U-mobileの料金、メリット・デメリットは?プレミアム・スーパーってどうなの?

U-mobileは動画配信サービスやインターネットサービスが提供している
U-NEXTが親会社の格安simです。

U-mobileは使用するサービスや回線に特徴があり
その他の格安simよりもチェックポイントがたくさんあります。

そんなU-mobileの料金プラン、プレミアムプラン、スーパープラン、
メリット・デメリットをご紹介します。



U-mobileの料金プランは?

U-mobileの料金プランは主に3つあります。
3G、5G、ダブルフィックスプランの定従量プラン
容量無制限のプレミアムプラン、
そしてデータ通信と無料通話が付いたスーパープランです。

それぞれの料金プランに注意点がありるので
ひとつずつ説明していきます。

U-mobileの定従量プラン、ダブルフィックスとは

umobaryoukinnhyou1

umobaryoukinhyou2

U-mobileの定従量プランには3G、5Gの定従量プランに
加えてダブルフィックスという特殊なプランがあります。

このダブルフィックスというのは
1Gまでとそれ以上でそれぞれ料金がかかるプランで
細かいプラン設定が不要のお手軽なプランになっています。

このダブルフィックスは音声通話プランなら
1Gまでなら1480円、1Gを超えると1780円となるプランです。

ダブルフィックスプランの月々のデータ通信容量は3Gまでとなっており
細かい設定などがいらず1Gまでのデータ通信なら1480円、
1Gを超えると1780円が自動で切り替わるシステムとなっています。

月々のデータ通信が1G前後の方なら3Gプランよりもお安く運用する事が出来て
データ通信が多い月でもデータ容量の追加購入をせずにお安く3Gまで
利用する事ができます。

ただ、月々のデータ通信量が1Gを確実に超えている方は
定従量の3Gプランを選択するのがお得となっています。

また料金表にあるLTE使い放題と使い放題2はプレミアムプランが
登場した事によって2016年6月30日で新規受付が終了しています。

U-mobileのプレミアムプランとは

umobapremiamu

2016年6月30日に新規受け付けが終了したLTE使い放題に代わって
登場したのがこのU-mobileプレミアムです。

U-mobileプレミアムの特徴はLTE使い放題で容量無制限である事です。
気になる料金はデータ通信プランが2480円、音声通話プランで2980円となっています。

umobapreryoukinnhyou

この料金に通話料などが月々追加される計算となります。

2016年6月30日まで受け付けされていたLTE使い放題はフリービットという会社が
回線設備を提供し、今回新たに始まったU-mobileプレミアムは
格安simの老舗であるIIjmioが回線設備を用意してるようです。

U-mobileプレミアムの通信速度は?

U-mobileで新たしく始まったU-mobileプレミアムですが
通信速度はツイッターなどで見てみると実測で1Mbps前後となっているようです。

また容量無制限と言われていますが
短期間での大容量のデータ通信を行った場合、低速度になる通信制限も存在するようです。

サービス開始直後は低速度で評判の良くなかった無制限プランですが
2016年10月以降ではかなり通信速度の改善が報告されています。

現在では無制限プランという事でその他のプランよりも
設備増強を多く行いU-mobileの用意するプランの中で一番速度が安定しています。

U-mobileの中ではかなりねらい目のプランとなっています。

U-mobileのスーパープランとは

umobasupaer

次にご紹介するのはU-mobileのスーパープランです。

U-mobileスーパープランの特徴は1回10分以内の音声通話が
月に300回まで無料である事と

高速データ通信プランを1G、3G、7Gの中から選べて
1G/2980円、3G/3980円、7G/5980円で使用する事ができます。

umobasuperzouryou

実はこのプランもワイモバイルの2980円プランと同じ仕様で
通信回線設備もワイモバイルの回線設備を借りているようです。

現在ワイモバイルは月額料金が1980円と1000円オフのお値段で提供されているので
U-mobileでも対抗して1000円オフの代わりに1Gを2Gに、3Gを6Gに、7Gを12Gに
それぞれデータ容量を増量されています。

また、U-mobileスーパープランの通信速度はワイモバイルと同等となっており
それなりに安定した通信速度を計測しています。

U-mobileスーパーはワイモバイルの1000円オフよりも
データ容量の増量を重視されるならお得になってくるプランとなっています。

U-mobileのメリットは?

