【楽天モバイル完全解説!】楽天モバイルの評判は?キャンペーンや口コミを徹底紹介!



■ 楽天モバイルのメリット

  • 豊富なプランと格安の月額料金
  • 通信上限無しの20GBプラン、30GBプラン
  • 5回線までのデータ通信量シェア
  • 支払い方法に口座振替・デビットカードが可能
  • 毎日開催されているお得な半額機種多数の割引キャンペーン
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる繰り越しサービス

色々詰め込んだらかなり長い記事となってしまいました。
お得なキャンペーンの内容は公式サイトで確認できます。

楽天モバイルの基礎知識

楽天モバイルの料金プランは?



楽天モバイルの料金プランは
ベーシックプラン、3.1GBプラン、5GBプラン、10GBプラン
そして大容量の20GBプラン、30GBプランとなります。

ベーシックプランは通信速度が200kbpsとなり
データ通信プランが525円から利用できます。

3.1GBプランからLTE回線を利用したデータ通信が可能となり
データ通信のみのプランが900円から利用できます。

5GBプランは1450円からデータ通信のみのプランが利用できます。
10GBプランは2260円となります。

大容量の20GBプランは4050円から
30GBプランは5450円からとなります。

ここにSMS付きならプラス120円が上乗せとなり
SMSと通話機能を付けた場合は700円が月額料金に上乗せとなります。

楽天モバイルでは特に3GBプラン、20GBプラン、30GBプランの
料金設定が業界最安値水準となっています。

また20GBプランが業界最安値にチャレンジしているDMMmobileよりも
1000円近く安くなるのでおすすめとなっています。

050データSIM(SMSあり)ってなんだ?



050データSIM(SMSあり)とは
LINEなどの端末認証機能に使われたり電話番号で相手にメールのように
メッセージが遅れるSMSサービスと

携帯電話と一般電話に発着信できる050から始まる
電話番号をもらえるIP電話サービスがセットになった
データ通信SIMとなります。

データ通信のみのプランと比べて月額で120円高くなりますが
通常なら100円から300円程度の月額料金がかかるIP電話サービスの
基本月額料金が無料となっています。

また一般電話/携帯電話へ発信する場合は
携帯電話へは1分/約10円、固定電話へは1分/3円で通話が可能です。

通常の音声通話料金は30秒/20円ですのでかなりお得に通話ができます。

電話番号にこだわりがなくIP電話サービスで十分という方は
050データSIMがおすすめとなります。

コミコミプランってなんだ?



楽天モバイルが用意するコミコミプランとは
端末代金、データ通信、5分間かけ放題オプションがセットになった
お得なプランの事です。

プランの合計金額よりもお得に利用出来て
端末代金も込みとなっています。

最低利用期間は24ヶ月となっているので
この点だけ注意が必要となります。

24ヶ月以内に解約する場合は1万2000円の契約解除手数料がかかってきます。

楽天モバイルの支払い方法は?口座振替はできる?

楽天モバイルの支払い方法は
口座振替、クレジットカード、デビットカードが利用できます。

特に口座振替は無条件で対応している格安SIMキャリアがたいへん少ないため
クレジットカードをお持ちでない方でも楽天モバイルなら
銀行口座を登録するだけで楽天モバイルを利用できます。

口座振替は手数料が100円かかり
端末やアクセサリーの支払いには対応していません。

そのため口座振替で端末代金を支払うには
楽天市場のファーウェイ専門店や楽天市場中古スマホショップなどで
あらかじめ端末を用意する必要があります。

多少、不便な面もありますが
口座振替での楽天モバイル利用の条件は以上となります。

デビットカードはVISAやJCBなどが提供している
即時決済型のキャッシュカードで16歳以上なら誰でも
無条件で作る事ができます。

楽天モバイルではスルガ銀行と楽天銀行が発行する
デビットカードの支払いに対応しています。

楽天モバイルの料金は業界最安値なの?

楽天モバイルの料金プランは
3.1GBプラン、20GBプラン、30GBプランが
業界最安値、または業界最安値水準となります。

格安SIMで人気の5GBプランは
楽天モバイルがデータ通信プランが1450円
音声通話プランが2150円となっています。

業界最安値のDMMmobileの5GBプランが
データ通信プラン1210円、音声通話プランが1910円ですので
5GBプランでは業界最安値から200円程度高い料金設定となっています。

続いて10GBプランでは最安値から70円ほど高い料金設定となっています。

しかし20GBプランではDMMmobileの4980円に対して
楽天モバイルは4050円と大幅に楽天モバイルがお得となっています。

楽天モバイルの料金プランは最安値と比べると
5GBプランの200円差以外はかなり頑張っている印象となっています。

楽天モバイルが業界最安値となる場合は?

料金プランでも業界最安値と比べてもたいへん頑張っている
楽天モバイルですが端末代金込みでのお値段の場合
圧倒的に楽天モバイルが業界最安値となります。

例えば業界最安値のDMMmobileで取り扱っている
ZenfoneGOを比べた場合、DMMmobileでは1万9800円に対して
楽天モバイルでは5980円で購入できます。※2016年12月現在



その価格差は約1万4000円となります。

格安SIMでは音声通話プランの最低利用期間が12ヶ月となっているので
1ヶ月に月1000円以上もお安くなる計算となります。

楽天モバイルの料金プランで最安値と一番さのある
5GBプランでも最安値から200円程度の差額でしたので
そこから一気に1000円近く楽天モバイルがお得になってきます。

端末代金込みの場合ですと楽天モバイルとDMMmobileでは
楽天モバイルが圧倒的にお得となってきます。

またその価格差から3年間以上も楽天モバイルがお得になる
計算となります。

格安SIMで端末の購入が必要な方は楽天モバイルが
飛びぬけて安い料金設定となっているのです。

楽天モバイルの通信速度は?遅いの?

楽天モバイルの通信速度については
口コミや評判などで「遅い!」「使えない!」といった
書き込みを多く目にします。

確かにお昼の時間帯の通信速度は1Mbps以下となり
遅いなと感じてしまいます。

しかしお昼の時間帯の通信速度は
楽天モバイルだけでなく格安SIMすべてのデメリットとなります。

お昼の通信速度の低下が我慢できないという方は
楽天モバイルだけでなく格安SIM自体が使えないという事です。

しかし楽天モバイルではお昼以外の通信速度は
大体10Mbpsから15Mbpsで安定しています。

特に午前中や14時頃などは30Mbpsから100Mbpsを計測する事もあります。

10Mbps以上というとちょっとしたADSL程度の通信速度は
確保できているという事です。

スマートフォンを快適に利用できる最低通信速度は
1Mbps以上といわれています。

それに対して楽天モバイルでは10Mbps程度は
しっかりと確保してくれています。

この通信速度で我慢できないという方はあまりいないでしょう。

通信速度についてはあまり気にせず
楽天モバイルを利用して問題ないと思いますよ。

楽天モバイルの通信速度が不安定になるのはどんな時?

安定した通信速度を提供している楽天モバイルですが
それでも数カ月に1度か2度は通信速度が不安定になってしまいます。

その原因は人気の新端末が発売され利用者が一気に増えた場合と
新しいプランがスタートした時です。

楽天モバイルでは格安スマホの最新端末をすぐにラインナップに加えてくれます。
また毎年9月は新型のiPhoneが発売となります。

こういった秋口に一気に新型のスマホと楽天モバイルを申し込む人が増えるので
データ通信量が増えてしまい楽天モバイル全体の通信速度が
不安定になってしまいます。

また新プランの発表時期も通信速度が不安定となります。
2016年には20GB、30GBの大容量プランが発表され
楽天モバイルのデータ通信量が一気に増えました。

新プランが発表された場合も楽天モバイルの通信速度が
低下する、または不安定となってしまいます。

しかし楽天モバイルでは毎月しっかりと設備増強を行っているので
すぐに元の快適な通信速度に戻ってきます。

楽天モバイルのサービス開始当初は通信速度も不安定で
クレームの嵐でしたが1年、2年と重ねるごとに設備増強と
データ通信のバランスがとてもよくなっているのです。

楽天モバイルのお得なオプション・サービス

楽天モバイルではお得な料金プラン、端末購入だけでなく
様々なオプション、サービスを用意しています。

楽天モバイルのお得な無料サービスは?



楽天モバイルのお得なサービスの一番手は
余ったデータ通信量を翌月に持ち越せるサービスです。

毎月の余ったデータ通信量を翌月に繰り越すことで
プランの1.5倍程度のデータ通信量が毎月利用できるようになります。

3.1GBプランなら4.5GBほど、5GBプランなら7.5GBほどとなります。
かなりお得な繰り越しサービスとなっています。

繰り越しサービスは申し込みの必要などはなく
自動で適用となるので手間もかからずうれしいですよね。

繰り越せるデータ通信量はプラン内までとなっています。
(3.1GBプランなら翌月最大3.1GBまで)

次にご紹介するのは月々の月額料金のお支払いや
同時購入する端末・アクセサリーの料金に楽天ポイントが利用できる事です。

この辺はさすが楽天グループといった所です。

また月々の支払では100円につき1ポイントの楽天ポイントもたまります。

そして音声通話プランをご契約の方は
楽天市場利用でポイントがずっと2倍となります。

楽天モバイルは楽天市場、楽天ポイントとの相性がとてもよく
楽天グループ利用者ならかなりお得になりますよ。

もちろん楽天ポイント2倍も自動で適用となります。

楽天モバイルの人気オプション!

楽天モバイルでは別途月額料金を支払う事で
お得なオプションを利用する事ができます。

楽天でんわ5分間かけ放題オプション



楽天でんわはキャリアを問わず30秒/20円の通話料金を
半額で利用できるお得なサービスです。

この楽天でんわは楽天モバイルをお使いの方限定で
月額850円で5分間かけ放題オプションを利用する事ができます。

月額850円で月に何度でも5分間まで無料で通話が可能となります。
また連続通話が5分間を超えた場合は30秒/10円で通話を続ける事ができます。

1ヶ月で細かい電話をたくさん掛ける方などにおすすめのオプションとなっています。

また楽天でんわは30秒/10円で海外発信にも対応しています。
32か国に対応しているのでお得に国際通話を利用する事ができます。

ただ国際通話に関しては5分間のかけ放題オプションは適用外となっています。

端末補償・あんしんリモートサポートパック



月額500円で利用できる端末補償と
同じく月額500円で利用できるあんしんリモートパックがセットになった
月額800円のお得なプランです。

端末補償は画面割れやひび割れ、水没、破損、全損など
あらゆる故障に修理、交換で対応してくれます。

ただ自損の場合の端末補償は4000円から7000円の追加料金が発生しての
交換対応となるので覚えておいてくださいね。
端末補償の補償期間は2年間となります。

SIMのみの申し込みの方もつながる端末補償という端末補償オプションを
月額500円で利用できます。

利用の条件は楽天モバイルのSIMを利用しているすべての端末となり
故障した場合はiPhoneなら指定の修理店へ
android端末は修理、または楽天モバイルが用意する交換機での対応となります。

SIMのみの方でも端末補償を利用できるので安心ですね。

楽天モバイルWIFI



月額362円で専用アプリを利用して全国6万ポイントwifiスポットを
利用できるようになるサービスです。

データ復旧・モバイルセキュリティサービス



月額300円で利用できるデータ復旧サービスです。
故障や誤って消去してしまったデータをしっかりと復旧してくれます。

また月額300円でマカフィーのセキュリティアプリを利用できます。
マカフィーのセキュリティアプリは動作も軽くしっかりと
スマートフォン、タブレットをウィルスなどから守ってくれます。

このデータ復旧オプションとマカフィーセキュリティが
セットになって月額500円のパックも人気となっています。

留守番電話サービス



楽天モバイルでは月額300円で留守番電話サービスが利用可能です。
通常のサーバーに電話をかけて保存された留守番電話メッセージを聞く
留守番電話サービスと

ソースネクストが提供するスマート留守電アプリの
2種類が用意されています。

スマート留守電アプリはメッセージ内容を文字におこして
メールで通知してくれるなど斬新なサービスが魅力となっています。

楽天メール



楽天モバイルでは月額0円で
楽天モバイル専用のキャリアメールが利用できます。

利用感は大手キャリアメールと同程度となっていますが
格安SIMではアドレス帳のデータを自動で保存・復旧してくれる
Gmailが人気なのであまり使うタイミングは無いかもしれません。

その他にもいくつかオプションがあるので気になる方は
チェックしてみてくださいね。

楽天モバイルの注意点は?

