【楽天モバイル端末補償入っていないのに!】いくらかかった?arrowsm02の液晶が壊れたから修理してみた

楽天モバイルで購入したarrows m02の液晶が壊れたので修理してみました。

しかし私は楽天モバイルの端末補償には加入していません。
楽天モバイルでスマホが壊れた時にどのように対応したかを
メモ代わりに記事にしてみました。

 

楽天モバイル申し込み


■ 楽天モバイルのメリット

  • 最大30GBまでの豊富なプランと格安の月額料金
  • すべてのプランで3日間の通信上限無し
  • 5回線まで利用できるデータ通信量シェア
  • 支払い方法に口座振替・デビットカードが可能
  • 毎日開催されている半額機種多数の割引キャンペーン
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる繰り越しサービス

お得なキャンペーンの内容は公式サイトで確認できます。

 

楽天モバイルで購入した妻のarrows m02の液晶が壊れた!

 

2016年の4月末に妻用に音声通話SIMと同時購入した
arrows m02の液晶が壊れてしまったので修理に出しました。

液晶の故障が発覚したのは仕事中にかかってきた妻からの電話でした。

 

「スマホの液晶が壊れて見えない!」

 

という超面倒くさい連絡だったのですが
当初私は屋外で液晶の明るさを最低にしてしまっているのだろうと
決めてかかっていましたが仕事終了後、妻の携帯を見るとarrows m02の液晶
上半分に黒い横線が入り下半分が白く濁りぼやっとした状態になっていました。

 

妻はこの白く濁った液晶を手探りで操作して私に電話をかけたそうです。
しかも時間が経つにつれその濁りはどんどん大きくなっていきました。

パソコンなどをよく利用される方なら
パソコンのモニターが壊れた事があると思います。

そんな方ならすぐにピンとくると思いますが

 

「これはあかんやつや・・・」のパターンでした。

 

私はてっきり機械音痴の妻が液晶の明るさを操作ミスで最低にしていたのだと
決めつけていましたが本格的に液晶が壊れてしまっている事をこの時しっかりと認識しました。

 

富士通のarrows m02は有機ELディスプレイを採用しているので
液晶が壊れやすいという口コミは何度か目にしたので

これがそうか・・・といった印象でした。

 

ちなみにarrows m03ではIP液晶が採用されているので液晶の強度はかなり向上しています。

 

 【arrowsM03ってどうなの?口コミは?】

 

楽天モバイルの端末補償に加入していない!

 

とにかく妻のスマホのスイッチを入れるたび
液晶の見えない部分が広がっているのですぐに富士通へ修理を出すことにしました。

 

ここで問題になるのは私の独断で
楽天モバイルの端末補償(月500円)に加入しなかった事です。

 

しかし私の見立てでは端末購入時についてくる
1年間の無料メーカー保証で修理が可能であると思っていました。

 

その理由は
液晶に割れなどの破損が無い事
有機ELディスプレイの修理を行った方が多数いるという口コミがあったからです。

 

楽天モバイルで端末購入時にもらった箱の中に富士通のメーカー保証書があったので
記載されていた修理窓口センターに連絡を取る事にしました。

土日祝日が休みだったので平日に連絡をしました。

 

富士通の修理窓口センターの電話番号は050-3152-2799で
楽天モバイルの5分間無料かけ放題サービスで電話を掛ける事ができました。

 

 【楽天モバイル5分間かけ放題がお得になるのはどんな人?】

 

富士通の修理窓口センターへの連絡は待たされる事もなくスムーズにつながりました。

メーカーとの主な質問とやりとりは以下の通りです。

Q.液晶の状態確認、電源操作が可能か

A.電源操作は可能、液晶は視認不可状態


Q.購入した時期

A.2016年4月購入で故障は2016年12月頃


Q.楽天モバイルの端末保証を加入しているか

A.端末補償には加入していない。


Q.スマホ修理のための受け取りに良い日時はいつか

A.仕事終わりの夜に集荷に来てもらいました。

 

気になった点はやはり料金と修理後に届くまでの日数です。

壊れたスマホの回収は日時指定で
平日の仕事終わり、ごはん時前に時間通りに集荷に来てくれました。

 

しかし富士通の修理受付センターのオペレーターが通話の最後に
メーカー保証外の場合、液晶の交換に2万9800円がかかりますと
とても不吉な事をおっしゃっていました。

 

それ新品の値段やないかーい!と

 

言いたくなりましたが我慢して了承しました。

 

端末の修理代金は0円だった!受け渡しから中2日で修理端末が到着!

