楽天モバイルで3日間の通信制限は廃止になった!

楽天モバイルでの大きなデメリットのひとつとして
3日間のデータ通信制限がありました。

この3日間のデータ通信上限を超えると翌日から最大で3日間の
通信速度制限がかかっていました。

しかし2017年3月より楽天モバイルですべてプランでこの
3日間のデータ通信上限が完全に廃止となりました。

楽天モバイルの3日間のデータ通信制限の廃止についてご紹介します。



■ 楽天モバイルのメリット

  • 豊富なプランと格安の月額料金
  • 通信上限無しの20GBプラン、30GBプラン
  • 5回線までのデータ通信量シェア
  • 支払い方法に口座振替・デビットカードが可能
  • 毎日開催されている半額機種多数の割引キャンペーン
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる繰り越しサービス
  • 3日間のデータ通信上限がすべてのプランで廃止

お得なキャンペーンの内容は公式サイトで確認できます。

楽天モバイルの3日間の通信制限ってどんなの?

楽天モバイルでは月当たりの契約したプランのデータ通信量の他に
3日間のデータ通信上限が設定されていました。

楽天モバイルが設定していた3日間のデータ通信上限は
3.1GBプラン、5GBプラン、10GBプラン、コミコミプランで適用されていました。

・3.1GBプラン/540MB
・5GBプラン/1GB
・10GB/1.7GB
・コミコミプランS M/400MB
・コミコミプランL LL/800MB

上記の3日間のデータ通信上限を超えてしまうと
通信速度が200Kbpsとなっていました。

200Kbpsの通信速度というのは楽天モバイルで利用できる
最安値プランのベーシックプランでの通信速度となります。

 【楽天モバイルの200Kbpsの通信速度で使えるアプリはどれ?】

楽天モバイルが提供する料金プランの中で特に3.1GBプラン、
コミコミプランS、Mでの3日間の通信上限は厳しく、
大手キャリアで問題なく利用されていた方でも通信制限を
受けてしまうほどの通信上限となっていました。

かくいう私も月に2GBほどのデータ通信量で3.1GBプランを利用していて
3日間のデータ通信上限の通信制限を何回も受けていたのでその厳しさがわかると思います。

実際に楽天モバイルを転出されるお客様アンケートでは
3日間のデータ通信上限が厳しすぎるといった内容がとても多かったといいます。

月に2GB程度のデータ通信量で3日間のデータ通信上限にかかってしまうのであれば
3.1GBプランで月に1GB程度のデータ通信程度の利用者でなければ
快適に利用できないプランとなってしまいます。

これでは明らかにユーザー満足度は上がりません。

実際に私も3.1GBプランを利用したかったのですが
3日間のデータ通信上限が厳しく音声通話SIMを契約し1年間の最低利用期間の関係から
なくなく5GBプランを利用していました。

3.1GBプランと比べると月額550円程度の差額ですが
かなり不満をもっていのは事実でした。

しかしようやく楽天モバイルでも極悪ともいえる
3日間のデータ通信上限が廃止となりました。

元々通信速度やオプションサービス、格安で購入できるSIMフリー端末など
日常使い以外のサービスは好評だった楽天モバイルですので
この3日間のデータ通信上限が廃止されたことによりかなり使いやすい格安SIMキャリアとなりました。

2017年より楽天モバイルを契約された利用者は
かなり恵まれているといえるでしょう。

3日間のデータ通信上限が廃止でどの位データ通信が使えるの?



楽天モバイルでは月々の料金プランのデータ通信量に加えて
余ったデータ通信量を翌月に繰り越せるサービスを提供しています。

この余ったデータ通信量を翌月に繰り越すことで
数か月後には契約した料金プランの1.5倍ほどのデータ通信が可能となります。

3日間のデータ通信上限が存在した以前までの楽天モバイルでは
せっかく繰り越したデータ通信量を使い切る事が出来ませんでした。

3.1GBプランで2倍となる6GBを繰り越しても
1日当たり180MBしか利用できなければフルに使っても月に5.4GBまでしか
利用出来ない計算となります。

しかもデータ通信量をきっちりと計算して利用する事も出来ず
実際に利用できるデータ通信量は3GB以下となっていました。

せっかくデータ繰り越しサービスがあったのに
ほとんど使いこなせないサービスであったという事になります。

しかし2017年3月から3日間のデータ通信上限が
すべてのプランで廃止となるので繰り越したデータ通信量も
しっかりと消費する事ができます。

データ繰り越しサービスを利用すれば
3.1GBプランなら4.5GB、5GBプランなら7.5GB、10GBプランなら15GB程度まで
毎月利用できるようになります。

