格安SIM2台持ち大手キャリア別に完全解説!格安SIM2台持ちの利用方法をご紹介します。

格安SIMと大手キャリアのガラケー2台持ちはMNPを利用する手間や
キャリアメールアドレスの維持にとても有効な節約手段です。

格安SIMとキャリアガラケー2台持ちでどのくらい月額料金が節約できるでしょうか。

大手キャリアであるdocomo、au、ソフトバンクのガラケー最安値プランと
格安SIM2台持ちでの利用方法をキャリアごとにご紹介させて頂きます。

 

楽天モバイル申し込み


■ 楽天モバイルのメリット

  • 最大30GBまでの豊富なプランと格安の月額料金
  • すべてのプランで3日間の通信上限無し
  • 5回線まで利用できるデータ通信量シェア
  • 支払い方法に口座振替・デビットカードが可能
  • 毎日開催されている半額機種多数の割引キャンペーン
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる繰り越しサービス

お得なキャンペーンの内容は公式サイトで確認できます。

 

格安SIMと大手キャリアガラケー2台持ちならどの位安くなるの?

格安SIMと大手キャリアガラケー2台持ちならどの位安くなるの?

 

格安SIMと大手キャリアガラケーの2台持ちを考えていらっしゃる方の
目的はなんといっても月額料金の節約です。

 

現在、大手キャリアの月額料金の維持費は7000円から8000円といわれています。

 

この月額料金が格安SIMとの2台持ちなら平均で4000円前後、
あまり通話を行わない方なら2000円前後の月額料金となります。

 

格安SIM2台持ちで月額4000円という事は大手キャリアと比べて年間でおよそ3万円の節約、
月額2000円ならなんと5万円以上の節約となります。

なにより月額2000円なら格安SIMキャリア1台持ちとかわらない月額料金となります。

 

ではどのように申し込みを行えば月額4000円、月額2000円にできるのでしょうか。
月額4000円、月額2000円での格安SIMの申し込み方法をそれぞれご紹介します。

 

格安SIM2台持ちで月額4000円になるのはどんな場合?

格安SIM2台持ちで月額4000円

 

格安SIMとガラケーの2台持ちで月額4000円となるのは
通話をよく行う方で大手キャリアガラケーのかけ放題2500円と
格安SIMキャリアデータ通信のみ3GBプランを併用した場合です。

 


格安SIMと2台持ちで月額4000円になるパターン

  • 大手キャリアガラケーかけ放題 月額2500円
  • 格安SIM3GBプラン 月額1000円
  • 合計月額 3500円(税込み3780円)

 

月額4000円での維持費は主に通話をよく行う方向けの2台持ち料金となります。

 

現在大手キャリアでガラケーかけ放題プランを利用する場合
月額料金は2500円前後となっています。

また格安SIMキャリアでデータ通信のみ3GBプランを利用する場合
平均で月額1000円前後となっています。

 

格安SIMでは余ったデータ通信量を翌月へ全て繰り越す事が出来るので
ある程度余裕をもってデータ通信を行っていけば毎月4.5GB程度まで
データ通信が可能となります。

 

このガラケーかけ放題2500円と格安SIM3GBプラン1000円
併せて月額料金の合計が3500円。

消費税を合わせて3780円と月額4000円を少し切る程度となっています。

 

ちなみに音声通話SIMで24時間通話し放題が提供されている
楽天モバイルで同じプラン構成で月額料金を考えた場合月額3580円となり
何と楽天モバイルで24時間通話し放題を利用するよりも
大手キャリアガラケーと2台持ちの方が月額料金がお安くなるという結果になります。

 

楽天モバイルでの24時間かけ放題を利用した場合

  • 通話SIM3GBプラン 月額1600円
  • 24時間無料通話オプション 月額1980円
  • 合計月額 3580円(税込み3860円)

 

格安SIMではデータ通信はお安く提供されていますが
通話回線の利用に関してはほとんど値引きが無いため
格安SIMキャリア利用と言えどこのような逆転現象が起きてしまうのです。

ただ、この逆転現象は毎月2時間以上通話を利用される方のみといった
場合なので参考程度で覚えておいてくださいね。

 

格安SIM2台持ちで月額2000円になるのはどんな場合?