楽天モバイルで注意して頂きたいのは
3日間の通信上限です。

楽天モバイルでは3日あたり
3.1GBプラン:540MB、
5GBプラン:1GB、
10GBプラン:1.7GBの通信速度制限があります。

3日間の合計のデータ通信量が上限を上回ると
翌日から200kbpsとなってしまいます。

通常使用では5GBプラン、10GBプランでは
3日間で1GB以上の通信上限がありそれなりに
データ通信を利用できますが

中でも特に3.1GBプランの540MBは厳しく
月のデータ通信量では2GB程度しか利用していなくても
3日間の通信上限に引っかかって通信制限を受けてしまう事が
よくあります。

楽天モバイルの通信制限は200kbpsながら
多少のアプリは利用できるので写真や動画の
多いサイトを利用しない場合はそれなりに使えます。

 【通信制限中の200kbpsでどんなアプリが使えるの?試してみた!】

また公式には記載されていませんが
最初の150KBほどを高速で通信してくれる
バースト転送のような挙動もあります。

とはいっても楽天モバイルを利用する上で
通信速度が遅い事やカスタマーセンターに電話がつながりにくいなど
色々あると思いますが私が思う一番注意しなければならない事は
3日間の通信上限だと思います。

この3日間の通信上限は格安SIMキャリア全体で
廃止・緩和されてきているので楽天モバイルでも
廃止して頂きたいですね。

ちなみに20GB、30GBの大容量プランでは3日間の通信上限がなく
しかもぶっちぎりで業界最安値の料金体系なので
とても使いやすい大容量プランとなっています。

楽天モバイルの評判はどうなの?通信速度・スマホ・通話品質は?

楽天モバイル料金プランの評判は?


・利用料金はdocomo8000円から1000円台後半から2000円台前半になりました。
大手キャリアとの差は自前で端末を用意するか月賦で購入するかですね。

・月々500円程度でLINEやメールといった少しのネット利用が
可能になるのはありがたいです。

・キャリアからの変更で料金に関しては半額以下でたいへん満足していますが
3.1GBプランでは自宅にwifi回線のある方でないと利用は難しいと感じました。

・通話SIM3.1GBプランで月額1600円。満足しています。
1年縛り?最低利用期間が無ければもっと良いのですが。

・月額維持費がたいへん安くなって満足しています。
そんなに通話や外出時間が短い方は3.1GBプランがぴったりだと思います。

・ガラケーの月額料金1500円と同程度の価格でスマホを持ちたいと思っていました。
ゲームやLINE、web検索もできて通話料金半額はとてもうれしいです。


※画像は楽天モバイル料金表

楽天モバイルで音声通話SIMと
データ通信SIMの2種類のプランが用意されています。

データ通信量はデーシックプランから
3.1GB、5GB、10GB、20GB、30GBと用意されています。

楽天モバイルの料金プランでは特に3.1GB、20GB、30GBプランの
料金設定が格安SIMキャリアの中でも最安値水準となっています。

また月額料金の支払いがクレジットカード以外にも
口座振替やデビットカードにも対応しているのでかなり
使いやすい格安SIMとなっています。

楽天モバイルはSIMと同時申し込みでSIMフリー端末が
お得に購入できる機種割引キャンペーンが毎日開催されており
格安SIMで利用するためのSIMフリー端末が必要な方や
初心者にとても人気となっています。

料金プラン的にはSMSが付いた050データ通信プランが+120円
音声通話とSMSが付いた音声通話プランが+700円の月額料金の上乗せとなります。

楽天モバイルの通信速度の評判は?

・お昼の時間帯の速度低下が気になるが
無料wifiスポットを利用できるところで補っている

・LTE回線が利用できる場所で利用しています。
速度は平均で10Mbps程度。お昼は0.1Mbpsの時もあります。

・高速通信にしては遅いと感じます。
AP変更で少し改善しましたがまた遅くなった印象です。

・softbankから楽天モバイルへ変更してみましたが
繋がりやすさは変わらない印象です。

・少し遅い印象を受けますが料金的にこんなものかと。
youtubeが見れるので個人的に問題ありません

・LINEやメール程度の利用なので通信速度は満足しています。
LINEスタンプのダウンロードも特に問題ありませんでした。

・主に関西で利用していますが混雑して使えないといった事はない
LINEなども問題なく利用出来て月額料金も安いのでうれしい限り

格安SIMでは楽天モバイルに限らず
お昼の通信速度が大幅に低下してしまいます。

そのためメインで利用する時間帯によっては
個人で楽天モバイルの通信速度の印象が大きく変わってしまいます。

楽天モバイルでは特に午前中の通信速度が良好で
自宅にwifiなどのネット回線が用意されている方に
特に好評となっています。

楽天モバイルの午前中の通信速度は20Mbpsから40Mbps程度となっています。

楽天モバイルの通話品質はどう?

・通話品質は大手キャリアと同程度だと思います。
楽天でんわアプリを利用しているのでガラケー時代より通話料金が下がりました。

・音質はとても良いと思います。切れる事もありません。

・履歴が少し使いにくい印象でしたが音質やつながりやすさは
大手キャリア並みです。通話料金が半額になるアプリがあるので
利用しない手は無いと思います。

・音質はたいへんクリアです。
たまにかける時は楽天でんわアプリを利用するので
通話料金を半額に押させる事が出来てたいへん満足しています。

・つながっていれば音声通話品質は良好です。
大手キャリアでの音声通話品質と変わりないと思います。
楽天でんわアプリを利用する事でかなり通話料金が抑えられます。

・ごく普通の携帯電話と変わりなく利用できています。
5分かけ放題利用中ですが大体5分以内の通話ですので
通信料金が月額2500円となりました。

楽天モバイルの通信品質はとても良好で評判がとても良いです。

特に楽天でんわアプリを利用した月額850円の5分間かけ放題オプションや
通話料金が30秒/10円と半額になる機能も好評です。

5分間かけ放題オプション利用中に無料の5分間を過ぎた場合は
通話料金が半額で通話を続ける事ができます。

楽天モバイルのスマホ・SIMフリー端末の評判は?

■ arrows m03
・arrows m03をFJL22から買い換えました。主に通話・お財布メインですが
前機種よりもバッテリーが良く持ちます。
前機種で2日持つところが4日持ちます。

・ゲームや負荷のかからないアプリ程度の利用ならarrows m03が
ぴったりです。Felica利用可で国産端末を探しているなら
arrows一択になると思いますよ。

■ ASUS Zenfone3
・レスポンスが素晴らしくミドルクラスではトップだと思います。
反面、Bluetoothやwifiの接続が少し不安定かなっと感じました。

・評判通りレスポンス、ボタン操作、指紋認証、メニューなど
iPhone5sよりも使いやすいと感じました!

■ HUAWEI P9 lite
・お値段も安く2万円台でレスポンスもサクサクで大満足です。
高価な上位機種を購入して使いこなせないともったいないですから
並み程度の端末が欲しい方におすすめの端末です。

・HUAWEI P9 lite の指紋認証はとても素晴らしくiPhone6sよりも早いです。
レスポンスもとても素晴らしくandroid端末の印象が一気に変わりました。

■ Huawei honor 8
・レスポンスがとてもよくiPhone並みに感じます。
iPhone7と悩みましたがこちらを選んでよかったとも思います。

・あまりスマートフォンに詳しくありませんが
このお値段でこの使いやすさはかなりの衝撃でした。
ハイスペックでコスパに優れる端末の新しい時代が来たなという印象です。

楽天モバイルでは特にarrows m03、ASUS Zenfone3、HUAWEI P9 lite
Huawei honor 8が最新端末の中で人気となっています。

詳しいレビューはこちら
 【arrows m03の詳しい解説はこちら】

 【ASUS Zenfone3の詳しい解説はこちら】

 【HUAWEI P9 liteの詳しい解説はこちら】

これらの最新端末は数千円から1万円程度のお値引きで購入する事ができます。
また一つ前のモデルでは月替わりで機種割引キャンペーンの対象機種となり
5000円、1万円引きは当たり前、中には半額以下の端末もあり
とてもお得に購入する事ができます。

楽天モバイルでは特にSIMフリー端末がお得に購入できる事で
とても人気の格安SIMキャリアとなっているので
見逃せないキャンペーンとなっています。

楽天モバイルの評判は悪い?どこが不満なの?


・特に駅などの混雑している場所では速度低下が激しい。
webサイトの閲覧などとても遅くなり利用できない場合もある

・docomoに比べて圧倒的に遅くてつながりません。悲しいです。

・都内での日中の通信速度があまりに遅すぎて使い物になりません。
動画はおろか通常のホームページの表示にもストレスを感じています。

・安かろう悪かろうとなっています。
docomoでは10Mbps出ている場所が0.1Mbps程度となっていました。
ネットの速度を重視されているなら利用しない方が良いかも

・日中に利用していますが繋がりにくいと感じたことはありませんでした。

・キャリアと遜色ありません!
思っていたより安定していて速いです。

楽天モバイルの通信速度はメインで使う地域や時間帯によって
大きくその印象が変わってきます。

お昼12時から13時の時間帯や
夕方18時ごろから21時ごろまで通信速度が出ない
場合が多いようです。

特にお昼の時間帯は1Mbps程度の通信速度になってしまいます。

しかし自宅でネット回線を利用している方や
午前中にデータ通信をよく行う方も
かなり利用しやすい印象となっています。

都心部などで利用を考えている方は無料wifiスポットを
積極的に利用する事で通信速度のデメリットを多少
やわらげる事ができるでしょう。

また楽天モバイルでは月々のデータ通信プラン上限以外にも
3日間の通信上限が存在します。

通信上限が存在するのは3.1GBプラン、5GBプラン、10GBプランで
それぞれ3.1GBプラン/540MB、5GBプラン/1GB、10GBプラン/1.7GBとなっています。

特に3.1GBプランでは1日当たり180MB以上の通信量を続けると
通信速度が制限され通常程度のデータ利用量でも
通信制限を受けてしまう可能性があります。

通信制限中は通信速度が200kbpsとなり翌日から通信制限となります。
200kbpsでもそれなりにアプリなどは利用できますが
画像の多いwebサイトや動画などを閲覧する場合はストレスとなってしまいます。

 【200kbpsの通信速度でアプリは何が利用できる?試してみた!】

20GBプラン、30GBプラン、ベーシックプランでは
3日間の通信上限が無くとても利用しやすいプランとなっています。

楽天モバイルのお得なキャンペーン!半額端末はどれ?