※大容量プランでは最初から3日間のデータ通信上限が
適用されていないので除外させて頂きます。

今まで私のように5GBプランを利用していた方でも
3.1GBプランを利用できるようになりかなりの方の月額料金が下がると思います。

データ繰り越しサービスを利用してプランの1.5倍程度の
データ通信量をしっかりと使い切れるようになった
今回の3日間のデータ通信上限の廃止はかなりの良改定となっていますよ。

楽天モバイルの3.1GBプランの月額料金はいくら?



今回の3日間のデータ通信上限の廃止により5GBプランを利用していた私は
本来の3.1GBプランを快適に利用できるようになりました。

以前までの私の月額料金は
楽天モバイルの音声通話5GBプラン 2150円
5分間かけ放題オプション     850円
の合計月額3000円で利用していました。

しかし2017年3月より3.1GBプラン/月額1600円で利用できるので
オプションと併せて月額料金が2450円で利用できる計算となります。

格安SIM利用者の目標ともいえる月額2000円台に
ようやく到達できたという印象です。

楽天モバイルでは今回の3日間のデータ通信上限の廃止により
3.1GBプランの利便性が大幅に上がっています。

これから楽天モバイルを利用される予定の方は
3.1GBプランなら繰り越しサービスを利用して4.5GB程度まで
データ通信量を増やせるので

月に4.5GBのデータ通信量を目安に3.1GBプランを利用するようにしてくださいね。

あ、私事ですがついでに保険としてデータシェアサービスも妻と利用する事にしてみました。
3.1GBでも十分だと思いますが一応保険の為に3月から使ってみる事にします。

妻はほとんどデータ通信量を使っていないので
実質私が9GB近くを1ヶ月で使う事になると思います。

本来なら月に2GB程度のデータ通信量なので
9GBほどの余裕があればデータ通信量が足りなくなる事はないでしょう。

・・・たぶん(;^ω^)

楽天モバイルの3日間のデータ通信制限が廃止!のまとめ

  • 2017年3月より全てのプランで3日間のデータ通信上限が廃止
  • 楽天モバイルの使いやすさが大幅に上昇した
  • 3.1GBプランでも繰り越しサービスを利用すれば4.5GB程度まで増やせる
  • 3.1GBプランなら音声通話プランが1600円で利用できる
  • コミコミプランでも3日間のデータ通信上限が廃止になった
  • データシェアサービスとの相性がかなり上がった

楽天モバイルは初めて格安SIMサービスを利用される方に
ぴったりの格安SIMキャリアとなっています。

SIMフリー端末がたいへんお得に購入できる所や
音声通話がお得になる無料通話オプションの充実、
留守番電話サービスや端末補償サービスなど
サービスでは文句のつけようのない格安SIMキャリアです。

反面、3日間のデータ通信上限が厳しく
大手キャリアから月額料金の節約に意気揚々と乗り込んできた利用者に
現実は甘くないといったカウンターで速度制限パンチを食らわせていました。

しかし。

ようやく。

やっと楽天モバイルで3日間のデータ通信上限が廃止となりました。

元々通信速度は優秀なのでお昼の通信速度の低下の付き合い方さえ
上手にすれば楽天モバイルはかなり使いやすい格安SIMキャリアとなります。

これから楽天モバイルを契約される方は本当に恵まれています。

私は6月ごろに3日間のデータ通信上限のゆるい
mineoやUQmobileの変更を検討していましたが
もう少し楽天モバイルを利用してみようと思います。

今回の3日間のデータ通信上限の廃止により
楽天モバイルは2017年度もかなり利用者を増やしそうです。

楽天モバイルのデメリットはほとんどないので
楽天モバイルを検討されている方はぜひ、利用してみてくださいね。

楽天モバイル、おすすめですよ。