 

格安スマホと大手キャリアガラケーの2台持ちを利用した場合の
最安値は月額2000円程度となります。

 

格安SIM2台持ちを利用されたい方はこの辺りの月額料金が理想ではないでしょうか?

 


格安SIMとの2台持ちで月額2000円で維持できるパターン

・大手キャリアガラケー最安値プラン 月額1000円
・格安SIM3GBプラン 月額1000円
合計月額 2000円(税込み2160円)

 

プラン構成は大手キャリアのガラケー最安値プラン1000円前後と
データ通信3GBプラン月額1000円を利用するパターンで
月額料金の合計は約2000円に消費税(2160円)となります。

 

またガラケー最安値プランには無料通話がついていたりと
月に多少の通話を行う方にもガラケーと格安SIMの2台持ちはメリットとなります。

 

それでは楽天モバイルとも比較してみます。


楽天モバイルでの月額維持費

  • 音声通話SIM3GBプラン 月額1600円
  • 楽天でんわ 月額0円
  • 合計月額 1600円(税込み1728円)

 

あまり通話を行わない方の場合、格安SIMと大手キャリアガラケー2台持ちよりも
楽天モバイル1台で利用した場合の方が月額料金で2台持ちと400円程度の差額となっています。

たった400円ですがようやく格安SIMの面目躍如といった所でしょうか。

 

ただ、大手キャリアガラケー最安値プランには無料通話が数百円分ついてくるので
コストパフォーマンス的にはほとんど変わらないと言えるかもしれません。

 

ちなみに楽天モバイルの月額料金の維持費に記載されている楽天でんわというは
月額基本料金が無料で通話料金が通常の半額である30秒/10円で
通話が利用できる楽天モバイルのお得な節約サービスです。

楽天モバイルへ音声通話SIMの申し込みやMNPを検討している方
月に少しだけ通話を行う場合は無料通話オプションを付けるよりも
楽天でんわ利用がお得となります。

 

それでは各キャリアごとに格安SIM2台持ちの利用方法を詳しくご紹介していきます。
まずはdocomoから解説させて頂きます。

 

docomoでの格安SIM2台持ちの利用方法は?(目標月額料金2000円~2500円)

docomoでの格安SIM2台持ちの利用方法

 

docomoを利用しながら格安SIMでの2台持ちを行う方法は
まずdocomoブランドのガラケーを用意する必要があります。

ただdocomoに関しては月額1000円の最安値プランの利用方法は少し特殊で
タイプSSバリュープランを利用するためには3つの条件を満たした
ガラケー端末を用意する必要があります。


docomoガラケー最安値プランが利用できる条件

  • ドコモで販売されていないsimフリー端末
  • 3G通信のみが可能な端末(LTE未対応端末)
  • 技術適合マークがついている端末

 

この条件に適合したガラケーは数がかなり少なくSoftBankの740SCというガラケーとなります。
端末価格は中古5000円から新品1万3000円程度となっています。

 

 【Amazonソフトバンク 740SCはこちら】

 

また最安値プランのひとつ上のタイプSバリュープランだと月額料金が1500円程度になりますが
docomo対応のガラケーならどれでも契約する事ができるのでこちらの方が簡単かもしれません。

 

 【Amazon docomo対応のガラケーはこちら】

 

タイプSSバリュープラン、タイプSバリュープラン両方で基本料金が50%OFFとなる
ひとりでも割などの2年縛りプランでの月額料金となります。

 

docomoでの格安SIM2台持ちでの月額料金の目安は最安値プラン利用で
格安SIMと併せて月額2000円、タイプSバリュープラン利用で月額2500円となります。

