【楽天モバイルへMNP】MNP申し込みが30分でできる手順まとめ!

楽天モバイルへのMNP申し込みをはじめ、
携帯電話の諸々のお手続きはとにかく時間がかかりすぎます。

携帯電話関連の手続きに時間がかかってしまうのは
店舗からの申し込みによる待ち時間が原因となっています。

楽天モバイルではネットからのMNP申し込みがとても簡単なので
店舗のように待ち時間も発生せず、しっかりと申し込みへの流れを理解していれば
30分で楽天モバイルへのMNP申し込み手続きが完了します。

楽天モバイルへのMNP申し込みが30分で完了する
申し込み手順と方法をまとめてみました。

楽天モバイル申し込み


■ 楽天モバイルのメリット

  • 最大30GBまでの豊富なプランと格安の月額料金
  • すべてのプランで3日間の通信上限無し
  • 5回線まで利用できるデータ通信量シェア
  • 支払い方法に口座振替・デビットカードが可能
  • 毎日開催されている半額機種多数の割引キャンペーン
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる繰り越しサービス

お得なキャンペーンの内容は公式サイトで確認できます。

 

楽天モバイルへMNPする手順と注意点、準備しておく事(超重要)

楽天モバイルへMNPする手順と注意点、準備しておく事

 

楽天モバイルへMNPの申し込みを行う前にMNP申し込み方法の流れと手順
やっておく事、決めておく事をご紹介します。

 

――敵を知り、己を知れば100戦危うからず
               孫子

 

いきなりの引用で恐縮ですが30分でMNP申し込みを成功させるためには
敵を知り(MNP申し込みの手順)、己を知る(必要書類、キャンペーン・料金プランを知る)事が
一番重要となります。

おそらくこのエントリーをお読みいただいている方で
今すぐ楽天モバイルへMNP申し込みをされる方は少ないと思います。

通勤途中、空き時間などに事前の下調べのためにお読み頂いている方がほとんどだと思います。

 

楽天モバイルへ30分でMNP申し込みを完了するには
申し込みのお手続きよりもこの手順や流れ、注意点を理解する事が大事です。

楽天モバイルへのMNP申し込みの前にこのエントリーのMNP申し込み手順と
注意点を読み込んで手順をしっかりと理解するようにしてくださいね。

 

ちなみに私的には30分でのMNP申し込み方法はパソコンからの申し込みが推奨となります。
パソコンなら必要情報をメモ帳に簡単に控える事ができますからね。

それではまずは楽天モバイルへMNPを利用した
30分でできる申し込みの手順と流れを確認しておきましょう。

 

楽天モバイルへのMNP申し込みの流れと手順フローチャート

楽天モバイルへMNPする手順

 


楽天モバイルへのMNP申し込み手順

  1. 楽天ID、Gmailを取得する
  2. Gmailを現在使っている端末に登録・同期する
  3. 楽天モバイルで利用するキャンペーン・購入端末を決める
  4. 楽天モバイルで利用するプランを決める
  5. 楽天モバイルの支払い方法を決める
  6. 本人確認書類を用意、スマホ撮影する(ここまで事前準備)
  7. 現在お使いのキャリアからMNP予約番号を取得する
  8. 楽天モバイルへ30分でMNP申し込みにチャレンジする
  9. SIMカードが届いたらMNP回線切り替え手続きをする
  10. 回線切り替え手続きが出来たらAPN設定を行う

 

以上が楽天モバイルのMNP申し込みに必要な10つの手順となります。

6番までが楽天モバイルへMNP申し込みを行う前にしておきたい
重要な事前準備となります。

以前利用していた元キャリアの解約
9番目のMNP回線切り替えが完了した時点で自動解約となります。
キャリアショップに解約手続きに行く必要は無いので覚えておいてくださいね。

 

パソコンでの申し込みを推奨させて頂いたのは
新規メモ帳を使って上記の手順をコピーして貼り付ける事で
しっかりとMNP申し込みの流れと進捗状況を把握する事が出来るためです。

上記の手順をメモ帳に張り付けて確実にひとつずつ消化していきましょう。
それでは楽天モバイルへMNPする前の6番までをひとつひとつの解説をさせて頂きます。

 

超重要!楽天モバイルへMNPする前の6つの事前準備!

