DMM mobileの評判ってどうなの?メリット・デメリットは?

動画サービスやFXなどのウェブサービスで有名な
DMM.comが格安simサービスも提供しています。
DMM mobileの評判やメリット・デメリットをご紹介します。



■ DMMmobileのメリット

  • 豊富なプランと格安の月額料金
  • 3日間の通信上限無し
  • 家族で利用できるデータ通信量シェア
  • 10GBプラン以下で格安SIMキャリア最安値料金
  • 低速モードにバースト転送機能が利用できる

DMM mobileってどんなサービス?料金は?

dmmlogo2

DMM mobileはFXや動画サービス、ゲームや電子書籍など
幅広いwebサービスを提供しているDMM.comが運営している
格安simサービスです。

機能設備などは同じ格安sim会社であるIIjmioから借りて
運営されているためIIjmioと似たようなサービスが多いです。

また電波網はdocomo回線を利用しているので
docomoブランドの端末やiPhoneをお持ちの方はスムーズに
DMM mobileを利用する事ができます。

DMM mobileの料金は?

dmmryoukinn

DMM mobileの料金は最安値440円のライトプランから
運用する事ができて200kbpsの通信速度となっています。

LTEを利用したデータ通信プランは
1G、2G、3G、5G、7G、8G、10G、15G、20Gの
9種類とライトプランを合わせて10種類のプランが用意されています。

この10種類のプランの数は格安sim会社の中では
かなり豊富なプラン数となっています。

DMM mobileの4つのメリット

DMM mobileのメリットは大きく分けて3つあります。

一つ目はライトプランのバースト転送モードです。
dmmba-suto

バースト転送モードというのは低速度のプランでも
最初の一定量だけ300Mbpsの転送速度で通信が可能になるモードです。

そのためyahooなどwebサイトを閲覧する場合など
最初の一定量が高速通信となる為ストレスなくwebサイトを閲覧する事ができます。
dmmbasuto1

またバースト転送モードはwebサイトだけでなく
メール受信やLINEなどのアプリでも有効ですので
軽いアプリなども問題なく利用する事ができます。

2つ目のメリットはdocomo回線を利用している事です。

dmmdocomokisyu

docomo回線を利用している事でdocomoの幅広い電波網を
そのまま使う事が出来て電波圏外の心配がありません。

またdocomoブランドの端末やiPhoneもsimを挿しかえて
開通設定をするだけですぐにDMM mobileを利用する事ができます。

3つ目のメリットは10GBプラン以下では業界最安値であるという事と
8Gプラン以上のデータ通信プランから家族シェアが可能になっている点です。

dmmkazokusyaryoukin1

現在格安simで人気なのが楽天モバイルですが
楽天モバイルの通話sim5Gプランで2150円。

対してDMM mobileの通話sim5Gプランは1910円と240円の差があります。

10Gプランを比較しても楽天モバイルが2960円に対して
DMM mobileは2890円となっています。

また8G以上のプランから家族シェアが利用できます。
特に大容量プランでは家族シェアとの相性が良く
DMMmobileを家族全員で利用する事ででかなりの月額料金が節約できます。

dmmkazokusyaryoukin

1つの料金プランで追加できるsimの数は3つまでとなっており
3人家族の方はとても使いやすい格安sim会社となっています。

料金も20Gの音声通話プランで7380円と家族3人使用で一人当たり2380円。
10Gプランだと4290円で一人当たり1430円とかなりお得です。

4つ目のメリットはMNPが即日開通できるようになった点です。

以前の格安simですとMNPをすると格安simが届くまで3日間程度の
不通期間が発生していましたがDMM mobileは自分で開通設定を行う事で
回線の切り替えの1時間程度の不通期間で即日利用開始する事ができます。

専用のwebサイトから申し込みをするだけなので
難しい設定も必要なく簡単にMNPを利用することができます。

DMM mobileのデメリットは?

DMM mobileのデメリットは同時購入できる端末の値段が
楽天モバイルなどのトップシェアを誇る格安simに比べて
少し高いお値段になっている所です。

dmmsumahosetto

現在、おサイフケータイ機能搭載のsimフリー端末で人気なのが
arrows m02ですが楽天モバイルだと通常価格で2万9800円ほど。

対してDMM mobileでsimとarrwos m02を同時購入すると
3万3000円ほどとなっています。

amazonなどの大手ショッピングサイトでも
arrwos m02は2万9000円程度となっており割高感は否めません。

さらに楽天モバイルは随時、simと同時購入で
simフリー端末が値引きになるキャンペーンを行っています。
このキャンペーンを利用するとarrwos m02だと1万円引きや半額程度で
購入する事ができます。

そのためDMM mobileを申し込みする場合は
同時購入すると端末が割高なため、別でsimフリー端末を用意する方が
お得となっています。

DMM mobileはsimフリー端末やdocomoブランド端末をお持ちの方が
sim単体で契約するのがお得な格安simとなっています。
dmmsimtanpin

2つ目のデメリットは
1G当たりの料金がプランごとにばらばらの点です。

DMM mobileの料金プランは他社と比較して料金プランを設定しています。

dmmryoukinn

そのため通常ならば1ヶ月あたりのデータ通信プランを大きいプランにすると
それだけ1G当たりの料金が下がってきますが

DMM mobileの場合は5Gプランで1G当たり242円、
10Gプランで1G当たり219円、20Gプランで1G当たり249円と
1G当たりの料金が10Gプランと20Gプランで月に300円ほど差がついてしまいます。

月に数百円程度の差となりますが
月額3000円程度で運用ができる格安simでは大きな差になってきます。

そのためDMM mobileでプラン選択をする場合は
この点だけ注意して最適のプランを選択する事が重要です。

DMM mobileがおすすめなのはどんな人?

DMM mobileがおすすめなのは
家族で格安simの運用を考えている方、
すでにsimフリー端末やdocomoブランドの端末をお持ちの方です。

DMM mobileの料金プラン数は格安simの中でも
トップのプラン数が用意されています。

また、料金も他社と比較して料金設定がされているので
1ヶ月あたりの料金も格安sim最安値クラスになっています。

また家族3人まで1つの8G以上のプランのデータ通信量を分け合えるので
家族での運用もおすすめです。

データ通信量が余れば翌月に繰り越せるサービスもあるので
月末にDMM mobileを申し込んで翌月に余ったデータ通信量を
大量に持ち越せば普通に使用する分にはデータ通信量の不足なども起こりません。

そのためDMM mobileがおすすめなのは
家族3人の運用でsimフリー端末やdocomoブランド端末が
用意できる方にぴったりの格安simとなっていますよ。

DMM mobileの評判ってどうなの?メリットデメリットは? のまとめ

  • DMM mobileはデータ通信のプラン数が格安simの中でNO.1
  • DMM mobileのプラン料金も格安sim最安値級
  • DMM mobileで同時購入できる端末は他社と比べて割高になる。
  • DMM mobileの料金プランは1G当たり料金にばらつきがある
  • DMM mobileは家族3人までデータ通信を分け合える。
  • DMM mobileはdocomoブランド端末、simフリー端末なら問題なく利用できる

DMM mobileは家族で運用される方や
docomoブランド端末、simフリー端末をお持ちの方にぴったりの格安simです。

特に家族3人で運用すると一人当たりの最低維持費が1400円台と
かなりの節約になると思いますよ!

コメントを残す