別途docomoガラケーでのかけ放題オプションを利用する場合は
無料通話オプション分のお値段が上乗せとなり
月額料金の目安は4000円程度となります。

 

また2015年5月以降に販売されたdocomoブランドのスマートフォンをお持ちの方は
必ずdocomoブランドの端末のSIMロック解除は行っておいてくださいね。

iPhoneでいうとiPhone6s、iPhoneSE、iPhone7以降の端末となります。

 

docomo利用でのおすすめ格安SIMキャリアは?

docomo利用でのおすすめ格安SIM

 

docomoを利用中の方におすすめの格安SIMは楽天モバイルとなります。

 

楽天モバイルならデータ通信SIMの3GBプランが月額900円から利用できます。
データ繰り越しサービスなどを利用すれば毎月4.5GB程度まで利用できるようになります。

 

また格安SIM2台持ちを検討されている方の多くはすでに
楽天モバイルで利用できるdocomoブランドのスマートフォンをお持ちだと思いますが
楽天モバイルの一番のメリットであるSIMフリー端末の購入は必ず行ってください

 

楽天モバイルで購入するおすすめ端末はarrowsシリーズかZenfone3となります。

■ Zenfone3のキャンペーン利用価格

Zenfone3のキャンペーン利用価格

 

■ arrowsM03のキャンペーン利用価格

arrowsM03のキャンペーン利用価格

 

端末代金の費用を抑えたい方は一括1000円以下で購入できる
ZTEシリーズでも構いません。

1000円以下で購入できる<br />
ZTEシリーズ

 

すでに楽天モバイルで利用できる端末をお持ちの方に
楽天モバイルでSIMフリー端末を同時購入をおすすめする理由
現在お使いの端末の故障時のバックアップ用の為です。

おすすめさせて頂いた端末ならiPhoneなどと同じSIMサイズで利用できるので
故障や不具合が起こった場合にSIMを差し替えて使えます。

端末の故障時にすぐに端末を用意できる事はかなりのメリットだと思います。

 

また楽天モバイルでは端末割引キャンペーン利用時は最低利用期間が設定されます。
データ通信SIMで6ヶ月、音声通話SIMで12ヶ月となります。

お得にSIMフリー端末を購入した場合は最低6ヶ月は利用を続けないと
9800円の違約金が発生していしまいます。

最低利用期間を過ぎた場合はいつでも解約が可能となりますので
楽天モバイルをおすすめする理由と合わせて覚えておいてくださいね。

 

 

docomoと格安SIM2台持ち利用の手順

 

docomoと格安SIM2台持ちでの申し込み方法の流れは
ガラケーを購入するのが先か、格安SIMが先かと疑問が出ると思いますが
基本は楽天モバイル(格安SIM)の申し込みが先となります。


docomoと格安SIM2台持ち利用の手順

  • 楽天モバイルに申し込みを行う

  • Amazonでdocomo対応のガラケーを購入する

  • docomoのキャリアショップでガラケー最安値プランに変更する

 

格安SIMの申し込みよりもガラケー最安値プランへの変更を先に行ってしまうと
当たり前ですが格安SIMが到着するまでスマホでのデータ通信が利用できなくなるので
必ず格安SIMの申し込みを先に行うようにしてくださいね。

 

 

au利用中での格安SIM2台持ちの方法は?(目標月額料金2000円)

au利用中の方におすすめ格安SIMキャリア

 

続いてauをご利用中の方の格安SIM2台持ちの利用方法をご紹介します。

 

auの場合はガラケー最安値プランの利用にdocomoのような条件も無いので
au対応のガラケーをAmazonで購入してキャリアショップに持ち込めば問題なく
月額1000円の最安値プランに変更する事ができます。

※最安プラン利用は細かい変更があるかもしれないのでキャリアショップで確認してください。

 

 【アマゾンリンク au対応のガラケーはこちら】

 

au利用中の月額料金の目安はガラケー最安値プラン月額1000円と
格安SIMデータ通信3GBプランの月額900円で月額1900円が目標となります。

またiPhone6s以降の端末をお持ちの方はSIMロック解除も必ず行っておいてくださいね。

au利用中の方におすすめ格安SIMキャリアは?