 

楽天モバイルへ30分でMNP申し込みを完了させるためには
事前準備がとても重要となります。

 

楽天モバイルへMNPする前に準備しておきたい事は利用するプランや
キャンペーンの確認、選択するSIMフリー端末など6つの項目となります。

 


楽天モバイルへのMNP前に準備しておく6項目

  1. 楽天ID、Gmailを取得する
  2. Gmailを現在使っている端末に登録・同期する
  3. 楽天モバイルで利用するキャンペーン・購入端末を決める
  4. 楽天モバイルで利用するプランを決める
  5. 楽天モバイルの支払い方法を決める
  6. 本人確認書類を用意、スマホ撮影する(ここまで事前準備)

 

それではひとつずつ解説させていただきますね。

 

楽天ID、Gmailを取得する

楽天ID、Gmailを取得する

 

楽天モバイルへMNP申し込みをする前の準備として
楽天IDとGmailを取得しておきましょう

楽天IDは支払い方法やプランの変更が出来るマイページ(メンバーズステーション)
簡単にログインする事ができます。

 

また楽天市場や楽天モバイル利用で貯まった楽天ポイントなども
この楽天IDに集約して貯まっていくので必ず作るようにしてください。

 

 【楽天IDの作成はこちらから】

 

続いてフリーメールサービスのGmailアドレスを作りましょう。

 

Gmailアドレスはアップルやマイクロソフトと並んでいまやアメリカの大企業となった
googleが提供しているフリーメールサービスとなります。

利用は無料ながらサービスの停止の心配もほとんどないので
キャリアに関係なく末永く利用する事ができますよ。

 

 【Gmailアドレスの取得はこちら】

 

 

Gmailを現在使っている端末に登録・同期する

Gmailを現在使っている端末に登録・同期する

 

Gmailアドレスが取得できたら
今、お使いの端末に取得したGmailを登録・同期しておきましょう。

同期が完了したらお使いの端末に登録されている
アドレス帳データがネット上に保存されます。

 

ネット上にアドレス帳データをバックアップできるので楽天モバイル変更時に
新端末を利用する場合はGmailアドレスを新端末に登録・同期させるだけで
新端末に今お使いのアドレス帳データが簡単に復元できますよ。

 

楽天モバイルで利用するキャンペーン・購入端末を決める

楽天モバイルで利用するキャンペーン・購入端末を決める

 

続いて楽天モバイルで利用できるキャンペーンの確認
購入端末を決定しておきましょう。

楽天モバイルでMNP・新規申し込み時に利用できるキャンペーンは以下の通りとなります。


楽天モバイルで利用できるキャンペーン

  • 楽天モバイル基本料金初月無料キャンペーン
  • 楽天市場利用でポイント付与2倍
  • 楽天モバイル端末割引キャンペーン

 

楽天モバイル初月無料キャンペーンは
オプションや事務手数料を除く基本料金プランが初月無料となるキャンペーンです。
また音声通話SIM申し込みにより楽天市場利用時に通常1%のポイント付与の所、
楽天モバイルの通話SIM利用中は2倍のポイントがもらえます。

 

続いて楽天モバイルの端末割引キャンペーンについてですが
今、お使いの端末がdocomo端末やSIMフリー端末であっても
2万円以上もお得になるので必ず利用するようにしてください。

 

楽天モバイルのMNPは解約月を利用される方が多いと思いますが
すでに2年近く同じ端末を利用されている方は故障や不具合なども
出てくる時期なのでバックアップ用に必ず購入しておきましょう。

 

 

 

楽天モバイルのキャンペーンでのおすすめ端末は?

 

楽天モバイルの機種割引キャンペーン利用でおすすめの端末
3つのカテゴリーに分ける事ができます。


機種割引キャンペーンのカテゴリー

  • ハイスペック端末
  • おサイフケータイ・ワンセグ搭載端末
  • 2000円以下の廉価版端末

 

楽天モバイルで購入できるハイスペック端末といえば
Zenfone3、honer8、HuaweiNOVAなどが挙げられます。

3GB以上のメインメモリ、2.0Ghz以上のオクタコアCPUが特徴となります。
お値段の目安は2万円前後となります。

 

おサイフケータイ・ワンセグ搭載機能
国産端末となり富士通のarrowsシリーズ、SHARPのAQUOSシリーズとなります。

特に富士通のarrowsシリーズはお値段も安くおすすめです。
お値段の目安は1万円程度となっています。
arrowsシリーズ

 

 【arrowsM03のメリット・デメリットは?】

 

楽天edy機能を使えば楽天ポイントでAmazonギフト券を購入する事もできるので
Amazonアカウントへポイント集約するのにとても便利です。

 

最後の廉価版端末は2000円以下、
場合によっては1000円程度で購入できる端末をいいます。
ZTEシリーズが2000円以下で良く選ばれています。

ただスペックが低いので今お使いの端末との2台持ちを前提として
テザリング利用でのルーター代わりと通話専用端末にするとよいでしょう。
ZTEシリーズ

 

