格安SIM利用中の機種変更はどうする?お得な機種変更方法のご紹介!

格安SIMで一番、お金がかかる部分といえば機種変更時にかかる端末代金です。

大手キャリアでは2年ごとに別キャリアに変更したり
高い端末代金を月額料金に上乗せして新端末へ機種変更します。

では格安SIMの機種変更はどのようにすればよいでしょうか。
格安SIM利用中の機種変更についてご紹介します。

 

楽天モバイル申し込み


■ 楽天モバイルのメリット

  • 最大30GBまでの豊富なプランと格安の月額料金
  • すべてのプランで3日間の通信上限無し
  • 5回線まで利用できるデータ通信量シェア
  • 支払い方法に口座振替・デビットカードが可能
  • 毎日開催されている半額機種多数の割引キャンペーン
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる繰り越しサービス

お得なキャンペーンの内容は公式サイトで確認できます。

 

格安SIM利用中の機種変更はどうする?

格安SIM利用中の機種変更

 

格安SIMの利用で避けて通れない事はなんといっても
スマートフォンの機種変更となります。

格安SIMの利用はお手持ちのdocomo端末やau端末、
SIMフリー端末やSIMロック解除された端末が必要となります。

 

お手持ちのdocomo、au端末やSIMロック解除されたソフトバンク端末をお使いの方は
格安SIM利用から1年ほどで故障や不具合で機種変更を考えている方
いらっしゃるかもしれません。

また楽天モバイルのキャンペーンなどで格安スマホとよばれる
SIMフリーの新品の端末を購入された方は低価格で提供されるがゆえの
液晶やボタンなどの低品質の部品類の寿命が来てしまった方もいらっしゃると思います。

 

そんな方におすすめの格安SIM利用中のお得な機種変更方法
どういったものがあるでしょうか。

 

楽天モバイル利用なら機種変更割引サービスを利用できるけど・・・

楽天モバイル利用なら機種変更割引サービス

 

格安SIMではほとんどの場合、
機種変更時にお得になるサービスを用意しているキャリアはありません。

 

唯一、機種変更時にお得になるサービスを用意しているのが
楽天モバイルとなります。

 

楽天モバイルなら機種変更時に平均で5000円ほどの割引価格で
新たにSIMフリー端末を購入する事ができます。
楽天モバイルなら機種変更

 

格安SIM利用中の機種変更を考えた場合、
楽天モバイルがお得な機種変更割引サービスを用意しているので
楽天モバイルは良心的でお得な格安SIMキャリアと言えると思います。

 

また新規で大手キャリアから機種変更をしつつ、格安SIMへの変更を検討している方
2年間の料金プラン利用が必要となります。

2年間の料金プラン利用が必要

 

2年間の料金プランは楽天モバイルとUQmobileで提供されています。

 

楽天モバイルなら2年間利用で1万円、3年間利用で2万円の端末割引が利用できます。
またUQmobileなら2年間利用でiPhoneSE/32GBが実質1万2500円で購入できます。
※iPhoneSE/32GBは税込み4万4000円の本体価格

 

大手キャリアから格安SIMへ機種変更の利用も視野に入れた変更の場合
楽天モバイルかUQmobileがおすすめです。

 

 【楽天モバイル おすすめ格安SIMはこれ!】

 

 【UQmobile おすすめ格安SIMはこれ!】

 

では格安SIMをすでに利用中の方の機種変更はどこが一番お得でしょうか。
続けてご紹介させて頂きます。

 

格安SIM利用中の機種変更はキャリア変更が一番安い

格安SIMの機種変更は楽天モバイルの割引キャンペーンが1番安い

 

格安SIM利用中の機種変更はAmazonなどで新たに端末を用意するか

機種割引キャンペーンや2年の料金プラン利用でのキャッシュバックを行っている
格安SIMキャリアへ変更する事がお得に端末を手に入れる方法となります。

 

そこでまずチェックして頂きたいのが楽天モバイルの機種割引キャンペーンです。

 

ここで「楽天モバイルの機種割引キャンペーンは終わったんじゃないの?」と
格安SIMに詳しい方は思うかもしれません。

 