 

au利用中の方におすすめしたい格安SIMキャリアは
楽天モバイルとmineoとなります。

 

auブランド端末のSIMロック解除可能な端末をお持ちの方や
お使いのauブランド端末に不具合などが出始めている方は楽天モバイル、

SIMフリー端末代金を節約して格安SIMを利用したい方はmineoがお勧めです。

 

 

楽天モバイルはdocomo回線を利用した格安SIMキャリアとなり
今、お使いのauブランドのiPhone、android端末を利用する事ができません
※端末のSIMロック解除を行えば楽天モバイルでも利用する事ができます。

しかしSIMフリー端末がお得に購入できる楽天モバイルのメリットを見逃すことができません。

 

iPhone6s以降の端末や2015年5月以降のアンドロイド端末をお持ちの方は
auで利用しているiPhone、またはアンドロイド端末のSIMロックを解除してから
楽天モバイルでバックアップ用のSIMフリー端末を同時申込するようにしてください。

SIMフリー端末でおすすめはハイスペック端末のZenfone3
ハイスペック端末のZenfone3

 

おサイフケータイ、ワンセグ搭載のarrowsM03

おサイフケータイ、ワンセグ搭載のarrowsM03

 

端末代金が1000円以下のZTEシリーズとなります。

端末代金が1000円以下のZTEシリーズ

 

どのおすすめ端末もiPhoneと同じSIMサイズのnanoSIMで利用できるので
iPhoneなどで故障が出た場合でもすぐに代替え端末として利用する事が出来ますよ

 

 

SIMロック解除できる端末をお持ちでない場合は

 

auを利用中の方でSIMロック解除に対応していない端末をお持ちの場合
2種類の格安SIM利用方法があります。

 

SIMロック解除できないau端末をお持ちの場合

  • mineoをのau回線プランを利用する
  • 楽天モバイルを端末セットで申し込こむ

 

auを利用されている方でiPhone5sやiPhone6などSIMロック解除できない端末をお持ちの場合、
mineoを選択される方が多いです。

mineoはSIMロック解除ができないauブランドのiPhoneやアンドロイド端末が利用できる
au回線利用のプランが用意されています。

 

auブランドの端末をお使いだった方なら新たに端末を購入する必要もなく
楽天モバイルと並んで優良格安SIMキャリアという事で特に人気となっています。

 

 

続いてauブランドのSIMロック解除ができない端末をお持ちでも
mineoよりも楽天モバイルの申し込みがおすすめの方をご紹介します。

 

auブランド端末でも楽天モバイルがおすすめの方

楽天モバイルがおすすめの方

 

auブランドの端末のSIMロック解除できない端末をお持ちの場合でもmineoではなく
楽天モバイルがおすすめとなる方はすでにアンドロイド端末を利用されている方、
今、お使いの端末に故障や不具合がみられる方です。

 


楽天モバイルがおすすめの方

  • すでにアンドロイド端末を利用されている方
  • 端末に不具合や故障がみられる方

 

2015年5月以前に発売されたSIMロック解除できないauブランドの端末をお持ちの方
かなり大事にスマートフォンを利用されてこられたと思います。

しかしいくら大事にスマートフォンを使っていても
スマートフォンの故障や不具合は2年目以降から少しずつみられるようになってきます。

 

私のiPhone5sも3年目に入ってから
スイッチボタンが効かなくなったり挙動がかなり怪しくなってきています。

大事に利用しているスマートフォンですが故障してしまうと
また新たにスマートフォンを購入しなければなりません。

そんな2年以上も大事にスマートフォンを利用されていた方にこそ
楽天モバイルの端末割引キャンペーンがおすすめとなります。

ちなみにiPhoneにこだわりがなく
元々アンドロイド端末を利用されていた方も楽天モバイルがおすすめですよ。

 