 

受け渡し後はすぐに修理センターに到着したようで修理窓口は
すぐに破損確認作業に入ってくれました。
※指定のサイトから作業状態や配送状況が確認できました。

 

ここで保証外だった場合は富士通修理センターより
2万9800円かかりまーすという連絡が来るはずです。

 

しかしそんな連絡も無くすぐに修理完了→発送手続きとなっていました。

とりあえず一安心です。

 

しかも受け渡しが12月6日夜で修理完了後の到着が12月9日だったので
受け渡しから到着までたった3日ほどで修理端末が到着した事になります。

かなりの手際の良さで妻のスマホが無いストレス
あまり溜まらず色んな意味でも助かりました。

 

ちなみに今回の妻のarrows m02のメーカー保証期間は購入してから1年間。
無料での修理は自然故障に限られます

落下や水没などの場合は上記の通り、2万9800円がかかると思われます。

 

妻のarrows m02はガラス液晶フィルムと充電台に指すだけで充電が可能となる
スマホ周りを覆うだけのプラスチック製のスマホカバーを利用していましたが

また液晶部分が壊れてしまっては面倒くさい事この上ないので
手帳型のスマホケースを1000円ほどでアマゾンから購入しました。

 

私が利用している3000円クラスの手帳カバーと比べると
かなり遊び部分が少なく、スマホサイズぴったりすぎなのが気になりますが
液晶保護にはそれなりに役に立ってくれるでしょう。

※2017年7月現在妻のarrowsM02に問題はありません。

 

2016年の4月29日に購入した端末を12月6日に修理したので
利用期間はおよそ7ヶ月ほどでした。

 

端末到着後、Gmailを登録、同期ですぐに
フォルダ分けされたアドレス帳を復元する事ができました。

また妻がメインで使っている楽天edyの登録もスムーズでした。

 

初めて楽天モバイルを利用した時は2時間近くかかってアドレス帳のデータ移行
おサイフケータイの設定を行いましたがたった10分ほどで完了しました。

さすがGmailは優秀すぎますね。

 

 

楽天モバイルの端末補償の注意点は?


 

私は必要無しと判断して加入しませんでしたが
楽天モバイルの端末保証には注意点があります。

 


楽天モバイル端末補償の注意点

  • 月額500円負担のほかに液晶の修理などは別途追加で修理代金がかかる事。

 

楽天モバイルの端末補償の利用期間は今までの2年間から2017年以降の楽天モバイルの加入者は
楽天モバイル解約時までとかなり延長されました。

端末補償は毎月500円かかるので
2年間の利用を考えた場合、1万2000円かかる計算になります。

その他の格安SIMキャリアの端末補償料金を見てみると月額500円は妥当といえます。

しかし楽天モバイルでは新規申し込み時に
かなりお得にSIMフリー端末を購入する事ができます。

 

2年間で1万2000円の掛け金なら新しいSIMフリー格安スマホを購入した方が
良いのではないかという疑問が出てきます。

さらに楽天モバイルの端末補償は毎月500円の掛け金がありますが
端末修理の場合、追加で5000円程度の料金がかかります。

 

楽天モバイルの端末補償利用時の追加料金は端末ごとに変わり
追加料金4000円から7000円の間で設定されています。

妻が利用していたarrows m02の追加修理代金は4000円に設定されています。

 

端末補償時の追加料金を考えてみると2年目ぎりぎりでの端末補償利用だと
2年間1万2000+修理代金4000円の1万6000円がかかってしまう計算となります。

 

アマゾンではarrowsM02は1万8500円ほどで販売されている端末なので
同世代の機種なら1年後、2年後にアマゾンなどで新品を購入した方が
最低利用期間を気にする必要が無く使いやすいかもしれませんね。

arrowsM02お値段

 

端末補償を利用する際はおそらく購入してから半年後、1年後といったタイミングでの
端末の故障となると思いますが新モデルが発売されている可能性が高いです。

 

新モデルが発売されている場合は最低でもCPUを比較するなど
能力的に変わらないお得な端末を購入したいですね。

 

ちなみにarrowsはM02からM04まで全て同じCPUスペックなので
スペック的にはM02でもお値段も安いですしお買い得だといえます。

 

