iPhone6を格安スマホとして使えるの?simロックがかかっていても使える?

iPhone6を格安スマホとして使うにはどうすればよいでしょうか。
また大手キャリアのsimロックがかかっている状態でも使えるのでしょうか。
iPhone6を格安スマホとして利用する方法をご紹介します。



格安SIMのおすすめランキングはこちらです。
SIMフリー端末がお得に購入出来たり通信速度が優秀だったり、
料金がとても安い格安SIMをそれぞれ比べてランキングにしています。

iPhone6は格安スマホとして使えるの?

aifon61

いきなり結論としてお答えしますが
iPhone6に格安simを挿入して格安スマホとして
利用する事は可能となっています。

simを入れ替えるだけですので
中のデータはそのままに今までキャリアで使用していた
感覚のままiPhone6を使う事ができます。

もちろん今まで使っていたiPhone6を格安スマホとして利用しても
音声通話やデータ通信、LTEでの高速通信も問題ありません。

ただ、一つだけ理解しておかなければならないのは
大手キャリアのsimロックの問題です。

simロックというのは契約したキャリアの回線以外で
iPhoneのデータ通信や音声通話が使えないようにするための
キャリアとメーカーが設定した迷惑な機能の事で

2015年5月以前に発売された端末では
すべてsimロック解除が不可能となっています。
※iPhone6は2014年発売

ではsimロックがかかったiPhone6を格安スマホとして
使うために必要な条件を次の項目でご紹介します。

simロックされたiPhone6を格安スマホとして利用するための条件は?

aifon62

今、お使いのiPhone6ですが
格安スマホに変更して設定、データそのままで
お得な料金として使いたいですよね。

ここで問題となってくるのは大手キャリアによる
iPhone6のsimロックです。

しかし大手キャリアのsimロックがかかったままのiPhone6でも
格安スマホとして利用する事は可能です。

simロックがかかったiPhone6を格安スマホとして
利用するための条件とは

docomo、auで契約したiPhone6である事です。

現在、格安スマホといわれる低料金での携帯電話通信サービスは
docomo、auから回線設備を借りて運営されています。

そのためdocomoで契約したiPhone6なら
docomoから回線設備を借りている格安スマホ会社を、

auで契約したiPhone6なら
auから回線設備を借りた格安スマホ会社に申し込みすれば

平均月額利用料金7000円とも言われている大手キャリアの
携帯料金を2000円以下に抑える事が可能となります。

ちなみに私がおすすめする格安スマホ会社は
docomoで契約したiPhone6をお持ちなら楽天モバイル。

 【楽天モバイルをおすすめする理由】

auで契約していたiPhone6ならmineoをおすすめします。

 【mineoのメリットデメリットは?】

さて、ここで一つ問題となってくるのは
ソフトバンクブランドのiPhone6をお持ちの方です。

ソフトバンクブランドのiPhone6をお持ちの方は
残念ながらそのままでは格安スマホとして利用する事ができません。

なぜならソフトバンクから回線を借りている
格安スマホ会社が2016年8月現在、存在していないからです。

ただ、ソフトバンクブランドのiPhone6をお持ちの方でも
料金は発生していますが今のiPhone6を格安スマホとして
利用する方法があります。

それは次の項目でご紹介しますね

ソフトバンクのiPhone6を格安スマホとして使う方法

aifon6

いきなり「自己責任」なんて無責任な言葉を使ってしまうのは心苦しいですが

ソフトバンクブランドのiPhone6でも格安SIMで利用する方法はあります。

格安スマホを使えるようになる方法をしっかり説明させて頂くので
内容をしっかりと理解して利用するかどうか判断してくださいね。

ソフトバンクブランドのiPhone6で格安スマホを利用する方法は
ずばりファクトリーアンロックサービスを利用する事です。

このファクトリーアンロックサービスというのは
iPhoneの本体を送らず遠隔でソフトバンクのsimロックを解除してくれる
サービスの事で

■ iPhone本体を送る必要なし。
■ 脱獄(ジェイルブレイク)作業の必要なし。
■ SIMアダプタ(SIM下駄)の購入の必要なし。
■ 特殊なアプリケーションのインストールの必要なし。
■ iOSのバージョンアップや復元が従来通り問題なくできる。
■ アンロック前のiOSやベースバンドのバージョンには一切関係なくアンロック可能。