楽天モバイルのキャンペーンはトップページの
タブ画面やキャンペーンタブから確認する事ができます。

楽天モバイルでよく半額になる端末はどれ?

楽天モバイルでは
毎日SIMフリー端末の割引キャンペーンが開催中です。

楽天モバイルの機種割引キャンペーンの対象機種は
基本、一つ前のモデルが対象となる事が多く
中には半額以下で購入できる端末もあります。

よく機種割引キャンペーンの半額対象機種に選ばれているのは
ZenfoneGO、Zenfone2シリーズ、arrows m02、AQUOS SH-RM02と
なっています。








またタイミングの良い時でHUAWEI P9liteやXPERIA J1Compact
ZTE BLADE E01などが半額対象となっています。






1万円以下で購入したい場合はZenfoneGOやZenfone2シリーズ、

おサイフケータイ機能や防水・防塵機能などの利便性重視なら
arrows m02、AQUOS SH-RM02がおすすめとなります。

スペックにこだわりたい場合はHUAWEI P9liteがおすすめとなります。

その他にも半額程度とまではいきませんが
運が良ければ最新端末や高スペックのZenfone3やarrows m03、
HUAWEI honor8などが1万円のお値引き購入する事ができます。





楽天モバイルのキャンペーンの予定は?いつがお得?

楽天モバイルの機種割引キャンペーンの予定は
ほぼ毎日開催されておりお目当ての端末が
キャンペーンの対象機種に選ばれていればいつ
申し込みをされても問題はありません。

基本的に2週間ごとに対象端末が代わり
特に月中旬から月末あたりに更新されるキャンペーンがお得となっています。

また月当たりでは4月ごろの携帯電話の需要が一気に増えるタイミング、
9月のiPhoneをはじめとした人気端末の新モデル発表時期、
年末年始が近くになった場合に通常よりもキャンペーン対象機種が増え、
割引価格も増える傾向となっています。

楽天モバイルのキャンペーンの更新は基本、2週間ごと、
3月、4月や9月、12月、1月が特にねらい目の月となっています。

楽天モバイルで端末購入後に即解約はあり?

楽天モバイルで裏技的にSIMフリー端末をお得に購入した後
即解約でお得に端末を手に入れてしまおうと考えてしまう場合があります。

楽天モバイルの即解約はお得でしょうか。
2016年12月に半額以下で購入できるarrows m02で考えてみます。

arrows m02の通常価格は2万9800円となっています。
現在のキャンペーンでは通話SIMで一括6980円。
データSIMで8980円となっています。

機種割引キャンペーンを利用した場合
最低利用期間が通話SIM12ヶ月、データSIM6ヶ月に設定されます。
両SIMともに違約金は9800円となっているので即解約する場合は
通話SIM契約がおすすめとなります。

その場合は一括6980円+違約金9800円で約1万7000円程度となります。
arrows m02の端末代金が2万9800円ですので即解約でも1万2000円程度
お得となっています。

ただデータ通信SIMに関しては最低料金が525円からですので
6ヶ月後に3000円の通信料金を支払ってから解約するのが
ベストパフォーマンスとなっています。
※6か月後解約の場合は1万7000円程度のお得となる

ただ即解約がお得となるのは通常価格から
2万円以上の値引きが効いている端末の場合となっています。

楽天モバイルで取り扱っているSIMフリー端末は格安スマホが多く
通常は最大で1万5000円程度の割引となっています。

年末年始や楽天スーパーセール時などかなり良いタイミングで
狙い撃ちしないと即解約はお得にならない価格に設定されています。

楽天モバイルで紹介やポイントキャンペーンはあるの?



楽天モバイルでは紹介キャンペーンも用意されています。

メールやFacebook、Twitterなどで指定のページから
家族や友人を紹介すると紹介者の契約2か月後に
楽天ポイントが3000ポイントもらえます。

注意点は紹介後30日以内に申し込みが必要であること、
自分で自分を紹介する事はできません。
再契約の場合も対象外となっています。

また対象は通話SIMのみとなっています。
データSIMでは対象外となっているので注意してくださいね。

楽天モバイルでiphoneは使える?ソフトバンク・auのiPhoneは?

楽天モバイルでiPhoneは使えるの?iPhone6、iPhoneSE、iPhone5sはどうなの?

楽天モバイルでiPhoneの利用は可能となっています。

楽天モバイルで利用できるiPhoneは
SIMフリーiPhone、docomoブランドiPhoneとなっています。

また楽天モバイルで利用できるiPhoneのナンバリングは
iPhone5s/iPhone5c
iPhone6/iPhone6plus
iPhone6s/iPhone6splus
iPhone7/iPhone7plusとなっています。

最新のiPhone7まで動作確認端末に含まれているので
日本で一番人気の高いiPhoneシリーズはほぼ利用できるという事になります。

またiPhone4s以前の端末はLTE回線未対応となっているので
利用する事ができません。

楽天モバイルでau、ソフトバンクブランドのiPhoneは使えるの?



楽天モバイルで利用できるiPhoneはSIMフリーかdocomoブランド端末と
なっていますがソフトバンク、auブランド端末の利用できます。

ただしソフトバンク、auブランド端末で利用できるiPhoneは
2015年5月以降に発売となったiPhone6s以降のSIMロック解除できる
iPhoneとなっています。

ソフトバンクやauでSIMロックが解除されたiPhone6s以降の端末なら
楽天モバイルで利用できます。

楽天モバイルでiPhoneのテザリング機能は使える?

楽天モバイルでiPhoneを利用した場合、
テザリング機能も問題なく利用する事ができます。

iPhoneのテザリングの利用方法は大手キャリアと同じく
設定→モバイルデータ通信→インターネット共有から
インターネット共有をONにするだけです。

楽天モバイルではテザリングの料金もかからず
無料で利用できます。

楽天モバイルでiPhoneのテザリング機能を利用する際の
注意点はテザリング先の端末でデータ通信量に気を付ける
程度となっています。

楽天モバイルでiPhoneを利用するプロファイル設定方法は?

docomoブランド、SIMフリー、SIMロック解除されたiPhoneなら
楽天モバイルでSIMを差し替えてプロファイルをインストールするだけ
すぐにiPhoneで楽天モバイルが利用できます。

楽天モバイルでiPhoneを利用するプロファイル設定方法は
SIMを挿した後、指定のURLからiPhone専用のAPNファイルをインストールします。
その際にiPhoneをwifiなどでネット接続できる環境が必要となります。

楽天モバイルでiPhoneのプロファイルインストール手順

手順1
iPhoneをwifiを利用してネット接続し
iPhoneのホーム画面からsafariを起動します。



手順2
プロファイルをダウンロードするURLにアクセスします。

※iPhoneでプロファイルのインストールは1種類のみです。
以前に別のキャリアでiPhoneを利用していた場合はプロファイルの削除が必要です。

プロファイル削除の手順は
設定→一般→プロファイルとデバイス管理(プロファイルのみ表示の場合あり)
削除したいプロファイルを選択→プロファイル削除をタップで削除が可能です。



手順3
構成プロファイルをインストールします。
パスコードを設定されている方はiPhoneのパスコードを入力します。



手順4
インストール確認画面からインストールをタップします。
インストール終了後完了をタップして終了です。
設定完了後、インターネットが利用できるか確認しましょう。



公式のyoutube動画もあるので動画で確認してみるのもおすすめです。

楽天モバイルの口コミのご紹介!プランや機種、通信速度はどう?

楽天モバイルの口コミは?


・メインでは使いづらいかも

ZenfoneGOをデータ通信SIMと同時購入しました。
ただ、使い始めてから徐々に通信速度が落ちてきて
ここ最近では明らかに回線速度が落ちています。

データ通信プランは3.1GBプランを利用していますが
540MB/3日間の通信上限のおかげでプラン通りのデータ通信量
毎月消費する事ができません。

端末セットの安さと楽天市場が親会社という事で人気ですが
加入者の急増や大容量プランの追加の影響か回線速度の品質が
低下しているように思います。

メインの通話回線で利用していると最低利用期間が
12ヶ月となるのでデータ通信SIMプランにしておいてよかったです。

・使用感は大手キャリア並みで月額料金は激安

楽天モバイルの3.1GBプランのデータ通信SIMを
Zenfone2 Laserで利用しています。

データ通信量は3.1GBプランで十分です。
何も気にせず利用しています。
個人的には2GBプランなどの細かいプランも用意してもらえると
さらに使いやすくなると思います。

通信速度も大手キャリア並みで通信エリアも全く問題ありません。
どこでもちゃんと利用できます。

通話も何も違和感なく利用できるので
大手キャリアにこだわる必要はないように感じました。

楽天モバイルをはじめ、格安SIMでスマホ本体を購入しなければならず
初期投資が高い印象がありますがしっかり料金を計算すると
総合的にみて何万円も年間でお得になる事がわかりますよ!

・半年ほど利用していますが不満はありません!

自宅のwifi環境に接続しての利用がメインとなるので
3日/540MBの通信上限や3.1GBプランの上限も気になりません。

日中もよく利用していますがつながらなかったり
遅かったりといった印象はありません。

申し込みしてからSIMカードもすぐに届いて
設定も添付書類通りで簡単でした。

実際に利用してみて思ったのですが
3.1GBプランよりも少ないプランがあればもっと
使いやすいかなと思いました。

楽天モバイルで通信速度に関する口コミ

・3日間の通信上限が使いづらい

メインの端末はソフトバンクで毎日10分から30分の動画を
見ても足りなくなることはありません。

ただ、アクセスが集中するお昼の時間帯の通信速度は
遅いと感じました。

その時間帯以外ではキャリア契約とあまり変わりない通信速度で
問題はありません。

毎月繰り越しサービスを利用して5GB分のデータ通信量が可能となっているので
ちょっとした動画やスマホゲームなどは問題ありません。

少し調子に乗ってデータ通信をやりすぎてしまうと
月のプラン内のデータ通信量は余っていても3日当たりの通信上限に
引っかかってしまいます。

200kbpsでもLINEや動画は利用できましたが
3.1GBプランの3日通信上限はなかなか厳しいと感じました。

・通信速度はキャリアと遜色ありません

3.1GBプランのデータ通信SIMで通話アプリを利用しています。

利用の主な用途はLINEで写真や動画では通信速度は

楽天モバイルで機種、SIMフリー端末、タブレット利用時の口コミ

・楽天市場ユーザーならおすすめ

sonyのタブレットPシリーズ 3G+Wi-Fiモデル 4GB SGPT211JP/Sで
楽天モバイルのデータ通信プランを利用しています。

タブレットに楽天モバイルのSIMを挿入してほぼ毎日
通勤電車の中でメールやLINE、Twitter、Facebook、
webサイト、koboなどの電子書籍を同期して利用しています。