楽天モバイルならZenfone3などハイスペック端末が用意されているので
今、お使いのアンドロイド端末よりも使いやすくなるかもしれません。

おサイフケータイ機能やワンセグ機能が必要な方はarrowsM03が良いでしょう。

 

またどうしてもSIMロック解除できないiPhoneを楽天モバイルで利用したい場合
楽天モバイルへMNPするのもおすすめです。

 


楽天モバイルへMNPした場合利用方法

  • データ通信用  お使いのアンドロイド端末やiPhone
  • 音声通話・wifiテザリング用 楽天モバイルで購入したSIMと端末セット

 

実際私もiPhoneの使いやすさが手放せずSIMロック解除でないiPhone5sを
楽天モバイルのSIMフリー端末へテザリングでつないで使い続けています。

楽天モバイルなら1万円程度でそれなりの端末が購入できます。

MNPで楽天モバイルへ移行した場合の月額料金は1600円程度と
2台持ちよりもさらにお得になります。

 

 【楽天モバイルで30分でできるMNP申し込み方法はこちら】

 

SIMロック解除できないiPhoneを利用されている方は
mineoを利用するか楽天モバイルへMNPするか検討してみて
iPhoneの故障まで考慮するなら楽天モバイルへSIMフリー端末を購入しつつ
MNPを利用する事がおすすめですよ。

 

ちなみにMNP利用ではなくauガラケーと今お使いの端末、
そして楽天モバイルのSIMフリー端末と3台持ちにしてしまう
荒業も使えるといえば使えます。

 

au利用中での3台持ちの利用方法

  • 音声通話用 au対応ガラケーを使用
  • データ通信用端末 今お使いのSIMロック解除できない端末
  • テザリング・wifiルーター用 楽天モバイルのSIMを挿したSIMフリー端末

 

3台持ちにすると端末管理がかなり大変ですが・・・(;^ω^)

 

 

au利用中の格安SIM2台持ち利用の手順

 

auを利用中での格安SIM2台持ちの利用手順は
まず格安SIMであるmineoか楽天モバイルのデータSIMの申し込みが先となります。

キャリアショップでガラケー最安値に先に変更すると
スマホでのデータ通信が格安SIMが到着するまで利用出来なくなるのでご注意くださいね。


■ au利用中の格安SIM2台持ち利用の手順

  • 格安SIMの楽天モバイルかmineoのデータSIMを申し込む

  • Amazonで5000円から1万円程度でau対応ガラケーを購入

  • auショップでガラケー最安値プランを申し込む

 

またauブランド端末をお持ちの方の格安SIM2台持ちでの
目標月額料金は2000円となっています。

 

■ auを利用中の格安SIM2台持ちの月額料金

  • ガラケー最安値プラン 月額1000円
  • 格安SIM3GBプラン 月額900円
  • 合計月額料金 1900円

 

auをご利用中の方に人気の格安SIMキャリアはmineoとなります。

ただ、現在お使いの端末の不具合や故障などを考慮した場合、
楽天モバイルが個人的にはおすすめとなります。

 

楽天モバイルで端末割引キャンペーンを利用する場合のおすすめ端末は
iPhoneと同じSIMサイズのarrowsM03やZenfone3、ZTEシリーズとなります。
※iPhoneはnanoSIMを利用します。

 

arrowsM03は1万円程度

arrowsM03は1万円程度

 

Zenfone3は2万台で購入が可能

Zenfone3は2万台で購入が可能

 

ZTEシリーズは1000円以下で購入が可能です。

ZTEシリーズは1000円以下で購入が可能

 

iPhoneをお持ちの方は故障やバックアップ用に端末を購入して
故障や不具合が出てきたらアンドロイドのSIMフリー端末をバックアップ用に
利用してみてはいかがでしょうか。

またSIMロック解除できないiPhoneやアンドロイド端末をお持ちの方は
MNPで楽天モバイルへ変更する事も検討してみてくださいね。

 