確かに楽天モバイルの端末割引は新料金プランであるスーパーホーダイでの
2年間、3年間利用時のみ適用となり通常プランでの端末割引はほぼ終了してしまいました。
新料金プランであるスーパーホーダイ

 

しかし楽天モバイルのキャンペーンページをチェックしてみると
数は少ないながらお得なSIMフリー端末が用意されている事がわかります。

 

楽天モバイルのキャンペーンページをチェック

 

 

楽天モバイルのキャンペーンページをチェック

 

 

2017年10月ではシャープのAQUOSシリーズであるRM-02が
通常プラン利用でも1万円で購入できるキャンペーンが開催されていました。

 

対象は音声通話SIMという事で12ヶ月の最低利用期間が設定されています。
端末購入後、即解約で9800円の違約金なので1万9800円で端末が購入できる計算となります。

 

ちなみに同じ端末をアマゾンでチェックしてみると送料込みで2万2500円となっています。

シャープのAQUOSシリーズであるRM-02

 

額面上では楽天モバイルで購入するのが一番お得となっていますが
実際は事務手数料と消費税がかかってくるので楽天モバイルが2万4000円程度となり
Amazonで新端末を用意するのが一番お得な手段となってしまいます。

 

結局Amazonて
無能な記事になってきたな・・・・(;^ω^)

 

とはいえ楽天モバイルのキャンペーン割引対象機種が一番お得になる
場合も出てくるので楽天モバイルのキャンペーンチェックは必要となります。

 

 

結局のところ、2017年現在では楽天モバイルとUQmobileの2年利用プラン
行き来するのが一番お得な機種変更方法となります。

 

楽天モバイルでは前述した通り、キャンペーン1万円端末が通話SIMで利用できます。
そのまま楽天モバイルを利用し続けた場合は1万円の端末代金となります。
※2年間利用の場合はスーパーホーダイプラン利用で0円

 

組み合わせプラン(通常プラン)で1万円を支払うならば
メーカー保証が1年間利用できるので端末補償は不要だと思います。

 

そのまま最低利用期間が過ぎるか利用から1年以上経過後に端末に不具合が見られた場合
UQmobileの2年間プランへMNPまたは新規通話SIMで変更します。

 

UQmobileや楽天モバイルの2年間プランは無料通話オプションが
ついてくるので月額3500円程度になりますが機種変更を考えた場合は
楽天モバイル→UQmobile2年プラン→楽天モバイルのコンボが現在の所
一番お得な機種変更方法だと思いますよ。

 

 【楽天モバイル おすすめ格安SIMはこれ!】

 

 【UQmobile おすすめ格安SIMはこれ!】

 

それではかなり地味なランキングになりますが
機種変更時のお得な購入方法は以下の通りとなります。

 

お得な機種変更ランキング

■ 第1位

  • 楽天モバイルとUQmobileコンボ

■ 第2位

■ 第3位

■ 第4位

  • 楽天モバイル契約後の機種割引サービスを使う

 

格安SIM利用中の機種変更で1番お得な端末方法は
新しく楽天モバイルとUQmobileコンボとなりました。

 

利用期間が来るとすぐにキャリア変更しなければならない面倒もありますが
現状では一番安い機種変更用の端末購入方法となります。

 

ただ、楽天モバイルの機種割引キャンペーン対象端末は随時変更されているので
諸々の手数料込みで一番お得な機種変更方法を見極めなければなりません。

 

まぁ他社格安SIMキャリアを利用されている方は楽天モバイルの通常プランで
キャンペーン1万円の端末を利用するのが一番お得かもしれないですね。

 

 

続いて安かったのはヤフオクでした。

ぱっと見でも新品未使用品が2万2000円程度で購入できます。
お安いタイミングでは1万円台で購入できるかもしれません。

 

1万円台で購入できるなら楽天モバイルの新規申し込み並みにお得となります。

 

ヤフオクの利用環境は最近かなり改善しクレジットカードでの決済も簡単ですし
アプリを使えばかなりスムーズに購入できます。

 

 ヤフオク!で端末を探してみる

 