動画再生時はwifi利用時のみとしているので
データ通信量は3.1GBプランを契約していますが毎月1GB程度利用です。

ネットでの接続も別にもう一台docomoを利用していますが
通信速度はdocomoと変わりません。
月額1000円でデータ通信量の繰り越しサービス利用で
docomoと同程度の品質なのでたいへん満足しています。

楽天市場利用時にも特典がたくさんあるので
楽天市場をよく利用される方は楽天モバイルで
間違いないのではないでしょうか。

楽天モバイルの料金プランの口コミ

・速度は出ません。そこを割り切れるかどうか

3.1GBプランが月額1000円で利用できるのは大変魅力です。
データ通信プランなら月額1000円程度で利用出来て繰り越しも可能です。
今の使い方は会社の資料のPDFファイルをダウンロードする程度なので
毎月容量が余るほどです。

iPad proのSIMフリー機にさしてタブレットで利用していますが
今のところ問題ありません。

月額料金の安さはたいへん魅力でタブレットでの利用も問題ありません。
ただ、通信速度についてはある程度の割り切りが必要です。
3.1GBプランは3日間の通信上限があるので
上手に1日当たりの通信量を節約する事が肝心です。

別途wifi環境などがあると使いやすさが格段に上昇すると思われます。

・楽天ユーザーはメリットが多い

月額1600円程度で3.1GBプランを利用しています。

毎月楽天市場で数万円の買い物をしているため
楽天ポイントが常時プラス1%されるのは大きいです。

5万円買い物をするだけでおよそ500円分のポイントが付くので
私は実質3.1GBプランを1000円程度で利用している事になります。

私のように毎月数万円を楽天市場で利用されている方は
かなり料金的にもメリットが大きいように思います。

・月額料金が安いので自分のテザリング用に契約

WiMAXを利用しているのですが家族が動画をよく見るので
通信制限を受けてしまうので自分用にデータ通信プラン3.1GBプランを
契約しました。

テザリングが無料で利用出来て月額1000円なので
とても重宝しています。

通話用のガラケーとは別にデータ通信プランを契約しましたが
通信制限の問題を解決できたのでとても満足しています。

また月額料金も安く家計に大きな打撃を与えない点もうれしいです。

楽天モバイルで購入できるSIMフリー端末の口コミは?

富士通 arrows m03の口コミ


・まぁまぁ満足しています。

以前はauでXperiaZ3を利用していました。
XperiaZ3と比べるとレスポンスなど多少遅いかなと感じてしまいますが
防水・防塵機能さらにお財布ケータイ機能にワンセグと
かなり便利な機能が搭載されて3万円程度の価格は
お財布にとてもやさしいと思います。

レスポンス以外は少し前機種より落ちますが
おおむね良い端末ではないでしょうか。

・性能は十分だと思います。

初めてアドロイド端末を購入しました。
SIMの設定も案内書通りで簡単にできました。

日本メーカーである富士通の端末である事と
価格もお手頃で端末が置いてある実店舗で触ってみてから
画面の大きさ、カメラ性能などを確認して購入しました。

arrows m03は軽くてサクサクとした動きに3万円台とは
思えないほどでした。

個人的には指紋認証もあれば完璧でしたが
防水・防塵機能にワンセグ、おサイフケータイ機能搭載で
たいへん満足しています。

富士通 arrows m02の口コミ

・用途しだいでは第1候補になる

arrows m02の最大の売りはdocomo、au回線が利用できる事です。

3万円程度の料金ならもっとスペックの良い
ファーウェイのP9liteやhonor8などもありますが
お手頃価格で防水・防塵機能やお財布機能が利用できます。

私はSuicaをよく利用するのでおサイフケータイ機能必須でしたが
お財布機能が利用したい方は第1候補に上がると思います。

楽天モバイルなら半額以下で購入できる場合もありますし
通常価格よりもお得に購入できる事が多いです。

スペック的には物足りませんが通常利用なら問題ありません。
ポケモンGOなどのスマホゲームも遊べます。

またバッテリー性能が優秀でバッテリー性能が気になる方は
安心して頂いて良いと思います。

・ゲームしないFeliCa使いたい方なら

楽天モバイルなら1万円台で購入できます。
arrows m02のおサイフケータイ機能はSuicaやID、WAONや楽天edyなどが
簡単設定ですぐに利用する事ができます。

ただスマホゲームはスペック的に難しいかもしれません。
一応ポケモンGO対応機種となっていますが。

国産メーカーという安心感もあるので
修理など迅速に対応してくれます。
auとdocomoに対応しているので格安SIMキャリア変更にも対応しています。

個人的には地味ですがストラップホールがうれしかったです。

ASUS Zenfone3の口コミ


・完成度の高い端末

Zenfone3の表・裏面ともにガラスコーティングが施されて
高級感があります。

カメラの出っ張りが少し気になりますがなにより
レスポンスがとても素晴らしいです。

動画の再生はもちろんアプリの挙動や
電子書籍系のアプリなど重いデータもサクサクと
表示してくれます。

カメラ性能もオートフォーカスが優秀で
ネットで酷評されるほどとは感じませんでした。

この価格帯でスペック的に問題ありませんが
スピーカーが少しこもった感じがする事、
wifiやBluetoothなどの接続が弱いかなといった印象です。
買って損はない端末だと思います。

・iPhoneから買い換えました。

格安SIMで利用したいためにiPhone5sから買い換えました。

ネットでの評判通りレスポンスや指紋認証、ボタン操作、
ASUSのメニュー画面など使いやすくてとても満足しています。

iPhone5sよりも画面が大型になってしまいましたが
これからのスマホは画面が大きくなっていく傾向なので
仕方がないとあきらめました。

iPhone5sよりも一回り程度画面が大きくなりましたが
持ちやすく今のところ、画面が見やすくなったという
良い所しかありません。

今までのandroid端末は外ればかりだったのですが
ようやく当たり機種にたどり着いた印象です。

これから大事に利用したいと思います。

Huawei P9 SIMフリーの口コミ


・データ通信での利用です。

電話機能は利用していませんが
ソフトバンクからMVNO用に購入しました。

Huawei P9はカメラ性能が驚くほどで
iPhone5sと比べると写真のクリアさが違います。

端末としての使用感も直感的で使いやすいです。
余計なアプリも入っておらず好印象。

iPhoneで使っていたアドレス帳のデータ移動に多少不安がありましたが
Vcardで書き出し→読み込みで問題なくデータ移行できました。

・おすすめの端末!

Huawei P9 SIMフリーは2.5GHz×4、1.8GHz×4のオクタコアで
スマホゲームもサクサク動きます。

動作がきついスマホゲームでも解像度を落としてあげると
とても軽くなって気軽に遊べるようになりました。

LINEなどの通知が来ないといったネットの情報がありましたが
私は問題なく受信できています。

・iPhoneを超えたかも

iPhoneのOSっぽいUIという事もあるでしょうが
画面、応答性、操作性など初めてiPhoneを超えたのではないかという
android端末に出会う事ができました。

そしてカメラも性能も抜群です。

写真をよく利用する事が多い方なら
間違いなく最高の端末だと思います。

サイズ感も丁度良く、スピーカーもiPhone並みに
良い音質だと感じました。

Huawei P9 LITE SIMフリーの口コミ


・コスパ最強の良端末!

3万円以下でオクタコア採用のHuawei P9 LITEはかなりおすすめです。
Huawei P9の4×2.5GHz、4×1.8GHzのオクタコアには性能で劣りますが

それでも2.0GHz×4、1.7GHz×4オクタコアはとてもサクサク
機敏にレスポンスを返してくれます。

私は海外ですんでいるのでSIMフリー端末である事と
デュアルSIM対応はとても助かっています。

ミドルスペックなのに性能は素晴らしく
バッテリー性能もゲームをしていると減りは早いですが
1日しっかりと持ってくれます。

国産メーカーなどのこだわりがない方におすすめの
コスパ最高端末だと思いますよ。

・価格機能デザインで大満足

今までの国産メーカーや大手キャリアの端末がぼったくり
だったのではないかと思うスマートフォンですが
Huawei P9 LITE SIMフリーは3万円以下の価格なのに
価格や機能、デザイン面ですべて満足しています。
もっと早く乗り換えればよかった。

個人的に気に入ったのは指紋認証とバッテリー性能です。
利用状況から指紋認証は必須だったので重宝しています。
両手の人差し指を登録し片手でも操作できるようにしました。

またバッテリー性能も1日アプリを動かしていても
バッテリーが切れないのでとても助かっています。

Huawei honor 8 SIMフリー


・楽天モバイル独占モデル

XperiaZ3が壊れたのでdocomoから格安SIMへと変更しました。
Huawei honor 8はおサイフケータイ機能や防水・防塵ではありませんが
金額的にとてもお得だと思い購入しました。

端末デザインもとてもスタイリッシュで洗練されています。
特に背面部分のカメラの出っ張りもなくフラットで
とてもかっこいいです。

また背面の指紋認証が最高ですこし触れただけで
素晴らしいレスポンスで認証→画面起動してくれます。
今までのスマホ起動はパターンロックを利用していましたが
指紋認証の利便性にはびっくりしてしまいました。

またバッテリー性能も前機種では30%程度だったのが
1日終わりでも50%は残っています。

総合的に見ても非常に完成度の高さを感じる端末となっています。
基本性能もXperiaZ3よりも上となっています。

Huawei honor 8は指紋認証・カメラ・完成度がとても
高い端末だと思います。

・Nexus5から買い換えました。

2年前から利用しているNexus5がそろそろ買い替え時期となり
以前から興味のあったHuawei honor 8を購入してみました。

Nexus5と同程度の価格帯ながらアプリをたくさん開いても
素晴らしいレスポンスです。

カメラもプロモードで細かい設定が出来るので楽しいです。
3Dのスマホゲームには若干弱い印象を受けましたが
ブラウジングだけであればiPhone7よりも勝る
レスポンスを体感できます。

購入してよかったと思える端末は久しぶりです。

SHARP AQUOS SH-RM02の口コミ

・使用感は大満足

今までdocomoのSH-06Eを利用していましたが
OSに対応していないアプリが増えてきたので買い換えました。

画面が5インチながら以前使っていた4.8インチと比べても
そこまで大きさが変わった印象はありませんでした。

ワンセグなどのテレビ機能はついていませんが
おサイフケータイ機能がプリインストールされ
防水機能も搭載されています。

普通に使用する分には問題ないスペックだとおもいます。
クアッドコア採用で動作もサクサクで快適です。

・2万円台なら買いの端末

楽天モバイルで1万円台で購入できるので
お財布ケータイ機能目的に購入しました。

arrows m02と迷いましたがarrowsm02は液晶の耐久性の問題がありそうだったので
AQUOS SH-RM02にしました。

バッテリー性能も良く2万円台以下なら買いの端末だと思います。
総じて欠点はありませんがシャープはOSアップデートに消極的で
長くは使えないかと思います。

防水・おサイフケータイ機能付きで
液晶の耐久度も高いので楽天モバイルでarrowsm02と同程度の価格帯なら
AQUOS SH-RM02をおすすめします。

ZenfoneGOの口コミ

・総合的に満足していますがGPS性能に難あり。

Xperiaからの買い替えですが
高くても2万円台で探していてZenfoneGOにたどり着きました。

楽天モバイルなら1万円以下で購入できたので
たいへん満足しています。

ネットの情報でGPSや位置情報の性能が悪い事は知っていましたが
以前使っていた端末と比べると雲泥の差で使いやすいです。

液晶を見ていても疲れないし動画も処理落ちしません。
しかも軽いです。

ただGPSの性能は悪いです。
位置情報やGPS性能を度外視して安い買い物と
割り切って購入するならありだと思いますよ。

・安かろう悪かろうではない

Zenfone5が故障したので乗り換えで
ZenfoneGOを購入しました。

Zenfone5はバッテリー性能が優秀で
ヘビーに利用しない場合は3日ほどバッテリーが持ちました。
このZenfoneGOも同様のバッテリー性能でとても満足しています。

