊べる
  • スマホゲームの利用はデータ通信量に注意する
  • おすすめは楽天モバイル、UQmobileとmineo
  • 楽天モバイル、UQmobileとmineoは3日間の通信上限が6GB以上でとても余裕がある
  • UQmobileは通信速度、mineoは通信エリアが優秀

いかがだったでしょうか。

私も格安SIMは通信速度が遅いので
LINEやスマホゲームの利用に不安がありました。

しかしいざ使ってみると拍子抜けするほど
快適に利用出来てうれしい誤算となりました。

その反面、月当たりのプランデータ通信上限には注意が必要です。

UQmobileとmineoならこれらのデメリットもないため
とても快適にスマホゲーム、LINEが利用できると思います。

データ通信SIMなら3GBプランで月額1000円以下の料金なので
きっと満足して頂けると思いますよ!

 私がおすすめする格安スマホランキングはこちら!