 

ソフトバンクでの格安SIM2台持ち利用方法は?(目標月額料金2000円~2600円)

ソフトバンクでの格安SIM2台持ち利用方法

 

ソフトバンクはiPhoneの利用者がとても多い事が特徴となっています。

 

ソフトバンクを利用中の格安SIM2台持ちのおすすめの利用方法は
docomoやauと同じくソフトバンク対応のガラケーを購入してから
格安SIMキャリアを申し込む事になります。

 


■ ソフトバンクを利用中の方の格安SIM2台持ちの手順

  • 格安SIMキャリアを申し込む

  • Amazonでソフトバンク対応のガラケーを申し込む
    • 格安SIMでデータ通信利用後、ソフトバンクでガラケー最安値プランに申し込む

     

     【アマゾンリンク ソフトバンク対応のガラケーはこちら】

     

    それではソフトバンクを利用されている方におすすめの格安SIMキャリアもご紹介します。

     

    ソフトバンクを利用されている方のおすすめ格安SIM

     

    ソフトバンク利用中の方におすすめの格安SIMキャリアは
    U-mobile、楽天モバイルとなります。

     

    ソフトバンク利用中の方におすすめの格安SIMキャリア

    • U-mobile
    • 楽天モバイル

     

    U-mobileではソフトバンク回線を利用したiPhone専用のデータSIMプランを用意しており
    ソフトバンクブランドのiPhoneをお持ちの方がデータ通信のみ利用できます。

    U-mobileで利用できるiPhoneナンバーは
    iPhone5s/5cからiPhone7まで対応しておりソフトバンクのiPhoneをお持ちの方に
    最近とても注目されている格安SIMキャリアとなっています。

     

    月額料金は3GBで1580円と楽天モバイルやmineoと比べると600円ほど
    お高い価格設定となっています。

    U-mobile月額料金は3GBで1580円

     

    U-mobileでソフトバンクのiPhoneを利用される方の月額料金は2600円が目標となります。

     


    ソフトバンク利用中の方のU-mobile利用の場合の月額料金

    • ソフトバンクガラケー最安値プラン  月額1000円
    • U-mobileソフトバンク回線3GBプラン 月額1580円
    • 合計月額料金 2580円

     

     

     

    そしてもうひとつ、ソフトバンクを利用されている方に
    おすすめのキャリアは楽天モバイルとなります。

    ソフトバンクでのiPhone6s以降の端末をお持ちの場合は
    SIMロック解除を行っての楽天モバイル利用がおすすめとなります。

    もちろんおすすめする理由はiPhoneの故障に備えて
    楽天モバイルのメリットであるSIMフリー端末がお得に購入できるからです。

     

    iPhoneで利用できるSIMサイズはnanoSIMとなるので
    同じnanoSIMに対応しているSIMフリー端末がおすすめとなります。

     

    iPhone7並みのスペックといわれるZenfone3なら2万5000円程度、

    iPhone7並みのスペックといわれるZenfone3

     

    おサイフケータイ、ワンセグ搭載のarrowsM03なら1万円程度、

    おサイフケータイ、ワンセグ搭載のarrowsM03

     

    バックアップ専用ならZTEシリーズが1000円以下で購入できます。

    バックアップ専用ならZTEシリーズ

     

    どれもiPhoneと同じSIMサイズですのでiPhoneに不具合が出た場合は
    すぐに代替え機として利用する事ができます。

     

    楽天モバイルを利用した場合の月額料金

    • ソフトバンクガラケー最安値プラン 月額1000円
    • 楽天モバイル3GBプラン 月額900円
    • 合計月額料金 1900円

     

    U-mobileを利用する場合よりも楽天モバイルを利用した方が
    月額料金の方が700円程度お得になります。

    またSIMフリー端末もそれなりのスペックの端末が
    通常価格よりも2万円程度お得に購入できるので
    月額料金だけでなく私個人的にも楽天モバイルがおすすめとなります。