ASUSでは初心者向けの端末としておすすめらしいですが
ヘビーな使い方をしない方なら初心でなくても
おすすめだと思いますよ。

ZenFone2 Laserの口コミ

・入門モデルとしては最適の1台

ZenFone2 Laserは価格も安く初めて格安SIMを購入される方に
ぴったりのSIMフリー端末だと思います。

廉価版としては液晶もきれいだし
画面タッチの反応も良好です。

バッテリー性能も良く、カメラフォーカスも優秀です。

スペック的には最新端末と比べると1枚も2枚も劣りますが
初めてSIMフリー端末を購入されるなら
ZenFone2 Laserはぴったりだと思いますよ。

・まだまだ現役

Zenfone3が販売となりましたがandroid6.0にもアップデートできるし
バッテリーやCPUも最低限の性能が確保されています。

スマホゲームなどでの利用は厳しい面もありますが
LINEやまとめアプリ程度なら問題なく利用できます。

古い端末やお安い価格帯でSIMフリー端末を探している方には
買い替え候補としてはかなり魅力的な端末だと思います。

スマホゲームなどあまり遊ばず
通常のweb検索や動画閲覧程度なら問題なく利用できるので
初めてSIMフリー端末を購入される方にもおすすめの
端末だと思いますよ。

楽天モバイルのおすすめスマホはこれ!

Zenfone3がおすすめの理由と本体価格



Zenfone3がおすすめの理由はなんといても
そのCPUとスペックの高さです。

Zenfone3のCPUは2.0GHzのオクタコア搭載で
レスポンスはiPhone並みとなっています。

また1台で音声通話SIMとデータ通信SIMの2枚のSIMを挿入する事ができるので
大手キャリアの音声通話SIMと楽天モバイルデータ通信SIMといった
利用方法が可能となっています。

通常なら大手キャリアガラケーとスマートフォンの2台持ちとなって
しまう場合でもZenfone3なら1台で2役の活躍をしてくれます。

さらにZenfone3の背面には指紋認証機能が搭載されているので
すばやくロック画面を解除する事ができます。

指紋認証センサーにはカメラの起動や自撮り用のシャッターなど
色々便利に使える操作が可能となっています。

Zenfone3の本体価格は4万程度となっています。

楽天モバイルではweb限定で日本版Zenfone3がお得に購入できます。
タイミングが良ければ1万円引きで購入できるので
Zenfone3を狙っている方は要チェックとなっています。

Zenfone3の評判・評価は?

・日本版はやや高めの価格設定

台湾版と日本版では1万円程度の価格差があります。

楽天モバイルでは台湾版と同程度の価格で購入できるのでお得です。
デザイン面はとても高級感があり格安スマホとは思えないほどです。

レスポンスがとてもよくiPodtouchの最新モデルを利用していますが
それ以上の反応速度があるように感じます。

やはり台湾版と日本版の価格差が気になるところです。
楽天モバイルなら価格差を埋めてさらに保証付きと
たいへんお得に購入できますが日本版との価格差は少し
納得がいかないですね。

・完成度はかなり高い

世界基準で作られているZenfone3なので
完成度はかなり高くミドルクラスでは満足のいく
スマートフォンとなっています。

ただ、デザインはガラスコーティングのようで
高級感がありますが背面のカメラの出っ張りが気になります。

平らな場所に置いた場合など少しがたついてしまうので
少し大きめのスマホカバーが必要かもしれません。

トータル的にみてかなり完成度の高い端末だと思います。
SIMが2枚挿せるデュアルSIM対応もポイントが高いです。

Zenfone3のスマホケース・保護フィルムは?

Zenfone3のスマホケース、保護フィルムは申し込み時に
同時注文が可能となっています。

包み込むタイプのスマホカバーは1500円程度
手帳タイプが2500円から3000円程度となっています。
※税込みで計算した場合です。

フィルムは液晶フィルムが1500円、ガラスコートが3000円程度となっています。

個人的には格安スマホでは手帳型ケースとガラスコートフィルムがおすすめです。
ただ色も黒・灰・茶系統が多く料金が6000円程度かかってきてしまうので
ピンクや青などのケースが良い方はアマゾンで購入しても良いと思います。

アマゾンなら手帳型ケースが1600円程度


amazonでのご購入はこちら

液晶保護ガラスフィルムが1500円程度と同時購入の半額で購入できます。

amazonでのご購入はこちら

楽天モバイルの申し込み時に同時購入できるスマホケース・フィルムも
お買い得ですが料金を抑えたい方はアマゾンを検討してくださいね。

Zenfone3のサポートは?

楽天モバイルで購入したZenfone3のサポートは
端末の操作・設定・修理などはASUSのコールセンターで対応してもらいます。
修理の場合も同様です。

またメールフォームからのお問い合わせも可能となっています。

・電話でのお問い合わせ

ASUSコールセンター
電話番号:固定電話からのご利用 0800-123-2787(通話料無料)
携帯電話・PHSなどからのご利用 0570-783-886(通話料はお客様負担です。)
受付時間:平日 9:00~18:00受付時間:土日 9:00~17:00

・メールフォームでのお問い合わせ

ASUSのサポートページよりお問い合わせください
サポートページはこちら

HUAWEI P9liteがおすすめの理由と本体価格



HUAWEI P9liteの本体価格は2万9800円となっています。
楽天モバイルで端末割引キャンペーンなどが適用された場合は
半額から1万円程度の割引価格で購入できます。

HUAWEI P9liteをおすすめしたい理由は
1万5000円程度(キャンペーン適用時)の価格ながら
CPUにオクタコア・指紋認証機能を搭載している所です。

HUAWEI P9liteのスペックはさすがにZenfone3ほどではありませんが
それでもとても優秀です。

2.0GHzが4個と1.7GHzが4個の合計8つのCPUが搭載され
かなりのレスポンススピードが実現されています。
※Zenfone3は2.0GHzが8個搭載

また指紋認証機能もとても好評で素早くロック画面から
指先を触れるだけで立ち上げる事ができます。

もちろんロック解除だけでなくカメラシャッターや
着信応答にも対応しています。

メインメモリは2GBながらバッテリー性能はZenfone3より
優秀な3000mAhが搭載されています。

またiPhoneを意識した端末デザインもカッコ良いです。
裏面はカメラの出っ張りを無くしたフラットなデザインで
机においてもがたつくことはありません。

2万円以下で購入できる端末ではかなり完成度が高い
SIMフリースマートフォンだと思いますよ。

HUAWEI P9liteの評価・評判は?

・スリムでiPhoneぽい機体デザインがかっこいい

Xperiaからの買い替えです。
iPhoneを意識したデザインはかなり完成度が高いです。

バッテリーもCPUのおかげで発熱もなく消費も少ない。
レスポンスもXperiaよりも確実に上です。

液晶に関してはXperiaの方が上ですが
それ以外の点ではHUAWEI P9liteが勝っていると思います。

欲を言えばメインメモリにもう1GBほしい所ですが
レスポンスもよくバッテリー性能も優秀でこの価格帯では最高峰だと思います。

薄利多売の良機種です。買ってよかった。

・楽天モバイルで2万円程度で購入しました。

丸みのあるデザインは持ちやすく使いやすいです。
ハイエンド譲りのカメラ・スピーカー性能は抜群です。
またバッテリー性能は特筆すべきでCPUとの相性の良さがうかがえます。

とにかくお値段に対してレスポンス・カメラ・スピーカー
安定性・品質ともにライトユーザーには最高の端末だと思います。

去年のハイエンド端末が2万円で購入できるのは素晴らしいです。
もうスマートフォンに7万円、8万円出す時代は終わったように思います。

HUAWEI P9liteのスマホケース・保護フィルムは?

HUAWEI P9liteのスマホケースは楽天モバイルの申し込みと
同時購入が可能となっています。

スマホカバーが1500円程度、
手帳型ケースが2500円程度
液晶ガラスフィルムが2000円程度となっています。

品質的にはかなり良いアクセサリーが用意されています。
お値段も品質の割にお安く提供されています。

アマゾンを購入する場合は
手帳型ケースが1580円、


amazonでのご購入はこちら

日本製のガラスフィルムが800円程度と
お得に購入できます。


amazonでのご購入はこちら

楽天モバイルで同時購入すると5000円程度
アマゾンでそろえると2500円程度でアクセサリーをそろえる事ができます。

HUAWEI P9liteのサポートは?

HUAWEI P9liteのサポートはファーウェイのコールセンターに
電話・メールで問い合わせる事ができます。

お問い合わせは端末の操作や設定、修理に対して対応してくれます。

電話でのお問い合わせ

ファーウェイコールセンター
電話番号:0120-798-288(通話料無料)
受付時間:9:00~20:00(年末年始を除く)

メールフォームでのお問い合わせ

下記メールアドレス宛にお問い合わせください。
support.jp@huawei.com

arrows M03がおすすめの理由・本体価格



外国産端末のおすすめが続いたので国産端末のおすすめをご紹介します。

それが富士通のarrows M03です。

arrows M03の本体価格は3万3000円程度となっています。
楽天モバイルでは徐々に割引キャンペーンの対象に入る事もあり
1万円程度のお値引き価格で購入する事ができます。

arrows M03のおすすめポイントは国産特有の機能が満載の所です。

防水・防塵機能やおサイフケータイ機能、ワンセグ機能が搭載されています。

特におサイフケータイ機能は使った方ならわかると通り
一度使い始めるとその便利さから手放すことが出来ません。

またワンセグ機能が格安スマホとして標準で搭載され
出先での利用はもちろん災害時などの情報を得る場合にも役立ちます。

日常使いでは防水機能は浸漬まで対応しているので
多少の水濡れではびくともしません。

反面、CPUが少しパワー不足なのが残念です。
arrows M03のCPUはクアッド1.2GHzなので4つ搭載となります。

2.0GHz~1.7GHzクラスのCPUが8つ搭載されているZenfone3やP9liteなどと比べると
レスポンスなどに格段の差がついてしまいます。

しかし日常使いではそこまでCPUパワーが必要ないのも事実です。
CPU性能以外はかなり使いやすくおサイフケータイ機能が欲しい方に
ぴったりの端末となっています。

arrows M03の評判・評価は?