Amazonでの端末価格は2万6000円程度と
楽天モバイルの機種変更割引サービスとそれほど変わらないお値段で購入する事ができます。
タイミングによっては機種変更サービスよりもお安く購入できそうです。
Amazonでのarrows M03の端末価格

 

 Amazonで新品端末を探してみる

 

格安SIMでの機種変更で一番手間が少ないのはAmazonで購入するか、
楽天モバイル利用者の方は機種割引サービスを利用する事です。

 

楽天モバイルを新規で申し込みしたりヤフオクの利用は
かなりお安く機種変更用の端末を購入する事ができますが

ヤフオクでは安い出品者が表れるまで随時チェックが必要となり

楽天モバイルとUQmobileコンボでは
新規申し込み手続きや解約手続きが必要となります。

 

私のおすすめはヤフオクでの機種変更用の端末購入となりますが
格安SIMでのお得な機種割引キャンペーンが続々と減ってきているため
こういった手間が増えてくるんですね。

 

まだ格安SIMを利用されていない方で格安SIMの機種変更まで考慮される方は
キャンペーン利用での楽天モバイルがおすすめとなります。

 

 

 

 

iPhone購入ならヤフオクがベスト!

iPhone購入ならヤフオクがベスト!

 

iPhoneを格安SIMで利用されている方も多いと思いますので
格安SIM利用中の機種変更用のiPhoneのお得な購入方法もご紹介させて頂きます。

 

格安SIM利用のためのiPhoneの購入は見出しにもある通り
ヤフーオークションの利用が一番お得となります。

 

日本で一番人気のスマートフォンと言えばなんといってもiPhoneですが利用者も多い分、
ヤフオクではとてもたくさん新品、未使用iPhoneが割安価格で出品されています。

 

格安SIMでは主にSIMフリー、docomo、auブランドのiPhoneが利用できますが
ヤフオクで狙うのはdocomo、auブランドのiPhoneシリーズとなります。

 

SIMフリーのiPhoneも出品されていますがお値段が高いので避けた方がよいでしょう。

 

docomo、auブランドのiPhoneをAmazonではなく
ヤフオクで購入する事をおすすめする理由は購入価格がお得な事、
そしてdocomo版iPhoneのSIMロック解除を出品者に行ってもらえるからです。

ヤフオクのiPhone購入のメリット

    • iPhoneの端末価格がとてもお得
    • 端末代金一括払い済みのiPhoneが多い
    • docomoブランドのiPhoneのSIMロック解除に対応している
  •  

    特にdocomoブランドのiPhoneは購入者本人のみSIMロック解除が可能となっており
    出品者の手でSIMロック解除に対応してもらえるのはとても大きなメリットになります。

     

    対してauブランドのiPhoneシリーズのメリットは
    iPhoneの価格がとても安い出品が多い事になります。

    auブランドのiPhoneはmineo、UQmobileで
    SIMロックがかかった状態でも利用できるので落札価格を抑えたい方は
    auブランドのiPhoneシリーズがおすすめとなります。

     

    格安SIMで人気の楽天モバイルやmineo
    docomoブランド、auブランドのiPhoneが利用できるので
    ヤフオクの利用がとてもお得になります。

     

    ヤフオクでのおすすめ検索ワードとiPhoneの平均落札価格

     

    格安SIMの機種変更にヤフオクでiPhoneを購入する場合
    検索ワードは「新品or未使用、docomo or au、iPhone+ナンバー」となります。

     

    ヤフオクでおすすめの検索ワード

    • 新品 docomo iPhone7
    • 未使用 docomo iPhone7
    • 新品 au iPhone7
    • 未使用 au iPhone7
    • 新品 UQmobile iPhoneSE

     

    また平均落札価格はアップルストアでSIMフリーiPhoneを購入した場合と比べると
    2万円から4万円程度お得なお値段となっています。

    appleストア 

    • iPhone7 32GB 7万8624円(税込み)
    • iPhone7 128GB 9万0504円(税込み)

    ヤフオク
    ■ docomo

    • iPhone7 32GB 5万8000円
    • iPhone7 128GB 6万3000円※新品同様

    ■ au

    • iPhone7 32GB 5万円
    • iPhone7 128GB 5万3000円

     

