おすすめ格安simはこれ!3つの格安simのご紹介

私がおすすめする格安simは3種類。

最近、ぐんぐんと契約者数を増やすと共に
通信品質が劇的に改善している楽天モバイルと

通信速度が格安simの中でもとても安定感のあるUQ mobile
さらに革新的なサービスを次々と投入しているmineoです。

楽天モバイル(docomo回線使用)



■ 楽天モバイルのメリット

  • 豊富なプランと格安の月額料金
  • 3日間のデータ通信上限無し
  • SIMふりー端末が大変お得
  • 5回線までのデータ通信量シェア
  • 支払い方法に口座振替・デビットカードが可能
  • 毎日開催されている半額機種多数の割引キャンペーン
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる繰り越しサービス

お得なキャンペーンの内容は公式サイトで確認できます。



楽天モバイルはdocomo回線を利用した幅広い電波網と多彩なプラン、
格安の料金が魅力の格安simです。
2015年11月に運営会社がフュージョン・コミュニケーションから
楽天モバイルに変わり通信速度・品質が大幅に向上しました。

 

今後も通信環境が大幅に強化されていく予定で
docomo回線使用の格安sim会社として一番期待のできる格安simとなっています。

1600円の音声通話付き3.1Gプランが一番人気で
月々のデータ通信量が2G程度だった私も3.1Gプランを選びました。

プランは3.1GBプランから30GBプランまでの大容量までサポートしています。

データシェアも追加され

余ったデータ通信量を翌月に繰り越せるサービスや
月額850円で5分間かけ放題サービスなどうれしいサービスが充実しています。

格安simと同時注文できるsimフリー端末のラインナップも格安sim会社NO.1。
端末購入時にもらえる楽天ポイントキャンペーンや機種割引キャンペーンなど
simフリー端末がお安く手に入るキャンペーンを定期的に行っています。

 【楽天モバイルのキャンペーンはこちら】

また契約時初回月額無料キャンペーンやお支払いで楽天ポイントが貯まったり
通話simを購入された方対象の楽天市場常時ポイント+1倍サービスも魅力です。
rakutensyotyukipoint

楽天IDでプラン変更やデータ通信量の確認など簡単に行え
楽天サービスを利用されている方は特におすすめの格安sim会社となっています。

お支払い方法はクレジットカード、デビットカード、口座振替に対応しています。
口座振替は端末購入キャンペーンの支払いには対応しておらず
コンビニなどで楽天ポイントを購入してから申し込むとクレジットカードを利用せずに
端末割引キャンペーンを利用する事ができます。

UQ mobile(au回線使用)


■ UQmobileのメリット

  • 格安SIMキャリアNO.1の通信速度
  • 3日間の通信上限が6GBとかなり多い
  • SMSの料金が無料
  • お昼でも通信速度が優秀
  • 500Kbpsの無制限プランがある
  • 毎日開催されている半額機種多数の割引キャンペーン
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる繰り越しサービスあり

uqmobailryoukin

UQ mobileはau回線を使用した格安simで
通信品質はNO.1となっています。

docomo回線系の格安simに見られる夕方以降の速度がdocomo系の格安simと比べると格段に速く、
通信速度・品質が一番。



格安simと同時注文できるsimフリー端末は2機種程度と少な目ですが
au端末を利用されている方や通信品質にこだわる方におすすめの格安simとなっています。

UQ mobileはauの通信網を利用した格安simで上記以外の料金プランでは
1Gのデータ通信と国内無料通話1200円がついた月額2980円のぴったりプランと
プラス1000円でデータ通信3Gに増えるたっぷりオプションがあります。

私のおすすめは1680円の通話sim3Gプランです。

その他にも余ったデータ通信量が翌月に繰り越せるサービスや
通信速度は500Kbpsに制限されますがデータ通信量無制限プランなどが用意されています。

現在他社からMNPで転入された方に向けて
ぴったりプランのデータ通信量が2倍になるキャンペーンが実施中です。

自宅のネットwifi環境や翌月データ量繰り越しサービスをうまく使えば
格安simの弱点である夕方以降の速度低下を避けつつ
ストレスの無い格安simの運用が可能となっています。

人の多い場所で良くスマホを利用される方や大きい都市のど真ん中で
働いてる方などにおすすめの格安simとなっています。

mineoマイネオ(docomo回線、au回線使用)

mineo

■ mineoのメリット

  • au回線、docomo回線の2種類が用意されている
  • 最小500MBから10GBまでのプランが用意されている
  • 3日間の通信上限がauプランが6GB、docomoプランが制限無し
  • フリータンクから毎月2GBまで利用できる
  • 家族割・複数回線割がある
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる繰り越しサービスあり
  • 5GB、10GBでお昼の通信速度が下がらないプレミアムコースがある

mineoはdocomo回線とau回線の2種類の回線タイプを用意してくれている
格安simとなっています。
※契約後にdocomo回線とau回線の切り替えも簡単に行えます。

mineoの特徴はUQ mobileと比べて多彩なデータ通信プランが特徴で
500MBから10GBまで5種類の料金プランが用意されています。
mineoryoukin1

さらにauブランドのiPhoneへの対応も積極的で
iPhone6以降のiPhoneが動作確認端末に含まれauブランドのiPhoneをお使いの方にも
おすすめの格安simとなっています。

余ったデータ通信量を翌月に繰り越せるデータ繰り越しサービスはもちろん
1回線ごとに50円の割引が受けられる家族割引や複数回線割引や
複数回線内のパケットシェアサービスなど

ユーザー目線にたったサービスが多いのが特徴です。

また格安simのデメリットである
お昼や通勤ラッシュ、夕方の速度低下を避けれる優先通信帯域を用意した
プレミアムコースのモニターが開始され俄然注目が集まっています。

お昼の通信速度の目標は10Mbps以上を目指しているので期待大となっています。

mineoはauブランドの端末をお持ちの方でデータ通信をたくさん行う方や
iPhoneをお持ちの方におすすめの格安simとなっていますよ。