・国産格安スマホとして応援したい

デザインは可もなく不可もなくといった所。
ただレスポンスは少しおっとり。
スマホゲームなどには向かないように思います。

バッテリー性能はなかなか優秀です。
このレベルで文句が出る方はモバイルバッテリーなどを
用意された方が良いと思います。

防水機能が搭載されてこの価格帯はかなり魅力ではないでしょうか。
楽天モバイルでお安く購入出来て防水・防塵機能
お財布機能搭載なので国産端末に今後も期待します。

中国系のメーカーに負けずに頑張ってほしいです。
富士通さんの今後に期待します。

・超満足しています。

前機種がへたってきたのでおサイフケータイ機能を目的に
arrows M03を購入しました。

デザイン的にも満足しています。
質感もそんなに悪くないように思います。

なによりバッテリー性能がとてもよく
前機種で2日ほどもった場合ならarrows M03は4日は持つといった
使い心地となっています。

あまりゲームはせず基本はネットとお財布機能ですが
バッテリー性能が優秀で買い換えた価値がありました。

指紋認証機能が無いのは少し不便ですが
それ以外はたいへん満足できる端末となっています。

arrows M03のスマホケース・保護フィルムは?

arrows M03のスマホケースや保護フィルムは
楽天モバイル申し込み時に同時購入が可能となっています。

さすがに国産端末ですのでアクセサリーの数が充実しています。

簡易なスマホカバーが1500円程度
手帳型ケースが2500円から3000円程度
液晶保護フィルムが2000円程度となっています。

手帳型ケースについては楽天モバイルで取り扱っている商品は
品質も良くおすすめです。

アマゾンで購入する場合は多少品質は落ちますが
それなりのお値段でそろえる事ができます。

アマゾンなら手帳型ケースが1800円程度


amazonでのご購入はこちら

ガラスコートフィルムなら800円程度で購入できます。


amazonでのご購入はこちら

また3000円程度のお値段となりますが
完全受注生産でかわいい手帳型ケースがあるのもうれしいですね。


amazonでのご購入はこちら

arrows M03のサポートは?

arrows M03のサポートは電話でのお問い合わせとなります。
購入から1年間は端末補償がついており自損出ない場合の故障なら
無料で修理が可能となっています。

サポートでは修理以外にも端末の操作や設定などの相談ができます。
オペレーターに直接相談できるのでかなり早く修理受付や設定が解決できますよ。

・電話でのお問い合わせ
富士通スマートフォン修理・相談窓口
電話番号:050-3152-2799
受付時間:9:00~18:00(システムメンテナンス日などを除く)

楽天モバイルのmnpの開通手順のご紹介!即日MNPも可能です!

楽天モバイルの即日MNPの開通方法と不通期間について

楽天モバイルのMNPの開通方法は
楽天モバイルでMNPの切り替えを行ってもらう方法と
ご自分で楽天モバイルへ電話をかけてMNPの開通設定を行う方法があります。

1つ目の楽天モバイルでMNPの開通設定を行ってもらう場合は
webから楽天モバイルにMNPを申し込みをして開通設定を行ってもらいます。

その場合は利用者が特に手続きをする必要はなく
手軽にMNPを利用できますが2日から3日の不通期間が発生します。

2つ目のご自分でMNPの開通設定を行う場合は
SIM到着後、楽天モバイルに電話をかけてMNP開通手続きをしてもらいます。
自分でMNP開通設定の手続きを行う場合は不通期間が1時間程度と
即日で開通設定が可能となります。

ただ、即日でのMNP利用は午前8時59分までに開通受付が完了した場合となり
午前9時以降に開通設定を行った場合は
翌日の開通設定となるので注意が必要です。

開通設定が完了するまでは以前のキャリアと端末を利用する事になります。

また実店舗などで直接MNPで楽天モバイルを契約する場合は
ショップ店員がすべてMNPの開通設定を行ってくれます。
ただ、ご自分のよいタイミングでなくショップの混雑具合や
店舗の営業時間内で対応してもらうためにそれなりに時間がかかります。

楽天モバイルのMNP利用手順

手順1
現在お使いのキャリアからMNP予約番号を取得します。
MNPの予約番号は15日間の有効期限があり
楽天モバイルでMNPを利用する場合は
有効期限が10日以上残っている事が条件となります。

■ docomoからMNP予約番号を取得する方法
携帯電話 151へ発信
一般電話 0120-800-000へ発信
※受付時間は9時から20時まで

パソコンから
My docomoより「各種お申し込み・お手続き」をご選択ください。

■ auからMNP予約番号を取得する方法

携帯/一般電話 0077-75470へ発信
受付時間は9時から20時

EZWeb
トップより「auお客さまサポート」をご選択ください。
その後「申し込む/変更する」をご選択ください。
受付時間9時から21時30分

■ ソフトバンクからMNP予約番号を取得する方法
携帯電話/一般電話 0800-100-5533
受付時間9時から20時

My SoftBankから
トップより「My SoftBank」をご選択ください。
その後「各種変更手続き」をご選択ください。
受付時間9時から21時30分


手順2
楽天モバイルに申し込み

不通期間があり:楽天モバイルにMNPをお願いする
web申し込み時に同時申し込みが可能となっています。

不通期間なし:申し込み時に自分で開通設定を行うを選択します。
SIM到着後楽天モバイル開通受付センターに
お使いのMNP対象電話番号から開通受付センターに連絡します。

楽天モバイル開通受付センター : 0800-805-1111 ※通話料無料

楽天モバイル開通受付センターに連絡後
午前8:59までに開通受付が完了した場合 当日の9:00~21:00に切替
午前9:00以降に開通受付が完了した場合 翌日の9:00~21:00に切替
となります。

転出元の契約はMNPの開通手続きが完了した時点で
自動解約となります。

楽天モバイルのMNP時の手数料・料金はいくらかかる?

楽天モバイルでMNPを利用した転入の場合
手数料が3000円必要となります。

転出元のキャリアでMNPの予約番号の発行に料金はかかりません。

MNP利用時には事務手数料の3000円のみが自己負担となります。

楽天モバイルにMNPする場合ベストなタイミングは?

楽天モバイルにMNPする場合のタイミングは
大手キャリアなどで2年縛りの解約月がベストとなります。

大手キャリアでは2年ごとの縛り期間のある契約となっています。
2年縛りの契約は2年目終了月から2ヶ月の間が解約月となります。

解約月のタイミングは個人が契約したタイミングにより
人それぞれとなるので大手キャリアでの解約月を
しっかりと確認しておくことが重要です。

解約月以外でもMNPでの転出は可能となっていますが
1万円程度の契約解除料金が発生します。

また契約から最初の2年間は端末代金の残債などが
残っている場合があるのでそちらもしっかりと確認をとるようにしましょう。

楽天モバイルからMNPで他社へ転出する方法は?

楽天モバイルから他社キャリアへMNPで転出する場合は
楽天モバイルのマイページ(メンバーズステーション)から
MNP予約番号の発行手続きを行います。

MNP予約番号の発行は申し込みから2日から3日後に発行となるので
同じくマイページから確認する事になります。

大手キャリアでのMNP予約番号はすぐに発行されましたが
楽天モバイルでは最短で2日後となります。

MNPの予約番号は15日間の有効期限あるので
申し込み後は忘れずに確認をとるようにしましょう

またMNP転出時に3000円の転出料金が発生します。
この転出料金は楽天モバイルに支払う転出料金となるので
転出料金が発生する事もしっかりと覚えておいてくださいね。

楽天モバイルにMNPで転入する場合特典はあるの?



楽天モバイルへMNPを利用した申し込みの特典などは
今のところありません。

ただ、他社解約料金負担キャンペーンといったポイントプレゼントはあります。
終了時期は未定となっていますが5000ポイントがプレゼントされます。

キャンペーンの対象条件は端末が用意されている事と
通話SIMと5分間かけ放題オプションに加入する事です。



通話SIMの契約なので最低利用期間は12ヶ月となります。

また楽天モバイルの機種割引キャンペーンとの併用はできないので
その点だけご注意くださいね。

楽天モバイルでは申し込み時にSIMフリー端末の大幅な値引き購入が
すでに実施されているため大手キャリアのように端末代金がお得になったり
数万円のキャッシュバックなどは用意されていません。

少し残念ではありますが
初月無料キャンペーンや大幅な端末のお値引きで我慢してくださいね。

楽天モバイルはMNP弾に使えるの?

楽天モバイルでMNP弾を作る場合は自己責任と前置きさせて頂きますが

初期費用
契約事務手数料 3000円
音声通話プラン 1250円(ベーシックプラン)
短期解約料金  9800円
MNP転出料金   3000円
合計      1万7050円

初期費用で税込みで1万8414円かかります。

楽天モバイルはdocomo系のMVNOとなるので
MNPの転出先はauとなります。

なんとも初期投資が高くなりますが一応MNP弾の作成は可能です。

またSIMと同時購入できるお得なSIMフリー端末を
ヤフオクやアマゾンマーケットプレイスで販売すると
初期費用が安く抑えられます。

例えば2016年12月のarrows m02の同時購入価格は一括6980円となっています。
税込みで7500円程度です。



アマゾンマケプレやヤフオクなら2万2000円程度で売れるので
手数料を差し引いても1万6000円程度は手元に残ります。

その場合は2000円程度でMNP弾が作れる計算となります。
かなり安いMNP弾となりますね。

しかし楽天モバイルも細かい規約が色々増えてきているので
端末転売MNP弾作成がいつまで利用できるかわかりません。

またMVNOからのMNPのキャッシュバックや一括0円利用は無理だと
断られる場合もあるでしょう。

※といってもdocomoからのMNP予約番号と楽天モバイルのMNP予約番号の
見分けがつかないため自分から言わなければ大丈夫でしょうが・・・

楽天モバイルを利用したMNP弾はお得な端末がある場合に
かなりお安く作る事ができますが私自身がMNP弾の理解が浅いため推奨はできません。

MNP弾だと一括0円iPhone6s(5万円相当)あたりが
au即解除9800円とMNP弾作成費用2000円の1万2000円程度で手に入る計算でしょうか。
最低でも3万円程度の利益+キャッシュバックもあるのかな?

まぁこんな方法もあるんだ程度の認識でお願いしますね。

楽天モバイルは店舗で契約できる?キャンペーンはどうなる?



楽天モバイルで大手家電や楽天モバイルキャリアショップでも
申し込みが可能となっています。

実店舗での申し込みは基本初期設定やMNP開通手続きのみとなっており
アドレス帳のデータ移行などはご自身で行って頂くことになります。

実店舗でのMNP開通手続きは即日利用可能となっています。

また営業時間はそれぞれの店舗の営業時間内となり
ネットからの申し込みのように夜遅くや早朝などに利用する事ができません。

日曜・祝日などは混雑が予想されかなり待たされる事も
覚悟しなければなりません。

実店舗でスムーズに契約したい場合は平日の開店直後などが
ねらい目となります。

楽天モバイルの実店舗でキャンペーンは利用できる?

楽天モバイルでは実店舗でもネット同様にキャンペーンが利用できます。

多くのキャンペーンは実店舗でも利用できますが
ネット限定のキャンペーンも開催されています。

ネット限定のキャンペーンは主に最新モデルに対する割引となっていますが
最新モデルを割引価格で購入したい場合はネットからの申し込みが必要となります。



ネット限定の割引キャンペーンは
キャンペーンページなどから確認する事ができます。

楽天モバイルの全国の取扱店舗一覧はどこを見ればよい?