またスマホケース・ガラスフィルムについては必ず購入しておくようにしてください。
格安SIM利用中に一番費用がかかるのが端末代金となります。

端末補償などに加入されない場合は特にスマホケースにはこだわって
SIMフリーのスマートフォンを大事に使うようにしてくださいね。

 

 【楽天モバイル端末補償加入していないのに端末故障!どう対応したの?】

 

 

楽天モバイルで利用するプランを決める

楽天モバイルで利用するプランを決める

 

楽天モバイルでは3.1GBから30GBまでのLTE回線を利用した5種類のプランと
200Kbpsの通信速度で通信量の上限なく利用できるベーシックプランが用意されています。

 

ほとんどの方は3.1GBプランか5GBプランの選択になると思います。

 

楽天モバイルの料金プランは他の格安SIMキャリアと比べても良心的で
料金プラン的に楽天モバイルで損をする事はないでしょう。

また通話料金については3種類のオプション通話サービスが用意されています。

 


楽天モバイルで用意されている通話オプション

  • 楽天でんわ 月額0円
  • 5分間かけ放題 月額850円
  • 通話し放題 月額1980円

 

楽天でんわは通常の30秒/20円の通話料金が30秒/10円で利用できる
お得な無料通話オプションです。

月額基本料金が0円なので必ず加入しておきましょう。

5分間かけ放題や通話し放題は別途料金がかかりますが
LINEなどの無料通話アプリを利用せずによく通話を行う方
加入を検討してみて良いと思います。

 

 【楽天モバイルの5分間かけ放題ってどうなの?】

 

かけ放題オプションへの加入の判断は月の通話時間になります。
月の通話時間が42分以上なら楽天でんわより5分間かけ放題がお得になり
月の通話時間が2時間以上なら通話し放題がお得になります。

 

楽天モバイルの通話オプションは楽天モバイル申し込み後でも
マイページからいつでも加入できるので月の通話時間が不明な方は
とりあえず申し込み時には楽天でんわのみの加入でも問題ないですよ。

 

 

楽天モバイルの支払い方法を決める

楽天モバイルの支払い方法を決める

 

続いて楽天モバイルの支払い方法を決めましょう。
楽天モバイルでは3種類の支払い方法が選択できます。


楽天モバイルの支払い方法

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 口座振替

 

クレジットカード払いについては国内で発行されたカードなら
ほとんどすべてのクレジットカードが利用できます。

もちろん楽天カードをお持ちなら貯まる楽天ポイントの量も飛躍的に増えるので
楽天モバイルを利用するなら楽天カードを積極的に使っていきましょう。

 

 【5000ポイントもらえる楽天カードの詳細はこちら】

 

デビットカードについては楽天銀行、スルガ銀行のデビットカードに対応しています。

続いて口座振替でのお支払いですが注意点が2つあります。

 


口座振替の注意点

  • 端末割引キャンペーンの端末代金はポイント一括払いか代金引換一括払いのみ対応
  • 代金引換で端末を一括購入する場合即日MNPが不可となる

 

口座振替ではクレジットカードのように端末の分割払いに対応しておらず
代金引換か楽天ポイントでの端末代金の一括払いとなります。

 

代金引換を利用した場合端末代金1万円未満なら300円、3万円未満なら400円、
10万円未満まで600円の代金引き換え手数料がかかります。

 

また口座振替での代金引換利用時は電話連絡でのMNP即日切り替えが不可となり
2、3日の不通期間が発生してしまいます。

不通期間を回避するにはコンビニなどで楽天ポイントを数万円購入後
楽天IDに登録してポイントで支払う必要があります。

 

申し込みの解説時にも紹介させていただきますが申し込み途中での支払い方法に
月々のお支払いを口座振替、端末代金のみポイント払いorクレジットといった選択ができるので

 

口座振替利用で端末を購入しつつ即日MNPしたい方は
コンビニで楽天ポイントを3万円を上限に購入してくださいね。

※楽天ポイント利用上限は3万ポイントとなっています。
 つまり3万円以上の端末はポイント払いはできません。

 

楽天ポイントで端末代金を支払ってしまえば
代引き手数料もかからず少しだけお得になりますね。

 

格安SIMの毎月の料金の支払いに口座振替が利用できるキャリアは少なく
クレジットカードをお持ちでない方は楽天モバイルが利用しやすいでしょう。

もちろん支払い方法は申し込み後にクレジットカードに変更する事も可能です。

 

