格安SIM20GBプランを選ぶならWiMAXも選択肢に入るという話

格安SIMや大手キャリアでは大容量プランが
どんどんとサービスに追加されています。

しかし月額料金の事を考えてみると
大手キャリアでは20GB/6000円とそれなりの月額料金となります。
さらに大手キャリアではここに通話料金プランなどが上乗せとなり
月額8000円を超えてきます

対して格安SIM20GBならコミコミで4750円程度です。

しかし大手キャリア、格安SIM20GBプランの契約を考えた場合
WiMAXも選択肢に入れなければなりません。

格安SIMの大容量プランとWiMAXを比較してみます。



格安SIMのおすすめランキングはこちらです。
SIMフリー端末がお得に購入出来たり通信速度が優秀だったり、
料金がとても安い格安SIMをそれぞれ比べてランキングにしています。

格安SIMの大容量プランとWiMAXではどちらが良いの?

wimax1

それでは格安SIMの20GBプランとWiMAXの月額料金から比較してみます。

WiMAXの月額料金は4380円となっています。
対して楽天モバイルではデータ通信プランなら4050円となっています。

料金的には楽天モバイルが300円程度のお得となります。

しかし注目したいのはその通信速度です。

WiMAXの通信速度は平均で20Mbps以上。
理論値では220Mbpsとなっています。

対して楽天モバイルは実測値では10Mbps以下、
さらにお昼や夕方などの特定の時間帯では1Mbps以下の通信速度となり
かなりのストレスとなります。

しかしWiMAXなら格安SIMのような
ストレスを感じてしまうほどの通信速度ではありません。

WiMAXの通信速度は大手キャリア並の通信速度となっています。

月額300円程度の差なら余裕でWiMAXを選択した方が良いでしょう。


WiMAXの速度制限はどうなの?

smsmuryou

ここで問題となってくるのはWiMAXの通信制限です。

WiMAXでは3日間で3GB以上のデータ通信を行うと
翌日から丸1日の通信制限が発生します。

対して大容量プランを用意している格安SIMでは
3日間の通信上限はありません。

この点では格安SIMの大容量プランが優秀だと思ってしまいますが

実は通信制限を受けたWiMAXの方が
格安SIMよりも通信速度が優秀なんです。

通信制限を受けたWiMAXよりも
通信制限のない格安SIMの方が通信速度が遅いなんて
頭に「??」が浮かんでしまいますよね。

格安SIMの通信速度実測値では夕方の格安SIMの実測値は3MB程度、
混雑する時間帯では1Mbps程度となってしまいます。

対して通信速度制限状態となっているWiMAXの実測値は
4Mbpsから5Mbpsとなっています。

5Mbps程度の通信速度なら通信制限を受けている事すら
気付かないほどの通信速度です。

さらにWiMAXではデータ通信量が20GB、30GBを超えても問題ありません。

WiMAXの通信速度は通信制限が解除されると
もちろん元の数十Mbpsの通信速度に戻ります。

3日3GBの通信上限はありますが
格安SIMの大容量プランよりもWiMAXの方がかなり使いやすいのが現状となっています。

月額料金的には300円ほど格安SIMがお得となっていますが
通信速度や使いやすさを比較するとWiMAXの方が
かなり優秀であることは明らかですよね。


WiMAX利用時の注意点は?

このようにWiMAXでは格安SIMで大容量プランを利用するよりも
使いやすい事がわかりました。

ただWiMAXの利用には3つの注意点があります。

1つ目は2年縛りがある事

2つ目は通信制限下の通信速度が変わる可能性がある事

3つ目は外出時にWiMAXを利用する際に3台持ちになってしまう事です。

1つ目の2年縛りについては
格安SIMのデータ通信プランならいつでも解約が可能となっています。

しかしWiMAXでは1年以内なら1万9000円、
1年から2年間までは1万4000円、
2年以降では9500円の解約料金がかかってきます。

解約料金なしで解約したい場合は25ヶ月目に
解約する必要があります。

この2年縛りはしっかりと覚えておいてほしい注意点となります。

2つ目の通信制限下の通信速度が変わる可能性がある点について
WiMAXでは使い放題と謳っていながら3日間/3GBの通信上限を設定し
ユーザーからかなり批判やクレームをもらいました。

そこで慌てて通信制限下の通信速度を大幅に緩和した経緯があります。

緩和後の通信速度は5Mbpsとなっていましたが
現在では4Mbpsとなっています。

すでに1Mbpsの通信速度低下が実測値で確認されており
将来的には現在の4Mbps程度の通信速度が2Mbpsとなったり
1Mbpsとなったりする可能性があります。

4Mbps程度なら動画閲覧やウェブサイト、アプリダウンロードなど
ストレスとなりませんが2Mbps以下となるとかなり気になると思います。

しかも通信速度が低下したからと言って解約となると
上でも挙げた通り、解約料金が発生します。

現状では通信制限下でもかなり使いやすいWiMAXですが
将来的にかなりストレスとなる通信制限下の通信速度に
なってしまう場合がある事をお伝えしておきます。

3つ目の外出時に端末が3台持ちになってしまう可能性について

WiMAXはwifiルーターを利用してデータ通信を行います。
WiMAXの利用は出先でも使う事を想定している方がほとんどだと思います。

その場合ですと利用環境によっては
WiMAX用のwifiルーター、
データ通信用のスマホやタブレット
通話用のガラケーと3台持ちになってしまう可能性があります。

スマホの中にはZenFone3のように音声通話SIMとデータ通信SIMの
2枚のSIMが利用できるデュアルSIM対応の格安スマホもありますが

データ通信をWiMAXで補う場合は
大手キャリアスマホをガラケー最安値プランなどに変更すると思います。

その場合ですと端末の電源管理が
ルーター、スマホ、ガラケーの3台分となってしまうので
かなり気を遣う事になってしまいます。

これらの3点がWiMAX利用時の注意点となります。

格安SIM20GBプランを選ぶならWiMAXも選択肢に入るという話のまとめ

  • 格安SIMの20GBプランを検討中ならWiMAXも候補に入る
  • 月額料金は格安SIM20GBプランが4050円から
  • WiMAXの月額料金は4380円
  • WiMAXは3日間/3GBのデータ通信上限がある
  • 格安SIM20GBプランには3日間の通信上限が無い
  • 通信制限下でも通信速度はWiMAXの方が優秀
  • WiMAXでは2年縛りがある

格安SIMの大容量プランを契約して
テザリングでパソコンや解約したスマホでも
十分に利用が可能となっています。

現に私も楽天モバイルでテザリングを利用し
解約したiPhoneと仕事場のネットをまかなっています。

そのため自宅のネット回線代わりに格安SIMの利用は
十分に可能であるといえます。

 【格安SIMの大容量プランは自宅ネット回線代わりになるの?】

ただ、これは5GBプランの激安料金で
データ通信量が足りているから満足できているとも言えます。

しかし格安SIMで20GBプランを検討されているなら
WiMAXも十分に候補に入れるべきだと思います。

格安SIMの20GBプランとWiMAXではほとんど
月額料金に差はありません。

また日常使いで一番気になる通信速度の品質が
WiMAXの方が数段優れているので

大容量プランを検討しているならWiMAXの方が
確実に使いやすいと思いますよ!

・・・あ、それと大手キャリアの大容量プランは
めちゃくちゃ高いのでポイーでお願いしますね。( ^ω^)