また端末補償代わりに楽天モバイルの新規申し込みは嫌だという方は
下記の記事でも紹介させて頂いていますがヤフオクなどを上手に利用すれば
arrowsM02の新品が1万2000円程度、arrowsM03が2万円程度で購入できます。

 

私がメーカー保証時に提示された利用者負担となる故障が起きた場合
2万9800円と比べるととてもお得だと思いますよ。

 


 【格安SIMの機種変更の一番お得な方法考えてみたよ!】

 

個人的な考えを言わせてもらえればAmazonやヤフオクで
お安くSIMフリー端末が購入できる事、
頑丈な手帳カバー・バンカーリングなどを利用すればかなり破損を防げる事、
1年間のメーカー保証の事を考えると計算上は端末補償に加入する必要は無いと思います。

 

ちなみに、私も妻もarrows m02は通話、メール、テザリング用の端末として使っていて
外出時のメインのデータ通信はiPhone5sとiPodtouchを利用しています。

 

私と妻のようにarrowsM02をテザリング、通話、メール専用に使って
メインのデータ通信は別端末で楽天モバイルの利用を検討されている方は
なおさら楽天モバイルの端末補償は必要ないと思いますよ。

大事に端末を利用する事を前提としてですよ!

 

 

楽天モバイルの組み合わせプラン(通常プラン)で端末補償がいらない5つの理由!

 

今回のスマートフォンの液晶故障では幸いにも
楽天モバイルの端末補償が無くても0円で修理が可能となりました。

 

富士通さんありがとうございます。

 

実際に端末補償に加入せずに端末の修理方法を行った結果、
楽天モバイルの端末補償がいらないという結論が出ました。

楽天モバイルの端末補償がいらない5つの理由

  • 最初の利用1年間はメーカーの保証が付いている事
  • スマホケース、ガラスフィルムを利用している事
  • 1年間我慢すると新品端末価格がかなり値下がりする事
  • 端末補償の利用には追加料金と月額料金が必要となる事
  • ヤフオクなどで同じ端末がかなりお得に購入できる事

 

もちろん端末補償に入る、入らないによらず3000円程度の手帳型のスマホケース
1000円程度の液晶ガラスフィルムは最低限必須だと思います。

なにより楽天モバイルなら発売から1年程度で
これらのハイスペック端末が驚くほどの低価格で購入できるようになりますからね。

 

 

 

新プラン スーパーホーダイ利用時の端末補償について

新プラン スーパーホーダイ利用時の端末補償について

 

楽天モバイルでは2017年秋より今まで用意されていた
端末と5分間かけ放題、SIMフリー端末がセットになった
コミコミプランが廃止され同じスーパーホーダイが登場しました。

 

続いてiPhoneSE、iPhone6sの取り扱いもスタートとなりました。

iPhoneSE、iPhone6sの取り扱いもスタート

 

スーパーホーダイは最低利用期間が
2年間、3年間の2種類がありそれぞれ1万円、2万円の端末割引で
お得にSIMフリー端末を購入する事ができます。

スーパーホーダイは最低利用期間

 

もちろんiPhoneシリーズでも長期利用割引が適用されます。

 

しかしスーパーホーダイの登場とともに楽天モバイルでの
一番のメリットであった組み合わせプラン(通常プラン)での
最大2万円程度の端末割引が廃止されお得に端末を購入したい方は
最低でも2年間の楽天モバイルの利用が必須となりました。

 

ここまで紹介させて頂いた私の端末補償の利用はいらないといった考え方
組み合わせプランと名前が変わった通常プラン利用時の事なので
スーパーホーダイ利用の場合は少し考え方が変わってきます。

 

1年間の利用ならともかく最大3年間の最低利用期間がある
スーパーホーダイでは購入したSIMフリー端末を利用する場合、
端末補償加入はほぼ必須であるといえます

 

特に格安スマホとよばれるSIMフリー端末は
CPUやワンセグ・おサイフケータイなどに機能特化している分
外観やボタンなどの端末耐久性はあまり重視していないように感じます。

 

文字通り使い捨てといった印象です。

 

壊れたら追加で5000円ほどで端末交換を申請するといったイメージです。

 

ただ修理屋さんがたくさんあるiPhoneに関しては端末補償は必要ないかもしれません

 

iPhoneに関してはCPUやHDDのクラッシュまでは微妙ですが
画面割れやバッテリー、ホームボタン、電源ボタンの交換まで
3000円から5000円程度で修理する事が可能だからです。