まだクレジットカードをお持ちでない方
口座振替で楽天モバイルを利用しつつ楽天カードなども申し込んでみてくださいね。
シナジー(相乗)効果抜群で楽天ポイントが貯まりますよ。

 

 

本人確認書類を用意、スマホで写真を撮っておく

本人確認書類を用意、スマホで写真を撮っておく

 

事前準備の最後が本人確認書類の用意となります。

 

本人確認書類は色々とありますが免許証やパスポートが一般的でしょう。
現在の住所と同じ本人確認書類を用意してスマホカメラやデジカメで写真を撮っておきましょう。

裏面の撮影も必要な方は裏面も忘れずに撮影しておきましょう。

 

パソコンで申し込みをされる方はスマホで本人確認書類撮影後、
一番最初に取得した自分のGmail宛に写真を添付して送信しておきましょう。
ブラウザから添付写真をパソコンに保存しておいてくださいね。

セキュリティ面が心配な方は直接パソコンにスマホをつないで
デスクトップに保存しておきましょう。

 

スマートフォンから楽天モバイルへMNP申し込みをされる方
直接スマホのアルバムから選択する事ができますよ。

免許証やパスポート以外の本人確認書類については
補助書類が必要となる為この記事の後半で説明させて頂きます。

 

 【楽天モバイルの本人確認書類について】

 

楽天モバイルにMNP申し込みする前に準備しておく事まとめ

楽天モバイルにMNP申し込みする前に準備しておく事まとめ

 

これで楽天モバイルへMNP申し込みする場合の事前準備は終了です。

 


準備した事

  • 楽天ID、Gmailを取得する
  • Gmailを現在使っている端末に登録・同期する
  • 楽天モバイルで利用するキャンペーン・購入端末を決める
  • 楽天モバイルで利用するプランを決める
  • 楽天モバイルの支払い方法を決める
  • 本人確認書類を用意、スマホ撮影する

 

これだけしっかりと準備していれば
楽天モバイルへのMNP申し込みはきっと30分以内で完了するでしょう。

 

パソコンから申し込みをされる方は
新規メモ帳に楽天IDとパスワード、Gmailアドレスとパスワード、利用するプラン、
購入する端末、通話オプション、支払い方法などを記載して保存しておきましょう。

また申し込みの際のMNP予約番号と有効期限もそのメモ帳に
保存するとMNP申し込み作業がさらにスムーズになります。

 

これらの必要な情報が保存されたテキストファイルと本人確認書類の画像データ
デスクトップのわかりやすい所にフォルダにまとめておきましょう。

 


申し込み前に準備しておくものまとめ

  • 楽天IDなど必要情報が記載されたメモ帳
  • クレジットカード、またはキャッシュカード(口座番号がわかるもの)
  • 本人確認書類の写真撮影データ

 

楽天モバイルのMNPの申し込みはMNP予約番号の取得が必要となります。
MNP予約番号は現在のお使いのキャリアで発行してもらう必要があります。

docomoの場合はネットからなら24時間発行が可能となりますが
それ以外の発行方法の場合、電話なら各キャリア共通で朝9時から夜8時頃までです。

 

au、ソフトバンクでのネットからのMNP予約番号発行は
朝9時から夜9時30分までとなっているのでお仕事終わりなどで
申し込み手続きをされる方は時間帯にご注意くださいね。

それでは楽天モバイルへ30分でMNP申し込みにチャレンジしてみましょう!

 

 

30分で楽天モバイルへMNP申し込みチャレンジ!【画像付き】

30分で楽天モバイルへMNP申し込みチャレンジ!【

 

事前にしっかりと準備された方は30分で
楽天モバイルへMNP申し込みも簡単に行えると思います。

 


MNP申し込み前に準備しておくもの

  • 楽天IDなど必要情報が記載されたメモ帳
  • クレジットカード、またはキャッシュカード(口座番号がわかるもの)
  • 本人確認書類の写真撮影データ(PCの方はパソコンに保存しておく)

 

それでは楽天モバイルへMNPを利用した申し込み方法
画像付きでご紹介していきます。

 

現在お使いのキャリアからMNP予約番号を取得する(5分目安)

 

楽天モバイルへMNPでの申し込みを行うには
まず、現在お使いのキャリアからMNP予約番号を取得する必要があります。

またMNP予約番号には15日間の有効期限が設定されています。
楽天モバイルではこの有効期限が10日間以上残っている事が条件となります。

 

このエントリーではMNP予約番号発行と楽天モバイルへのMNP申し込みを
同じ日に行う事を推奨しているので有効期限の問題はないですが
MNPの予約番号発行まで事前準備する予定の方
有効期限に注意してMNP予約番号を発行するようにしてくださいね。