     

    ソフトバンク利用中でSIMロック解除できないiPhoneをお持ちの方
    月額料金2000円以下でどうしても楽天モバイルでiPhoneを利用したい場合は
    ソフトバンクのガラケーではなく楽天モバイルへのMNPがおすすめとなります。

     

    楽天モバイルでSIMフリー端末を購入し
    ソフトバンクブランドのiPhoneをテザリングでつないで
    外出先でデータ通信を行う方法です。

    私がソフトバンクブランドのiPhone5sを利用している方法と
    同じ格安SIMの利用方法となります。

     

    ソフトバンクブランドのSIMロックが出来ないiPhoneをお持ちで
    キャリアメールを維持しつつどうしても月額料金を2000円以下で利用したい場合は
    ソフトバンクガラケーとiPhone、SIMフリーアンドロイド端末の3台持ちとなってしまいます。

     

    ソフトバンクでの3台持ちとなる場合

    • 通話専用ガラケー
    • データ通信用iPhone(SIMロック解除できないiPhone)
    • 楽天モバイルのSIMフリー端末(ルーター専用)

     

    3台持ちとなっても月額料金に違いは無く月額1900円で利用できます。
    U-mobileを利用した場合と比べて月額で700円程度の差額、年間で8000円の節約となります。

    ただ、日常使いに3台の端末を管理するのは現実的とはいえません。

     

    SIMロック解除できないiPhoneをお使いの方はU-mobileを利用するか、
    楽天モバイルへMNPまたは新規申し込みを行うかしっかりと検討してくださいね。

     

    私の場合は特にキャリアメールや通話し放題などにこだわりが無かったので
    楽天モバイルのSIMフリー端末にテザリングでつなげてiPhone5sを利用しています。

    15年以上利用したキャリアメールは廃棄となり
    今は連絡用にLINEアプリを使っていますが特に不便はないですよ。


    私のソフトバンクiPhone5sを利用しつつの2台持ち月額料金

    • 楽天モバイル通話SIM3GBプラン 月額1600円
    • 通話料金が半額に楽天でんわ 月額0円
    • 合計月額料金 1600円(通話料金除く)

     

    楽天モバイルへのMNP
    多少手間も増えてしまいますが準備さえしっかりと行えば30分で申し込みが完了します。

     

     【楽天モバイルで30分でMNP申し込みが完了する方法はこちら!】

     

    ガラケーを購入してからソフトバンクで最安値プランに変更する手間を事を考えたら
    MNPで楽天モバイルへ変更しても手間はあまり変わらないと変わらないと思いますよ。

     

     

    格安SIMと大手キャリアガラケー2台持ちの注意点は?

    格安SIMと大手キャリアガラケー2台持ちの注意点

     

    大手キャリアガラケーの最安値通話プランと格安SIMの2台持ちの注意点は3つあります。


    大手キャリアガラケーと格安SIM2台持ちの注意点

    • 大手キャリアで利用するガラケーを用意しなければならない
    • ガラケー最安値プランでのデータ通信料金に注意が必要
    • 場合によっては3台持ちになってしまう

     

    それではそれぞれ説明させて頂きます。

     

    大手キャリアで利用するガラケーの購入について

     

    格安SIMとガラケーの2台持ちにする際には
    大手キャリアのキャリアショップで最安値プランの手続きしてもらうのですが

    キャリアショップの店員の言われるがままにガラケーをキャリアショップで購入してしまうと
    3万円を超えるガラケー端末代金を支払わなければなりません。

     

    そのため大手キャリアで利用するガラケーは持ち込み
    最安値プランと契約する事が重要となります。

     

    キャリアショップへガラケープランを契約変更に行く場合は
    アマゾンなどでキャリアガラケーを1万円以下程度で購入して持ち込むようにしましょう。

     

