BIGLOBE SIMの料金は?メリット・デメリットのご紹介

BIGLOBE SIMは大手プロバイダーのBIGLOBEが提供している
格安simサービスです。

BIGLOBE SIMの料金やメリット・デメリットをご紹介します。



■ BIGLOBESIMのメリット

  • 繰り越しサービスが利用できる
  • 無料通話が3分かけ放題と60分無料通話で選択できる
  • 家族で利用できるデータ通信量シェア
  • docomo回線で電波状況が優秀
  • 即日MNPが利用できる

BIGLOBE SIMの料金は?

biglobeeraberupran

BIGLOBE SIMの料金はデータ通信simで3種類、
音声通話simで4種類用意されています。

データ通信のみが可能なデータ通信プランは
3G/900円、6G/1450円、12G/2700円となっています。

biglobedataryokin

音声通話が可能な音声通話simのプランは
1G/1400円、3G/1600円、6G/2150円、12G/3400円となっています。

biglobeonseituwapran

また音声通話プランには追加サービスとして
月額650円で60分の無料通話がついてくる通話パック60という
サービスも人気です。

biglobedenwa

注意点は音声通話プランには12カ月の最低利用期間が設定されており
利用開始月から12カ月以内に音声通話プランを解約すると
音声通話サービス契約解除料金が8000円かかってくることです。

またMNPにも対応しており
格安simのデメリットだった不通期間がなく利用する事ができます。
指定のwebサイトからご自分でMNP開通設定をする事で
簡単に即日、BIGLOBE SIMが使えるようになっています。

biglobemnp

BIGLOBE SIMのメリットは?

BIGLOBE SIMのメリットは主に4つ。

今月に余ったデータ通信量を翌月に持ち越せる
繰り越しサービス、

biglobekurikosi

利用エリアがdocomo回線を利用しているため
電波が届く範囲がとても広い事、

biglobeeria

MNPで不通期間がほとんど発生せず利用できる事、

biglobemnp

家族でシェアできるシェアsimを申し込みできる事、

biglobekazokusyea

BIGLOBE SIMを利用する事でGポイントが利用できる事です。

biglobegpointe

これらの4つのメリットの中でも特におすすめしたいのが
家族シェアができるところです。

家族シェアが利用できる格安simはDMM mobileなどの数社を除いて
あまりありません。

BIGLOBE SIMは家族で利用する場合にとてもお得になる格安sim会社となっています。

BIGLOBE SIMで家族シェアが使えるプランは6Gと12Gプランとなっており
6Gプランで家族シェア2枚まで、12Gプランで合計4枚まで
シェアsimを追加する事ができます。

現在、音声通話simの12Gプランの料金は3400円となっていますが
ここにシェアsimを追加すると音声通話simで1枚あたり900円、
SMS有データsimで320円、SMS無しデータsimで200円がかかってきます。

仮に12Gプランに家族4人で音声通話simを追加した場合は
12Gプランの3400円1人に追加sim3人×900円=6100円が基本の料金となってきます。

つまり12Gプランで家族4人でシェアするなら月額一人当たり
1525円で利用できるという計算になります。

DMM mobileの家族シェアと比べると少し月額料金がかかってしまいますが
BIGLOBEという安心ブランドを優先されるならBIGLOBE SIMを
選択されて間違いないと思いますよ!

BIGLOBE SIMのデメリットは?

BIGLOBE SIMのデメリットは同時購入できる端末が
楽天モバイルなどと比べると割高になっている点です。

現在BIGLOBE SIMでは端末を同時購入すると
端末購入アシストとよばれる分割払いでの端末同時購入が可能です。

おサイフケータイ機能搭載のarrows m02で比較してみると
楽天モバイルなら2万9800円ほどで購入できるarrows m02が
1380円の24回払いで3万3000円ほどとなっています。

biglobetannmatubunkatu

また24ヶ月のお支払い期間があり、途中で解約すると
残りの端末代金を一括で支払わなければなりません。

対して楽天モバイルなら端末同時購入キャンペーンも随時行っており、
楽天ポイント還元や1万円割引、時には半額で購入する事ができて
simフリー端末やdocomoブランドの端末をお持ちでない方は
端末代金が高いという点がデメリットとなっています。

BIGLOBE SIMをお手持ちの機種で使うには

BIGLOBE SIMで現在使っている機種を使用するには
simフリー端末であるかdocomoブランドの端末、
2015年5月以降に発売された各キャリアでsimロック解除が可能な
機種となっています。

それ以外のau、ソフトバンクブランドの端末は使用する事ができません。

またiPhoneに関しましてもsimフリー端末かdocomoブランドiPhone、
2015年5月以降に発売されたiPhone6以降のsimロック解除された端末が必要となります。

その他の端末ですと使用できないため、
改めて中古ショップやアマゾンなどのネットショッピングサイトで
端末を購入しないといけません。

またBIGLOBE SIMでsimの申し込みと同時に端末を購入する事ができますが
楽天モバイルでラインナップされている端末に比べると
1万円から2万円近くの差額が発生するためBIGLOBE SIMで
simフリー端末を同時購入するのは割高となっています。

BIGLOBE SIMで同時購入できる端末は以下のようになっています。

biglobehanbaitanmatu

BIGLOBE SIMの料金は?メリット・デメリットのご紹介のまとめ

  • BIGLOBE SIMは音声通話プラン4種類、データ通信プラン3種類がある
  • BIGLOBE SIMは月額650円で音声無料通話60分がついてくるサービスがある
  • BIGLOBE SIMは家族シェアで最大4人までデータ通信量をシェアできる
  • BIGLOBE SIMはデータ通信量の翌月繰り越しサービスがある
  • 月末に契約すると容量繰り越しで家族シェアでも翌月から20G近く通信量が使える。
  • BIGLOBE SIMで同時購入できる端末は割高になる
  • BIGLOBE SIMで使用できるのはsimロック解除された端末、docomoブランド端末
  • au、ソフトバンクでは2015年5月以降に発売された機種がsimロック解除できる

BIGLOBE SIMは老舗の大手プロバイダーとしてたいへん人気があります。
ここでは書ききれませんでしたがBIGLOBEのプロバイダーサービスをご利用なら
月額からさらに200円引きとお得になっています。

BIGLOBEをずっとご使用されている方など
BIGLOBEブランドに安心感がある方はBIGLOBE SIMがおすすめですよ。


コメントを残す