 

パソコンからの申し込みの方は事前に用意したメモ帳に
MNP予約番号と有効期限をしっかりとメモして保存してください。

楽天モバイルのMNP申し込み時には有効期限の入力欄があります。
忘れずに有効期限もメモしてくださいね。

※所要時間は5分間を目安にしていますが
 混雑状況などによって時間がかかる場合があります。

それでは各キャリアのMNP予約番号発行方法をご紹介します。

 

docomoのMNP予約番号の発行方法

  • 携帯電話 151
  • 一般電話 0120-800-000
  • 受付時間 9:00~20:00

  • パソコン My docomoより「各種お申し込み・お手続き」をご選択ください。
  • 受付時間 24時間 ※システムメンテナンス時間を除く


 

au/沖縄セルラーのMNP予約番号の発行方法

  • 携帯電話/一般電話 0077-75470
  • 受付時間 9:00~20:00

  • EZWeb トップより「auお客さまサポート」をご選択後「申し込む/変更する」をご選択ください。
  • 受付時間 9:00~21:30


 

ソフトバンクのMNP予約番号の発行方法

  • 携帯電話/一般電話 0800-100-5533
  • 受付時間 9:00~20:00

  • Yahoo!ケータイ トップより「My SoftBank」をご選択後「各種変更手続き」をご選択ください。
  • 受付時間 9:00~21:30

 

 

 

楽天モバイル公式ページからMNP申し込み!(25分目安)

 

MNP予約番号が取得できたら楽天モバイルの公式ページに移動します。

 

 楽天モバイル公式ページはこちら

 

楽天モバイル公式ページの「お申込み」や「今すぐ申し込み」を選択します。

「お申込み」や「今すぐ申し込み」を選択

次のページの下部にある「今すぐwebで申し込み」を選択します。

「今すぐwebで申し込み」を選択

 

すると端末がズラーっと表示されるので事前に決めておいた
目当てのSIMフリー端末を選択しましょう。
コミコミプランの方は別ページからのお申込みとなります。

SIMフリー端末を選択

 

同じページからSIMタイプを選択します。
MNP申し込みの場合は通話SIMを選択します。

MNP申し込みの場合は通話SIMを選択

 

料金プランと端末のカラーを選択します。
端末を購入する場合はSIMサイズと初月無料利用は自動で選択されています。

料金プラン

端末のカラーを選択

 

続いてオプションの選択です。主に決めるのは端末補償の有無です。
自然故障や不具合の場合メーカー保証が1年間利用できますが
落下や水没などが怖い方は加入しておきましょう。

オプションの選択

端末補償以外のオプションについては後からの加入が可能です。

 

続いてアクセサリーの購入です。

アクセサリーの購入

 

端末保証に加入しない場合スマホカバーと液晶用のガラスフィルムは必須です。
アマゾンなどでも購入できるのでアマゾンが良い方はAmazonで購入してください。

スマホカバーは3000円程度のものが端末からはみ出す遊び部分が多く、
より端末保護の強度が上がります。

 

アクセサリーが決まったら次は個人情報の入力です。
楽天IDをお持ちなら入力が多少楽になります。

個人情報の入力

 

そして一番重要なMNP情報の入力画面となります。
今、お使いの電話番号を引き継ぐ(MNP)を選択します。
自宅から楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する

 

SIMカードが届いてから即日利用が可能になる
「自宅から楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する」
チェックが入っている事を確認しておいてください。

MNP対象電話番号、MNP予約番号、MNP有効期限を入力・選択します。
MNP情報の入力画面

 

MNP情報が入力できたら楽天でんわと通話オプションの選択です。
注意事項にチェックを入れて通話オプションを選択します。
あまり通話を行わない方も月額0円の楽天でんわは利用しましょう。

通話オプションを

 

このページは画像や選択方法がよく変更されるので
こちらの画像はあまり参考にならないかもしれません。
間違わずに選択してくださいね。

 

その後は住所とパスワード、配送先と支払い方法を選択します。
楽天IDでログインしている場合は住所などの記入は不要となります。
選択や入力する項目が多く一番時間がかかるかもしれません。

パスワードはマイページであるメンバーズステーションに
ログインする時に使用するのでしっかりと控えておきましょう。
※マイページは楽天IDでログインする事も可能です。

住所とパスワード

 

また支払い方法に口座振替を予定されている方
機種割引キャンペーン利用の場合、楽天ポイントで端末代金を支払わないと
即日でのMNPが利用できません。

 