    こちらの落札価格は一応目安としてささっと調べてみた
    お値段を記載しています。

    ヤフーオークションではiPhone7以前の6sやSEなどもお安く購入できますし
    新型iPhoneの発売後ではお値段も日々変わっていきます

    あくまで参考程度として考えてくださいね。

     

    ヤフオクで格安SIM用にiPhone7購入してみた

    ヤフオクで格安SIM用にiPhone7購入してみた

     

    ちょうどTポイントが5万ポイント近く貯まっていたので
    私もヤフオクで格安SIMの機種変更用にiPhone7を購入してみました。

     

    ヤフオクではdocomoブランドのiPhone7のSIMロック解除に出品者が対応してくれますし
    auブランドのiPhone7では価格が魅力です。

    またUQmobileのデータSIMの利用を検討しているので
    UQmobile版のiPhoneSEも安かったので候補にあがりました。
    ※UQ版iPhoneSE128GBで3万5000円程度、ストアより3万円お得でした。

     

    ただ、iPhoneの購入はヤフオクが一番お得なのは一目瞭然なのですが
    お得なiPhone7、iPhoneSEを探して落札するまでがたいへんでした。

    空き時間や就寝前など毎日上記の検索ワードをいったりきたりして
    狙った価格のiPhoneが落札できるまで2週間以上かかってしまいました。

    もちろん落札できなかった入札もありました。

     

    結果的に購入したのはauブランドのiPhone7 128GBモデルです。
    色は128GB以上で利用できるジェットブラックです。

    利用制限は△となります。

     

    YouTuberのHIKAKINさんと同じモデルですね。

     

     

    落札価格は5万1000円となりappleストアで購入するよりも
    4万円程度お安く購入する事ができました。
    落札価格は5万1000円

     

    ただSIMロック解除は2017年の8月末となっているので
    今のところ、8月末まで寝かせている状態となっています。
    UQmobileではiPhone7はテザリング不可となりますがデータ通信は利用できます。

     

    たいへんきれいな状態なのでとても満足しています( ^ω^)

    au版iPhone7はSIMロック解除を行ってから
    UQmobileのマルチSIM(auVolteSIM)を利用する予定でしたが
    auのSIMロック解除条件が変更となったために
    とりあえずUQmobileのnanoSIMで利用する事にしました。

    auでは2017年8月1日よりSIMロック解除が購入日より101日目に短縮され
    2017年12月1日からau契約者本人のみが解除可能となります。

    ヤフオクや中古ショップなどで購入したSIMロック解除できる
    auブランドのiPhone7、iPhoneSE、iPhone6sをお持ちの方は
    2017年12月までにauキャリアショップでSIMロック解除を行ってくださいね。

     

     ヤフオク!でiPhoneを探してみる!

     

     

    利用制限△の注意点と知っておきたい事

    利用制限△の注意点と知っておきたい事

     

    格安SIMの機種変更用にヤフオクやAmazonを利用して
    iPhoneやその他の中古端末、または未開封端末を購入した場合に注意して頂きたい
    利用制限についても書いておきます。

     

    利用制限とは

    • 利用制限〇 端末残債が無い状態
    • 利用制限△ 利用はできるが支払いが残っている状態
    • 利用制限× 支払いが滞り利用ができない端末

     

    ヤフオクやAmazon、店舗などで購入したiPhoneやキャリア端末には
    支払いが残った状態の端末が多く出品されています。

    理想は支払いがすべて完了した利用制限〇のiPhoneやキャリア端末を購入する事ですが
    価格の兼ね合いなどで利用制限△を選択する場合もよくあります。

     

    利用制限△の端末を購入した場合に知っておいていただきたい事は主に2点あります。

     

    利用制限△の注意点

    • 利用制限×になっても別の電波網を利用した格安SIMキャリアで使える事
    • そのため速やかにSIMロックの解除が必要な事

     

    支払いが滞った場合に利用制限×がついて端末が利用できなくなりますが
    実は使えなくなるのはそのブランドキャリアの電波網だけとなります。

     