U-mobileのメリットはプランの一つであるU-mobileプレミアムプランなら
LTE回線を利用したデータ通信が無制限で使える所、

U-mobileスーパープランではワイモバイルと同等の通信速度で
データ通信容量が多い所です。

LTE回線を利用した無制限プランはU-mobileモバイルだけとなっており
LTE回線で無制限プランを重視する方はU-mobileを選ぶと良いと思います。

特に無制限プランは通信速度が大幅に改善し
かなりねらい目プランとなっています。

またワイモバイルを検討されている方も
ワイモバイルよりもデータ通信量が増量されているので
月々のデータ通信量を気にされる方はワイモバイルよりもU-mobileの方が
お得になってくる計算となります。

親会社の動画配信サービスであるU-NEXTのポイントが
毎月400ポイントから600ポイントプレゼントされるキャンペーンもお得です。

ポイントの有効期限は45日で有効期限が変更になる場合もあるようですが
U-NEXTの動画配信サービスを利用されている方はポイント付与でお得となっています。

U-mobileのMNPに関して不通期間は発生しない事もメリットとしてお伝えしておきます。
umobamnp2

U-mobileのMNP手段は大手キャリアからMNP予約番号を発行した後
U-mobileを申込、simが到着した自分で指定のウェブサイトからMNP開通設定を行います。

従来のU-mobileのMNPはU-mobileがMNP開通設定を行っていたため
申し込みからsim到着までの間、数日間の不通期間がありました。

しかし現在ではsim到着後、自分で開通設定を行う事で
即日U-mobileを使用する事できようになっています。
umobamnp

U-mobileのデメリットは?

U-mobileのデメリットは
すべてのプランでデータ繰り越しサービスが無いことです。

現在ほとんどの格安sim会社で採用されているデータ繰り越しサービスですが
U-mobileではこのサービスを行っていません。

そのため3Gプランなら毎月3Gまでとそのほか格安simの3Gプランと比べて
かなりデータ通信に余裕が無い状態となってしまいます。

またU-mobileプレミアム、U-mobileスーパーは
U-mobileがそれぞれIIjmio、ワイモバイルから回線設備を借りているため
プランが突然終了してしまう可能性があります。

実際にLTE無制限プランを提供していたフリービットという
通信会社との契約が切れた後、IIjmioと契約しなおして別の無制限プランが
登場したように突然プランが終了し新しいプランが登場する事が考えられます。

今回はIIjmioと契約が出来たのでU-mobileの売りである
LTE無制限プランが維持されましたがU-mobileプレミアムプランが
いつまで続くか不透明といった印象を受けてしまいます。

次にワイモバイル回線設備を利用しているU-mobileスーパーですが
こちらのプランも突然終了の可能性があります。

またU-mobileスーパーで使える端末が
simフリー端末、simロック解除された端末かワイモバイル端末しか
利用できないのもデメリットとなります。

その他の定従量プランや無制限プランはdocomo回線を利用しているため
docomoブランド端末がそのまま使用できますが
U-mobileスーパープランはかなり使用できる端末が限られてきます。

以上のようなデメリットもしっかりと理解しつつU-mobileを
契約する事が重要です。

U-mobileってどうなの?私の個人的見解

kanngaeru

私自身は楽天モバイルを利用していますがU-mobileも検討に入れていました。
ただ、実際に使用するにあたって不安に思う点が多かったので見送りとなりました。

その理由としてまずU-mobile一番の売りであるLTE無制限プランは実質通信制限があり
通信制限を考えると月々のデータ通信量は20G前後になる事です。

それでもLTE回線で無制限プランを用意しているのは
U-mobileだけですし20GBプランといえば楽天モバイルでは4000円を超えるプラン料金です。

料金的にみるとお得なプランであるといえます。

しかし他社キャリアからプランをそのままもってきている
U-mobileではいつプランが終了するか不透明なため
その点も不安に感じて見送る事にしました。

U-mobileのメリット・デメリットのまとめ

  • U-mobileは3G、5G、ダブルフィックスの定従量プランがある。
  • U-mobileプレミアムはLTEを利用した無制限プラン
  • U-mobileスーパーは1回10分、月300回まで無料通話がついたプラン
  • U-mobileプレミアム、U-mobileスーパーは他社通信会社の回線設備を使っている
  • U-mobileの特殊プランは利用途中で終了する可能性がある
  • U-mobile無制限プランはかなり通信速度が改善している
  • U-mobileスーパーはワイモバイルの約2倍のデータ通信ができる
  • U-mobileは翌月へのデータ繰り越しサービスには対応していない

U-mobileは無制限プラン、10分月300回の無料通話プランなど
他社の魅力的なプランが用意された格安simです。

その特徴プランはすべてU-mobileではない格安sim会社の回線設備を利用しているため
どうしてもプランの突然終了などの不安感をもってしまいます。

他社の格安simのようにdocomoからしっかりと自社で回線を借りて
プランを用意してくれればこのような不安感も無いのですが
なかなか難しいU-mobileの紹介となってしまいました。

コメントを残す