代金引換利用時は2、3日の不通期間が発生してしまうので
コンビニなどで楽天ポイントを端末代金分購入してから
口座振替(月々のお支払い)
クレジットカード、ポイント支払い(端末/アクセサリー費用)と記載された
真ん中のお支払い方法を選んでくださいね。

クレジットカード、ポイント払い(端末/アクセサリー費用)

 

入力が完了したら規約情報を読み込んで申し込みの確定です。

申し込みの確定

 

申し込み確定後、個人情報入力時に設定したメールアドレス宛に
本人確認書類のアップロード用のURLが送られてきます。
私の場合はアップロードURLのログインパスワードは生年月日でしたが
現在は変更などがあるかもしれません。

※生年月日2017年1月1日の場合は「20170101」になります。

 

本人確認書類のアップロードが完了したら
楽天モバイルのMNP申し込みは完了となります。

 

お疲れ様でした。
どうでしたか?何分で申し込みできましたか?

 

私は慣れている事もあるかもしれませんが大体15分ほどで
記入がすべて完了となりました。

MNP予約番号の発行と併せて20分ほどでしょうか。
30分でMNP申し込みが完了できるように頑張ってくださいね!

 

これで30分でできる楽天モバイルへのMNP申し込みは終了となりますが
続いてSIMカード到着後の回線切り替え手続きについても
ご紹介させていただきます。

 

 

SIMカードが届いたらMNP回線切り替え手続きをしよう!

SIMカードが届いたらMNP回線切り替え手続きをしよう!

 

楽天モバイルへのMNP申し込みが30分で完了したら申し込みの確定、
本人確認書類のアップロード後、平均で2営業日から3営業日で到着します。

私の場合は週末にネットから申し込みを行った後、
水曜日ごろに到着したと思います。

 

SIMカードが到着したらMNPの回線切り替え手続きを行います。
楽天モバイルへのMNPは電話連絡での回線切り替え申し込みとなります。

電話で楽天モバイルへ連絡を入れることで
不通期間が発生せず即日での利用が可能となっています。

楽天モバイルへの電話は通話料無料で24時間受付となっています。

 

楽天モバイルMNP開通センター電話番号

  • 0800-805-1111 ※通話料無料

 

朝の9時から夜20時59分までの連絡完了なら連絡後15分ほどで
夜の21時から朝の8時59分の申し込み完了の場合は翌朝9時以降に
1時間ほどの切り替え時間でMNP切り替えが完了します。

 

夜の9時以降の申し込みの場合は翌朝9時からの切り替え手続きとなるので
時間に余裕をもって申し込むようにしましょう。

 

楽天モバイルへの電話連絡は
以前に利用していたキャリアのSIMカードを挿した端末から行ってください。

 

MNP回線切り替え前の楽天モバイルのSIMカードでは
まだ通話は利用できないのでご注意くださいね。

以前利用していたキャリアはこのMNP回線切り替えが
楽天モバイル側で完了した時点で自動解約となります。

キャリアショップへ解約のお手続きに行く必要はないので覚えておいてくださいね。

 


楽天モバイルへのMNP回線切り替えのポイント

  • SIMカード到着後楽天モバイルへ電話連絡で回線切り替えをする
  • 楽天モバイルへの電話連絡は前のキャリアのSIMで電話する
  • 朝9時~夜20時59分までなら15分で回線切り替えが完了する
  • 夜21時以降だと翌朝9時から1時間ほどで切り替え完了となる
  • 口座振替での端末と同時購入の場合は不通期間が発生する
  • MNP切り替え完了時に利用していたキャリアは自動解約となる

 

 

回線切り替え手続きが出来たらAPN設定を行う(画像付き)

回線切り替え手続きが出来たらAPN設定を行う

 

楽天モバイルへのMNP回線切り替え連絡が完了したら
次は端末へのAPN設定です。

APN設定とは使用する端末へ楽天モバイルの電波をつかむための
情報を登録する事です。

それでは画像付きで説明させていたただきます。

 

マイページから申し込み種別を確認する!