楽天モバイルの取り扱い店舗はトップページの
店舗ページから一覧を確認する事ができます。

大阪 宮城 千葉 静岡 福岡 名古屋 東京 兵庫 広島では
楽天モバイル専用のキャリアショップがあります。

その他全国のジョーシンやケーズデンキ、エディオン、モバワンなどの家電量販店や
ショッピングセンターで楽天モバイルの取り扱いが行われています。

楽天モバイルキャリアショップ一覧



■ 宮城県

楽天モバイル 仙台駅前店

営業時間10:00~20:00
〒980-8466
宮城県仙台市青葉区中央1丁目9-33 さくら野百貨店 仙台店 1F
「仙台駅」西口より徒歩3分

■ 東京都

楽天モバイル 銀座店

営業時間10:00~20:00
〒104-0061
東京都中央区銀座5丁目1 銀座ファイブ 1F
「銀座駅」より徒歩1分、「日比谷駅」より徒歩2分

楽天カフェ 渋谷公園通り店

営業時間10:00~20:30
〒150-0041
東京都渋谷区神南1丁目20-6 マ・メゾンしぶや公園通りビル 1F
「渋谷駅」より徒歩5分

楽天カフェ 二子玉川ライズ S.C.店

営業時間10:00~20:30
〒158-0094
東京都世田谷区玉川1丁目14-1
二子玉川ライズ・ショッピングセンター
テラスマーケットE2020
「二子玉川駅」より徒歩4分

楽天モバイル 池袋 サンシャイン通り店

営業時間10:00~20:00
〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目14-11 小松ビル1・2F

楽天モバイル 立川フロム中武店

営業時間10:00~20:00
〒190-0012
東京都立川市曙町2丁目11-2 フロム中武1F

■ 千葉県

楽天モバイル 柏 高島屋ステーションモール店

営業時間10:00~21:00
〒277-8550
千葉県柏市末広町1丁目1 S館専門店 6F

■ 愛知県

楽天モバイル 名古屋栄店

営業時間10:00~20:30
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3丁目5-12先
地下鉄栄森の地下街中央一番街 26・27番

「栄駅」中改札出てすぐ、「栄町」駅より徒歩3分

■ 静岡県

楽天モバイル 新静岡 駅前店

営業時間10:00~20:00
〒420-0017
静岡県静岡市葵区 伝馬町1丁目10 大作ビル 1F

■ 大阪府

楽天モバイル 心斎橋店

営業時間10:00~20:30
〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場4丁目 長堀地下街 6号

「心斎橋駅」2番出口より徒歩1分

■ 兵庫県

楽天モバイル 神戸三宮店

営業時間10:00~20:30
〒650-0021
兵庫県神戸市中央区三宮町2丁目10-7 グレースコウベビル 1F

「三ノ宮駅」「神戸三宮駅」「三宮駅」「元町駅」より徒歩5分

楽天モバイル 姫路 グランフェスタ店

営業時間10:00~20:00
〒670-0927
兵庫県姫路市駅前町188-1 グランフェスタ1番館 1番街 E区画

■ 広島県

楽天モバイル 広島 ゆめタウン広島店

営業時間10:00~22:00
〒734-0007
広島県広島市南区皆実町2丁目8-17

■ 福岡県

楽天モバイル 福岡天神地下街店

営業時間10:00~20:00
〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2丁目地下1号019

天神駅 徒歩6分、天神南駅 徒歩1分

楽天モバイルの解約方法と注意点は?

楽天モバイルの解約方法は?SIM返却は必要なの?

楽天モバイルの解約方法は楽天モバイルカスタマーセンターに
電話をしても解約となります。

楽天モバイルのマイページ(メンバーズステーション)からの
解約はできず電話のみの受付となります。

また楽天モバイルの解約時はSIMの返却が必要です。

罰則規定などは確認できませんでしたが
3000円のSIM代金を請求されたる場合もあるのでお問い合わせ番号のついた
配達記録のある返却方法で返送するようにしましょう。

SIMの返送料金は自己負担となります。

■ 解約時の電話はこちら
楽天モバイルカスタマーセンター
【お問い合わせ先】 0800-6000-100(通話料無料)
【受付時間】 9:00 – 18:00(年中無休)

■ SIMの返却先はこちら

2015年10月6日以降にWebでお申し込みの方の返却先
〒107-0052
東京都港区赤坂4-2-19 赤坂SHASTA・EAST 5F
楽天モバイルSIM返却係

2015年10月6日以降に店舗でお申し込みの方の返却先
楽天モバイルカスタマーセンターにお問い合わせください。

2015年10月5日以前にお申し込みの方の返却先
〒338-0824
埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1
物流センターSIM返却係

楽天モバイルの解約のタイミングはいつが良いの?

楽天モバイルの解約のタイミングは15日までとなっています。

楽天モバイルでは15日を過ぎると翌月分も契約更新するとみなされ
翌月分の月額料金が発生します。

16日以降に解約すると来月分の請求も来るので
デッドラインは15日までと考えて余裕をもって解約するようにしましょう。

またオプションの解約やプラン変更などは25日が締め日となっています。
25日を過ぎてからオプションの解約やプラン変更を行うと
翌々月に適用となるのでこちらも合わせて覚えておくとよいでしょう。

楽天モバイルの解約は解約金や違約金はある?



楽天モバイルを解約する場合9800円から1万2000円の
契約解除料金が発生する場合があります。

解約金が発生するのは
音声通話プラン、コミコミプランとなっています。

音声通話プランは契約から12ヶ月の最低利用期間があります。
この12ヶ月以内に解約した場合に9800円の契約解除手数料がかかります。

また24ヶ月の最低利用期間のあるコミコミプランでは
24ヶ月以内での解約は1万2000円の解約解除手数料がかかります。

その他データ通信プランでは基本解約金はかかりませんが
ポイントプレゼントキャンペーンなどを利用した場合は
6ヶ月の最低利用期間とともに6ヶ月以内の解約の場合9800円の
契約解除手数料が発生する場合があります。

【おまけ】楽天モバイルは他社キャリアの解約金の負担はしてくれるの?



楽天モバイルでは2016年10月19日から終了日未定で
解約金5000円負担キャンペーンを開催しています。

解約金5000円負担キャンペーンは
音声通話SIMと5分間かけ放題オプションの加入と

また楽天モバイルで利用できる端末をすでにお持ちの方という
2つの条件があります。

すでに端末をお持ちの方ならだれでも申し込みが可能なキャンペーンですので
条件に合えばぜひ利用してみてくださいね。

キャンペーンはトップページからキャンペーンを選択し
5000円相当のプレゼントを選択してくださいね。

楽天モバイルでメールアドレスはどうなるの?

楽天モバイルを利用する場合、
大手キャリアなどから移行すると以前使っていた
大手キャリアのメールアドレスは利用出来なくなります。

主にdocomo.ne.jpやezwebやsoftbankといったメールアドレスが
利用出来なくなりますが楽天モバイルを利用する場合は

楽天モバイル専用のキャリアメールを利用する方法と
Gmailを利用する方法があります。

それでは楽天モバイルのキャリアメールと
Gmailについてご紹介します。

楽天モバイルのキャリアメールってどんなの?



楽天モバイルで利用できるキャリアメールは@rakuten.jpが付く
メールアドレスとなります。

利用料金は無料となっています。

楽天モバイルの利用・開通設定後、メンバーズステーションから
楽天メールの利用登録が可能となります。

使用感はキャリアメールとほとんど変わらず
メールアプリなどに登録して利用可能となります。

楽天メールのアドレスは一つの回線につき1つまで利用できます。
注意点はキャリアメール同様楽天モバイルを解約すると利用不可となる点です

楽天メール利用登録手順

手順1
メンバーズステーションから楽天メール登録を選択する



手順2
画面下部のメールアドレス設定欄に任意のメールアドレスを入力



手順3
メールアドレス入力後、お申し込みをクリックする
※楽天メールの初期パスワードはメンバーズステーションと同じとなります。

Gmailってなんだ?取得・設定方法は?



楽天モバイルでは専用のキャリアメールが用意されていますが
楽天モバイルをはじめ格安SIMキャリアで人気なのがGmailを利用する事です。

GmailはGoogleが提供しているサービスで無料で利用できます。
Gmailはほぼすべてのメールアプリで利用する事が出来、
端末に入っているアドレス帳のデータをネット上にバックアップしてくれます。

バックアップはフォルダごと保存できるので
端末の変更があった場合でもアドレス帳データをすぐに
復元する事ができるのでとても便利です。

楽天モバイルを利用する場合はもちろん
他社キャリアでも便利に利用できるので私はGmailの利用をお勧めしています。

Gmail取得方法はグーグルアカウント画面を入力するだけで
簡単に作成する事ができます。

■ グーグルアカウント作成はこちら

Gmail取得後、スマートフォンに登録すればすぐに
同期が開始され同期完了後、電話帳データがバックアップされます。

Gmailはとても使いやすいので是非利用してみてくださいね。

楽天モバイルは遅いの?



楽天モバイルの口コミでたびたび目にする通信速度が遅いですが
楽天モバイルではお昼の時間帯の通信速度は確かに遅いです。

ただお昼の時間帯に通信速度が低下するのは楽天モバイルに限らず
ほぼすべての格安SIMキャリアで確認できている格安SIM自体の
デメリットとなります。

さきほどふらっと2016年12月14日午後14時に
楽天モバイルにテザリングでつないでいるiPhone5sで
通信速度を計測した所35Mbps以上が計測できました。

35Mbps以上で通信速度が遅いという方はいないでしょう。

ネットの口コミなどでは通信速度が遅いと評判(?)の
楽天モバイルですが実際の利用感はそれほど遅いとは感じません。

それよりも3日間の通信上限が厳しいので
そちらを注意した方が良いでしょう。

楽天モバイルが遅くなる原因は?

楽天モバイルが遅くなる原因として主に考えられるのは
加入者増に伴ったデータ通信量の増加です。

楽天モバイルではdocomoの通信エリアを利用したMVNOの為
通信エリアはdocomo並みとなりますがデータ通信の処理は
楽天モバイルの自社設備で行っています。

そのためデータ通信の利用者が一気に増えると
楽天モバイルの通信設備に負荷がかかり通信速度が落ちてしまいます。

特にお昼の時間帯などは利用者の多くがお昼休み入る為
データ通信が一気に増えるため通信速度低下の原因になってしまいます。

また楽天モバイルでは2016年11月より新たに大容量の20GB、30GBプランを
導入し大量のデータ通信を行う利用者もとても増えています。

楽天モバイルの大容量プランは3日間の通信上限も無いため
データ通信量が増えて通信速度の低下の原因になっていると考えられます。

楽天モバイルが遅くなる原因は
利用者が一気に増える時間帯に大量のデータ通信が行われる場合と
大容量プランの利用者が大量にデータ通信を行っているのが原因となります。

通信速度の遅さにクレームを入れる前に確認しておきたい事

楽天モバイルの通信速度はお昼の通信速度以外は
平均で10Mbpsから20Mbps程度の通信速度が実測で計測されています。

この記事を書いている現在でも14時台で35Mbps以上、
15時台でも20Mbps程度の通信速度が計測されました。

しかしネットなどの口コミを見てみると常時1Mbps以下で
楽天モバイルは遅すぎるといった書き込みを目にすることがあります。

そんな方に確認して頂きたいのは
1つ目は低速モードがONになっていないか
2つ目は3日間の通信上限にかかり通信制限を受けていないかです。

1つ目の低速モードについて
楽天モバイルはデータ通信量の節約の為に
高速通信をOFFにして200kbpsの通信速度となる低速モードが利用できます。

この低速モードはアプリから簡単にON/OFFが変えられるので
気付かないうちにONになっている可能性があります。

また3日間の通信上限にひっかかり通信制限を受けている可能性もあります。
通信制限を受けている場合はこちらも通信速度が200kbpsに制限されるので
かなりストレスのある通信速度となってしまいます。

通信制限の確認は専用のアプリで簡単に確認できるので
通信速度が異常に遅いと感じた場合は楽天モバイルアプリを
確認してみてくださいね。

楽天モバイルの遅い通信速度は改善はするの?