    また最安値プランではソフトバンク、auをお使いならアマゾンで購入した
    キャリア対応のガラケー持ち込みで問題なく最安値プランに変更できますが

    docomoに関しては指定のガラケー端末が必要となります。

     

    こちらはdocomoを利用されている方の格安SIM2台持ちの利用方法の中で
    詳しく説明させて頂きました。

     

     【docomoを利用中の方の格安SIM2台持ちの利用方法は?】

     

    格安SIMに限らず携帯電話の月額料金は端末代金に大きく影響されます。

    特に機種変更などを行う場合は月額料金が跳ね上がってしまうので注意が必要となります。
    これから格安SIMの利用を検討しているなら格安SIMでのお得な機種変更方法
    しっかりと理解しておいてくださいね。

     

     【格安SIMで一番お得な機種変更方法を考えてみた!】

     

    また楽天モバイルでは新規申し込みでSIMフリー端末がお得になる
    端末割引キャンペーンを随時行っています。

    端末代金1000円や1万円程度といった端末も用意されていてとてもお得なので
    データ通信SIMに楽天モバイルを検討されている方
    今、お使いの端末の利用が1年間を超えている方は故障や不具合対策に
    バックアップ用として必ずキャンペーンを利用してくださいね。

     

     

    最安値プランではメールのパケット量に注意!

     

    最安値プランを利用する際に注意して頂きたい事は
    キャリアメールの送受信が頻繁に行われた場合です。

    何に注意するかというとパケットの通信量です。

     

    通常程度のメールのやりとりならまったく問題はありませんが
    写真や画像が添付されたメールの送受信はかなり要注意です。

    特に企業やお店などからの営業メールなどが該当すると思います。

     

    あっという間にパケット通信量が跳ね上がるので
    写真や画像を添付したメールのやりとりを行う場合
    ガラケーのパケットし放題などを利用するようにしましょう。

    ガラケーのパケットし放題利用となると
    MNPで格安SIM利用の方が断然お得になってしまうのですが・・・・

     

    格安SIMの利用方法によっては3台持ちになってしまう!

     

    最後の注意点は利用状況によっては3台持ちとなってしまう事です。

    3台持ちとなってしまう場合は
    主にSIMロック解除できないソフトバンクブランド端末が対象となります。

    ただ、実際に3台の携帯電話を管理するのはかなり面倒で現実的ではないと思います。

     

    キャリアメールが変更となっても問題とならなければ
    思い切ってMNPでの格安SIMの利用も検討してみて良いかもしれません。

     

    格安SIMの最大のメリットは何と言っても月額料金の節約です。
    MNPで電話番号ごと変更してしまえば月額1600円程度で利用できますからね。

     

     

    格安SIM2台持ち完全解説のまとめ!

     

    • 格安スマホと2台持ちなら月額料金は2500円から4000円となる
    • 注意点はAmazonなどでガラケーを購入して持ち込む事
    • 最安値プラン利用中はメールでの写真添付などパケット通信に気を付ける
    • おすすめのSIMフリー端末はZenfone3とarrowsM03、ZTEシリーズ
    • docomoを利用されている方は楽天モバイルがおすすめ
    • auを利用されている方は楽天モバイルとmineoがおすすめ
    • ソフトバンクを利用されている方は楽天モバイル、U-mobileがおすすめ
    • SIMロック解除できないiPhoneの場合は思い切ってMNPも検討する

     

    格安SIMと大手キャリアガラケーの2台持ちは
    月額料金の節約に大きな味方となってくれます。

    あまり通話を行わない方は格安SIMと併用する事で月額料金が2000円台まで節約できます。
    格安SIMの3GBプランなら月額1000円で利用出来ますからね。

     

    楽天モバイルならSIMフリー端末がお得に購入できるので
    楽天モバイルから格安SIM生活をスタートするのも良いと思います。

    楽天モバイルのデータ通信SIMを利用しつつ、Amazonでキャリアのガラケーを用意するなど
    少しずつガラケー最安値プランと格安SIMの2台持ちの準備を進めてくださいね。