    そのため利用制限×となってもSIMロック解除されたauブランドのiPhoneなら
    docomoの電波網で利用する事ができます。

    またdocomoブランドのiPhoneは利用制限×となっても
    auの電波網で利用する事ができるというわけです。

     

    私がauブランドのiPhone7を購入した理由は落札価格がお得だった事はもちろんとして
    SIMロック解除さえしてしまえば利用制限×になっても
    docomoの電波網を使っている楽天モバイルで利用できるからです。

     

    ヤフオクやAmazonなどで利用制限△の端末の購入を検討されている方
    とても重要なのでしっかりと覚えておいてくださいね。

     

     

    利用制限〇の端末でも利用制限×になる場合がある!

    利用制限〇の端末でも利用制限×になる場合がある!

     

    利用制限△のiPhoneやキャリア端末が利用制限×となっても
    SIMロック解除さえしておけば別のキャリアの電波網を利用している
    格安SIMで利用出来る事をお伝えしました。

    端末代金の支払いがすべて終了している端末なら
    なんの心配も無いと言いたい所ですが実はそうでもありません。

     

    利用制限〇となっても利用制限が×になってしまうパターンがあります。

     

    それが悪意ある端末の盗難届けです。

     

    ヤフオクやAmazonでは個人から端末を買取した業者や個人事業者が
    出品している事がほとんどとなります。

    業者に端末を買い取ってもらったお客が買い取り代金を受け取った後、
    キャリアに盗難届けを提出したせいで利用制限×になってしまったという
    書き込みがネットなどでたびたび見られます。

     

    もちろん買取後に盗難届けを提出して
    キャリアから同じ新品端末を受け取るのは犯罪となります。

     

    ヤフオクやAmazonなどでしっかりと代金を支払って利用制限〇の端末を
    落ち度無く購入したにも関わらず悪意ある盗難届けによって
    利用制限×になる場合があるのでSIMロック解除は必ず行うようにしてくださいね。

     

    格安SIM利用中の機種変更方法まとめ

    • 格安SIMの機種変更では自分で端末を用意する必要がある
    • 楽天モバイルなら機種変更割引サービスがある
    • 格安SIMの機種変更なら楽天モバイルを1枚申し込むのが一番お得
    • iPhoneシリーズならヤフオクが一番お得
    • 利用制限△の注意点をしっかりと理解しておく
    • iPhoneを購入したらSIMロック解除は必須!
    • 利用制限×になってもSIMロック解除してあれば他社キャリア電波網で利用できる

     

    格安SIMの利用は設定やMNPなど基本的にすべて
    ご自身で対応しなければなりません。

    これは格安SIM利用中の機種変更も同じとなります。

     

    格安SIMでの機種変更は楽天モバイルを除いて基本は
    Amazon、ヤフーオークション、楽天市場、ヤフーショッピングなどで
    新たに使える端末を購入する事になります。

     

    楽天モバイルなら新規契約時の機種割引キャンペーンを利用して
    通常なら2万5000円程度の端末が1万5000円程度で手に入る可能性が高いです。

     

    しかしそれ以外の購入方法を比較してみると楽天モバイルの機種変更サービス、
    Amazon、ヤフオクでは端末代金に大きな違いはありません

    例)arrows M03の場合

    新規楽天モバイル申し込み 

    • 端末代金 1万5000円

    楽天モバイル機種変更サービス、Amazon、ヤフオクなど

    • 端末代金 2万2000円~2万6000円

     

    iPhoneシリーズの購入ならヤフオク一択となりますが
    その他の機種変更用のSIMフリー端末ならショッピングサイトを利用する方が
    手間も少なくて良いかもしれません。

     

     ヤフオク!で機種変更端末を購入する

     

     Amazonで機種変更端末を購入する

     

    機種変更目的に6ヶ月後に解約確定での楽天モバイルの申し込みは
    楽天モバイルの迷惑になってしまいますからね。

     

    もちろんMNPを利用して他社格安SIMキャリアから
    楽天モバイルに機種変更目的でキャリア変更されるのもおすすめですよ。