楽天モバイルでのお昼の通信速度の低下は
楽天モバイルだけでなく格安SIM全体のデメリットとなっています。

2016年の12月では大容量プランの利用者も増えたので
お昼以外の通信速度も不安定になっていました。

しかし2016年の12月の中旬になると
お昼以外の時間帯も不安定だった楽天モバイルの通信速度が改善してきました。

これは楽天モバイルが日々設備増強を行っているからです。

現にさきほどささっと調べた2016年12月14日14時の通信速度は
35Mbps以上を計測できました。

楽天モバイルでは新しいサービスを提供するごとに
たびたび通信速度が不安定になる時期がありますが
しっかりと設備状況を繰り返して通信速度を改善してきているのです。

たまに通信速度がストレスとなる日もありますが
通信料金の安さと引き換えに多少は我慢する必要があると思いますよ。

そのたびに楽天モバイルの通信速度は復活しているので
安心してくださいね。

楽天モバイルの通信速度が遅くて解約したい!

楽天モバイルでは新しいプランやサービスを展開するたびに
不安定となった通信速度を改善してきた実績があります。

しかし地域によっては楽天モバイルの利用者や
データ通信を大量に行う利用者の影響で通信速度が出ない場合があります。

私の地域ではお昼以外の通信速度はとても良好ですが
ネットの報告にもあるように常時1Mbps程度といった
通信速度になってしまう地域も存在するようです。

主に都心部近くの一部地域の方が多そうですが
我慢できる範囲を超えた通信速度の場合は
キャリア変更を考えても良いかもしれません。

通信速度に定評のあるUQmobileや
お昼や利用者の多い時間帯の通信速度の改善にチャレンジしている
mineoなどがおすすめです。



手間をかけて契約した楽天モバイルを利用できないのは
たいへん残念ですが別の格安SIMを検討してみるのもありだと思いますよ。

楽天モバイルのAPNってなに?

楽天モバイルのAPNとは楽天モバイルのアクセスポイント名の略称で
格安SIMを利用する際に開通設定としてスマートフォンに登録しなければいけません。

APNの設定は
APN、ユーザー名、パスワード、認証方法と申し込み種別を
登録して確認します。

申し込み種別以外は楽天モバイルから送られてくる
SIMと一緒に同封される書類に記載されているので
その通りに登録するだけで簡単にAPN設定が完了します。

アクセスポイント情報はすべて共通となります

■ APN名
rmobile.jp
アール・エム・オー・ビー・アイ・エル・イー・ドット・ジェー・ピー
■ ユーザ名
rm
アール・エム
■ パスワード
0000
ゼロ・ゼロ・ゼロ・ゼロ

■ 認証方法
PAPまたはCHAP

以下は必要に応じて設定してください。
■ 接続方法(PDP Type)
IP接続
MCC
440
MNC
10

申し込み種別のみ記載されていませんが
別途ネットから簡単に確認できるので手順をご紹介しておきます。

楽天モバイルのAPNの申し込み種別の確認方法

手順1
楽天モバイルのメンバーズステーションにログインします。



手順2
お客様情報の確認・設定変更からご契約様情報を選択します。



手順3
申し込み種別の欄の00から始まる3ケタの数字を確認します。



これで申し込み種別の確認は終了です。

楽天モバイルのAPN設定方法

楽天モバイルの開通設定であるAPNの登録方法は
android端末とIOS端末で設定方法が異なります。

IOS端末とはiPhoneの事ですが
構成プロファイルのインストール方法はすでに紹介させて頂きましたが
改めてandroid端末と併せてご紹介します。

また申し込み種別が確認できている場合は
付属の書類に記載されているバーコードから
バーコードリーダー機能を使って簡単に設定する事も可能です。
これからご紹介するのは手動での申し込み設定となります。

楽天モバイルのiPhoneのAPN設定方法

手順1
iPhoneをwifiに接続して
safariを起動します。


手順2
申し込み種別にあった
構成プロファイルをインストールします
■003,005の方プロファイルURL:
http://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/voice.mobileconfig

■006,007の方プロファイルURL:
http://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/B_voice.mobileconfig

■008,009の方プロファイルURL:
http://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/C_voice.mobileconfig

手順3
インストール完了後、wifi接続を切り
インターネットに接続できていれば完了です。

動画はこちらです

楽天モバイルのandroidのAPN設定方法

手順1
ホーム画面の設定を選択



手順2
設定画面からモバイルネットワークを選択



手順3
モバイルネットワークからアクセスポイント名を選択



手順4
楽天モバイルのAPNが登録されている場合は
▼申し込み種別 006,007の方
「楽天モバイルB」を選択してください。

▼申し込み種別 003,005,008,009の方
「楽天モバイルC」を選択してください。

登録されていない場合は右上の(+)追加ボタンを選択し
添付の書類に記載されているAPN情報を登録します。



手順5
必要事項が登録できたらモバイルネットワークの設定に戻り
データ通信を有効にするにチェックをいれます。
ネットの接続が確認できれば設定は完了です。

動画での手順はこちらです

楽天モバイルの通信速度はどうなの?

楽天モバイルの通信速度は地域によって多少変わってきますが
都心のど真ん中などでない限り平均で10Mbps以上は
ダウンロードスピードが出ています。

お昼の通信速度は1Mbps前後となっていますが
それ以外の時間帯では15Mbps以上の通信速度が計測されています。

私が過去に楽天モバイルの通信速度を関西方面で各所計測した場合も
お昼の通信速度以外はとても良好で

ネットの口コミなどでかなり遅い通信速度が報告されていますが
2016年12月現在でそれほど遅くはありません。

午前中や14時から17時程度までは20Mbps程度は計測できていますし
お昼の通信速度の低下に我慢できるのであれば
それなりに使える通信速度であるといえます。

私の印象では口コミほどは悪くないといった所です。

楽天モバイルの通信制限ってどんなの?

楽天モバイルでは月当たりの
3.1GB、5GB、10GB、20GB、30GBのデータ通信量のほかに
3.1GBプラン/540MB、5GBプラン/1GB、10GBプラン/1.7GBの
3日間当たりの通信上限が設定されています。

この3日間当たりの通信上限を超えると翌日から
通信速度が200kbpsになる通信制限になってしまいます。

特に3.1GBプランは1日当たりですと180MBほどしか利用できず
通常使い程度でもアプリやOSの更新があると簡単に通信上限を超えてしまいます。

3.1GBプランを検討されている方は
3日間通信上限による通信制限をある程度覚悟しておかなければいけません。

楽天モバイルでは3日間のデータ通信上限が2017年3月より完全に撤廃となりました、
今まで3日間のデータ通信上限が厳しく転出された方が多かった楽天モバイルですが
使いやすさはかなり向上したといえるでしょう。

通信制限はいつまで?解除されるのは?



楽天モバイルでは月当たりのデータ通信量を使い切った場合は
翌月まで200kbpsの通信速度となります。

200Kbpsの通信速度でもかなりのアプリやサービスが利用できますが
月当たりのデータ通信量には最新の注意を払うようにしましょう。

また2017年3月より3日間のデータ通信上限が完全に撤廃となりました。
3日間の通信制限については考える必要がなく、かなり利便性が向上していますよ。

楽天モバイルの低速モードは使いやすいの?

楽天モバイルでは高速通信と低速通信の切り替えが可能となり
データ通信量の節約が可能となります。

ただその他の格安SIMキャリアの低速モードのように
低速モード利用時にデータ通信量を消費しないサービスはなく
3日間当たり、月当たりのデータ通信量をカウントします。

一応バースト転送モードのような最初の150KBほどは
高速通信でデータ通信を行っているような挙動はありますが
公式に発表はされていません。

楽天モバイルの低速モードは一応用意されていますが
データ通信量がカウントされるのでデータ通信量の節約には
役には立たない低速モードとなっています。

楽天モバイルの通信速度の口コミ・評判は?

・テザリングで利用しています。

LTE電波を利用できる地域で利用しています。
大体0.1Mbpsから20Mbpsの範囲の通信速度となっています。
休日や平日のお昼の時間帯、夜は通信速度が遅くなっています。

・料金が安くなりました。

docomoと比べてもそん色有りません。
ポケモンGOでは遅いですが回線のせいではなく
ゲームのサーバーの問題だと思います。
大手キャリアのdocomoやauでも同じでしたから

・通信速度には不満が残ります

私の利用している環境ではとにかく遅いと感じます。
LTE回線を利用したアプリのインストールもかなり時間がかかり
通信制限を受けているのではと疑ってしまうほどです。
wifiをうまく使って利用しないとストレスが溜まってしまうでしょう

・繋がりやすさに不安が残ります。

通信速度は特に問題ありません。お昼以外は。
お昼以外の通信速度はキャリアとの違いが判らないほどです。
アプリのダウンロードのwifi接続時のみに設定しているので
通信速度に不満はありません。

ただ、6月ごろに一度通信速度ものすごく低下して
スマホゲームもエラーが頻発してしまいました。
現在は回復して動画なども問題なく利用できますが
一度劇遅になったので今後の利用に不安が残ります。

・月額料金が下がったけど

会社で使用しています。
お昼の時間帯はおそらくdocomo利用者が多いため
通信速度が大幅に低下します。
キャリアスマホ優先なのは仕方のない所です。

それ以外では特に問題なく利用できています。
多少の不満は残りますが月額料金の安さから我慢かなと感じています。

楽天モバイルを初心者にお勧めする理由



楽天モバイルでは格安SIMを初めて使う方にぴったりの
格安SIMキャリアだと思います。

料金プランも大容量まで用意されていますし通信速度も優秀です。
何よりSIMフリー端末がとてもお得に購入できます。

しかも端末ラインナップが他の格安SIMキャリアと比べてもとても豊富です。

楽天モバイルでは
格安SIMの使い心地や通信速度が低下する時間帯、
データ繰り越しサービスや楽天モバイルアプリの使い方など
お得な月額料金でしっかりと勉強する事ができます。

まさに初心者にぴったりの格安SIMキャリアです。

またデータ通信SIMを利用したガラケーとの2台持ちでも使いやすいですし
SIMの申し込みと同時にSIMフリー端末をもう一台確保するのもよいでしょう。

楽天モバイルは料金プランや端末の安さ、サービスの豊富さなど
自信をもっておすすめできる格安SIMとなっていますよ!