 

まずは申し込み種別を確認します。
楽天モバイルのメンバーズステーションにログインするか
SIMカードの台紙から申し込み種別を確認します。

楽天IDでメンバーズステーションにログイン

メンバーズステーションにログイン

 

ログイン後、登録情報・設定変更内にある「ご契約者さま情報」を選択

「ご契約者さま情報」を選択

 

赤枠で囲われている申し込み種別を確認する

申し込み種別を確認

 

SIMカードの台紙からも申し込み種別が確認できます。

SIMカードの台紙申し込み種別が確認

 

申し込み種別が006、007の方は「rmobile.jp」を
008、009の方は「rmobile.co」のAPN情報を端末に入力します。
申し込み種別

 

これで申し込み種別の確認は終了です。

 

端末へのAPN登録方法

 

それではarrowsM03の設定画像を使ってAPNの設定方法を
ご紹介させて頂きます。

 

arrowsM03の設定を選択します。

設定を選択

 

続いてデータ通信・機内モードを選択します。

データ通信・機内モードを選択

 

モバイルネットワークを選択します。

モバイルネットワークを選択

 

アクセスポイント名を選択します。

アクセスポイント名を選択

 

すでに楽天モバイルのAPNが登録されている場合は
申し込み種別に合ったアクセスポイント名を選択します。

申し込み種別に合ったアクセスポイント名を選択

 

楽天モバイルから端末を購入された方
すでにAPN情報が登録されているので申し込み種別に従って
「rmobile.jp」か「rmobile.co」を選択します。

 

楽天モバイルのAPN情報が無い方は右上の「+ボタン」から
APN情報を手動で入力します。

APN情報はSIMカードに同封されている冊子にも記載されていますが
一応、こちらでも記載しておきますね。

 

rmobile.jpのAPN情報(申し込み種別006、007の方)

APN名

  • rmobile.jp

ユーザ名

  • rm

パスワード

  • 0000

認証方法

  • PAPまたはCHAP

以下は必要に応じて設定してください。

接続方法(PDP Type)

  • IP接続

MCC

  • 440

MNC

  • 10
rmobile.coのAPN情報(申し込み種別008、009の方)

APN名

  • rmobile.co

ユーザ名

  • rm

パスワード

  • 0000

認証方法

  • PAPまたはCHAP

以下は必要に応じて設定してください。

接続方法(PDP Type)

  • IP接続

MCC

  • 440

MNC

  • 10

 

 

楽天モバイルのiPhone用のAPN設定

iPhone用のAPN設定

 

楽天モバイルのMNP申し込みでiPhoneを利用される方も多いと
思いますのでiPhone用のAPN設定方法もご紹介しておきます。

楽天モバイルのiPhoneのAPN設定はwifi接続が必要となります。
wifiに接続されたiPhoneで設定を行ってくださいね。

 

まずは以前利用していたキャリアのAPN情報を削除します。

 

ホーム画面から設定を選択

iPhone設定を選択

 

一般を選択します。

一般を選択

 

「プロファイルとデバイス管理」を選択します。
※「プロファイル」と表示される場合もあります。

プロファイルとデバイス管理

 

削除したいAPN情報を選択します。

削除したいAPN情報を選択

 

プロファイルの削除を選択してください。

プロファイルの削除を選択

 

これでプロファイルの削除は終了です。
続いて楽天モバイルのAPN設定の登録です。

 

 

まずは申し込み種別をSIMカード台紙かマイページから確認します。

申し込み種別をSIMカード台紙かマイページから確認

 

申し込み種別が確認できたら
wifi接続されたiPhoneからsafariを起動します。

iPhoneからsafariを起動

 

safariが起動できたら申し込み種別に従って以下のURLにアクセスします

プロファイルURL

 

URLアクセス後、起動画面が開くのでプロファイルをインストールします。

プロファイルをインストール

 

プロファイルインストール後、wifi接続を切り
LTEでのデータ通信が可能となったらAPN設定は完了となります。

 

 

 

楽天モバイルへMNPする場合に必要な料金は

 

楽天モバイルへMNPする際にかかる料金は
以前利用していたキャリア元に支払うMNP転出手数料
楽天モバイルに支払う事務手数料となります。

楽天モバイルへMNP申し込みをする際の手数料はMNP転出手数料が2000円、
楽天モバイルの事務手数料は3000円の合計5000円が必要となります。

 


楽天モバイルへMNP利用時支払う料金

  • MNP転出手数料 3000円
  • 楽天モバイル事務手数料 3000円
  • 合計 6000円

 

楽天モバイルへMNPで申し込みを行う場合に
かかる最低料金は合計6000円となります。

 

しかし解約月以外での解約や端末の支払い残債などが
残っている場合は別途料金が必要となる場合があります。

解約時にかかる違約金や端末代金の残債の支払い方法は
現在、お使いのキャリアでしっかりと確認する必要があります。

 

また以前利用していたキャリアのポイントなどが貯まっている場合
解約すると失効してしまうのでしっかりと使い切っておいてくださいね。

 

 

楽天モバイルで利用できる本人確認書類の一覧

 