 

時間も空いている場合なら1時間から2時間ほどで済みますし
節約という面では修理屋さんを利用した方がお得だと思います。

もちろんappleケアのリフレッシュ品に端末交換も魅力的ですが・・・

 

スーパーホーダイの利用時の端末補償について

  • SIMフリー端末の場合は端末補償の加入は検討された方が良いでしょう。
  • iPhoneなら修理屋さんを利用するので加入はいらない

 

といった所でしょうか。

 

しかし通常プランでのお得なSIMフリー端末
無くなってしまったのは痛いですよね。

 

しかし安心してください。

 

対象端末は少なく、紹介ページは少し奥になりましたが
お得なSIMフリー端末はまだ楽天モバイルで用意されています。

 

次の項目で楽天モバイルで通常プランでも購入できる
お得なSIMフリー端末についてご紹介させて頂きます。

 

 

通常プランでも利用できるお得なSIMフリー端末はまだある!

 

楽天モバイルでは9割以上の端末割引が廃止され
ほぼスーパーホーダイ利用時のみ最大で2万円程度
割引が受けられるようになりました。

 

以前までの通常プランでの割引が無くなり
楽天モバイルでお得にSIMフリー端末を購入したい方
かなりがっかりしてしまったと思います。

 

そんな方にぜひチェックして頂きたいのが
楽天モバイルのキャンペーンページです。

楽天モバイルのキャンペーンページ

 

楽天モバイルのキャンペーンページには文字通り
現在利用できるキャンペーンが一覧で表示されます。

 

実はその中に通常プランでも利用できる
お得なSIMフリー端末が用意されているのです。

 

お得なSIMフリー端末が用意されている
※2017年10月ではAQUOS RM02が1万円で販売中です。

 

通常プランといっても通話SIMの利用時という事なので
12ヶ月の最低利用期間がありますが最低2年間利用よりは
全然マシだと思います。

 

楽天モバイルでは申し込み時まで
2年間以上のスーパーホーダイ推しとなっていますが
このような通常プラン利用者向けのお得なSIMフリー端末割引を
細々ながら続けていくと思います。

楽天モバイルでは申し込み時まで2年間以上のスーパーホーダイ推

 

スーパーホーダイで2年間利用は避けつつ
お得に楽天モバイルでSIMフリー端末を購入して格安SIMを始めたい方は
申し込み前に楽天モバイルキャンペーンページのチェックは必ず行ってくださいね。

 

 

楽天モバイルのスマホサポートパックについて


 

最後に楽天モバイルの端末補償と電話サポートがセットになった
スマホサポートパックについてですが

端末補償の500円とサポートの500円の合計月額1000円の所、
月額800円で利用できるお得なパックとなっています。

 

サポートといってもお使いの端末の保証書に記載されている
メーカー修理窓口に電話すれば問題なく対応してくれるので
サポートパックも特に必要はないと思います。

 

メーカー保証期間の1年が過ぎた場合でも対応してもらえると思うので
端末が壊れた場合は楽天モバイルのサポートに連絡するより
メーカーの修理窓口に連絡を入れた方が迅速に解決すると思いますよ!

 

楽天モバイル端末補償を利用せずに修理!いくらかかった?

  • 楽天モバイルでは月額500円で端末補償が受けられる
  • トータルで見ると端末補償は要らない
  • 端末が故障した場合1年間のメーカー保証、ヤフオクを利用する
  • 2017年以降の申し込みの場合は解約まで補償
  • 2016年末までの加入は2年間の補償期間となる
  • 楽天モバイルの端末補償では修理の際5000円程度の追加料金がいる
  • 端末購入時に1年間のメーカー保証がついてくる
  • 液晶割れや水没以外の故障の場合は無料で修理してくれる可能性が大きい
  • 富士通の場合、受け渡しから2日ほどで修理端末が手元に届く

 

端末補償の加入は端末購入時のみとなっており
なかなか加入の判断が難しいサービスとなっています。

私の場合はarrowsシリーズの機能を考慮した上で加入しない事を決断しましたが
今でも個人的には普通程度の利用の場合は特に加入は必要ないだろう派です。

 

ただし手帳型のスマホケースとガラスフィルムは多少高価なものを使ってくださいね。