楽天モバイルで利用できる本人確認書類の一覧を紹介しておきます。

本人確認書類では顔写真があるものが基本的に1枚で利用出来、
顔写真の無いものには補助書類が必要となります。

 


楽天モバイルで利用できる本人確認書類

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 運転経歴証明書
  • 健康保険証+補助書類
  • 住民基本台帳カード+補助書類
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書
  • 在留カード

※個人番号(マイナンバー)はご契約者本人確認書類として
 ご利用いただけません。

 

補助書類とは公共料金支払い領収書、届出避難場所証明書、または住民票となります。
発行から3ヶ月以内である事、氏名住所が同じである事が条件となります。

公共料金の支払い領収書は電気・都市ガス・水道いずれかとなります。

本人確認書類は免許証かパスポートが補助書類の必要もなく
利用しやすいのでおすすめとなります。

 

 

楽天モバイルへMNPする場合の注意点は

 

楽天モバイルへMNP申し込みを行う場合の注意点
ご紹介させて頂きます。

 


楽天モバイルへMNP利用時の注意点

  • 楽天モバイルへのMNP申し込みはMNP予約番号が必要
  • MNP予約番号の有効期限は15日間
  • 楽天モバイルMNP申し込みは有効期限が10日間以上残っている事が条件
  • 楽天モバイルのMNP申し込みはSIMフリー端末も購入しておく
  • 口座振替で端末割引キャンペーンを利用した場合、代金引換決済だと即日MNPは利用できない
  • 口座振替選択時は端末代金は楽天ポイントで支払うと即日MNPが利用できる
  • MNPの回線切り替えは朝9時から夜の20時までに行う
  • 夜の21時以降だと翌日にランダムで回線切り替えが始まってしまう
  • 楽天モバイルへMNP利用時にかかる最低料金は5000円
  • その他にも以前利用していたキャリアの違約金や端末代金の残債に注意する

 

この中で特に注意して頂きたい事は
楽天モバイルの口座振替で端末割引キャンペーンを利用する場合です。

 

MNP利用時の支払い方法に口座振替利用で
代金引換で端末割引キャンペーンを利用した場合
2.3日の不通期間が発生してしまうのでご注意ください。

 

楽天モバイルで口座振替で端末割引キャンペーンを利用する場合は
端末代金が3万円以下ならすべて楽天ポイントで支払ってしまった方
不通期間や代引き手数料もかからずお得となります。

 

同じ端末代金を支払うならコンビニで楽天ポイントを数万円分購入後
楽天IDに登録してポイントで端末代金を支払うようにしてください。

楽天ポイントの端数が余った場合は楽天市場で利用したり
楽天モバイルの月額料金の支払いに充てることができます。

 

また夜21時以降でのMNP切り替えの申し込みを行った場合は
翌日の朝9時以降に申し込み順でのMNP切り替え手続きとなります。

外出先などで切り替え作業がいきなり始まってしまうので
前日21時以降にMNP回線切り替え連絡を行った場合は
前の端末と楽天モバイルから購入した設定済みのSIMフリー端末の
2台持ちで外出した方が良いでしょう。

 

お手持ちの端末を利用される予定の方は切り替え作業が完了するまで
外出は控えた方が良いかもしれませんね。

MNP切り替えのお電話は夜20時ごろまでに連絡すると15分ほどで完了しますよ。

 

 

楽天モバイルへMNPを使って申し込み!のまとめ

 

  • 楽天ID、Gmailを取得する
  • Gmailを現在使っている端末に登録・同期する
  • 楽天モバイルで利用するキャンペーン・購入端末を決める
  • 楽天モバイルで利用するプランを決める
  • 楽天モバイルの支払い方法を決める
  • 本人確認書類を用意、スマホ撮影する
  • 現在お使いのキャリアからMNP予約番号を取得する
  • 楽天モバイルへ30分でMNP申し込みにチャレンジする
  • SIMカードが届いたらMNP回線切り替え手続きをする
  • 回線切り替え手続きが出来たらAPN設定を行う

 

楽天モバイルのMNP申し込みは事前準備さえしっかりと出来ていたら
速い方では20分ほどで申し込みが完了すると思います。

 

楽天モバイルのMNP申し込み手順の記事自体はすぐに
書くことが出来たのですが注意点やAPN設定方法なども記載していくと
とても長い記事となってしまいました。

 

楽天モバイルのMNP申し込みは
本人確認書類、クレジットカード(銀行口座)、楽天ID、MNP予約番号と有効期限
があれば申し込みが可能となります。

 

MNP申し込み前に手順と注意点をしっかりと理解して
手早く楽天モバイルへの申し込みを済ませてくださいね!