といったわずらわしい作業が不要になっている便利なサービスです。

申し込みをしてから10日前後でsimロック解除のメールが届き
遠隔でsimロックが解除されますがいくつかのリスクも存在します。

その一つが料金が発生する事。

iPhone6のアンロックサービスの料金は平均で2万5000円前後となっており
それなりのお値段になっています。

またiOSのバージョンアップなどで
simロックが再びかかってしまう可能性もあります。

こういったリスクを考慮してファクトリーアンロックサービスを
利用するかどうか決めなければいけません。

ファクトリーアンロックサービスが気になる方は
週刊アスキーで実際に試した記事が公開されているので
読んでみるのもおすすめですよ。

 【週刊アスキーの記事はこちら】

週刊アスキーでも利用されていた
ファクトリーアンロックサービスの会社はこちら
■ 香港小龍科技有限公司

※2016年8月現在、遠隔でのsimロック解除は
問題なく利用出来ているようです。

こちらは香港に会社がありますが
日本の方が経営されている1番人気のファクトリーアンロックサービスです。

ファクトリーアンロックサービスはなかなか
なじみのないサービスですがこんな方法もあるんだよと
覚えておいてくださいね。

ソフトバンクのiPhone6を手放す方法もあり。

otokunninarimasita

ファクトリーアンロックサービスはなかなか便利なサービスですが
やはり中国の会社を使うのは怖いという方は

思い切ってソフトバンクブランドのiPhone6を手放してしまうのも「あり」です。

現在ソフトバンクブランドiPhone6の
中古ショップでの買い取り価格は2016年8月現在で
最高2万8000円で買い取りしてもらえます。

ファクトリーアンロックサービスで2万5000円程度
支払うのならばパソコンにバックアップをしっかりとって
新品のiPhone SE、または新品・中古のdocomo、auブランドのiPhone6を
購入するというのも賢い選択だと思います。

現在docomoブランドのiPhone6/16GBのお値段が
新品なら4万5000円、中古価格で3万5000円程度

 【amazonでのiPhone6のお値段はこちら】


appleストアのsimフリーiPhone SEなら税込みで5万1000円で購入できます。

 【appleストアのsimフリーiPhone SEのお値段はこちら】

新しくデータを移し替える必要がありますがiPhone6を2万円で手放した場合
ファクトリーアンロックサービスを利用する料金と同等程度で
新品のiPhone6、iPhoneSEが手に入ります。

また節約を考えるなら思い切って人気の5000円以下から1万円程度のandroid端末を購入して
テザリングでiPhone6を利用するのもおすすめです。





端末は2台持ちとなりますが
楽天モバイルならおサイフケータイ機能搭載の端末などが1万円程度で購入できるので
通話機能とルーター代わりに格安スマホを利用し、メインのデータ通信にiPhone6を利用します。

この方法なら通話機能以外は設定も変わらず今までのiPhoneをそのまま利用する事ができます。
私もこの方法でソフトバンクのiPhone5sを利用していますが
思いのほか使いやすくおすすめの方法ですよ。

iPhone6を使い続けたい場合、
docomoやauを利用されている方に比べてソフトバンクのiPhone6を利用されている方は
初期投資が1万円程度かかってしまいますが

ファクトリーアンロックサービスを利用するよりも
iPhone6を手放して新品を購入する方がソフトバンクのキャリアメールが使えなくなりますが
sim再ロックやバッテリー経年消耗のリスクも少なく賢い選択かもしれませんね。

 【格安simに契約前に知っておきたい事・注意点など】

■ ソフトバンクブランドのiPhone6を手放す場合の手順

ソフトバンクのキャリアショップで契約を解除・もしくMNP予約番号を取得

iPhone6を買い取りサービスで買い取ってもらう

中古または新品のiPhone6・iPhoneSEを購入

格安simを申し込む

購入したiPhoneと格安simが届いたら開通設定を行う
※MNPの場合はMNP開通設定が完了した時点でソフトバンクの契約は自動解除となります。

simロックされたiPhone6を格安スマホとして使えるの?のまとめ

  • iPhone6を格安スマホとして利用する事は可能
  • 音声通話・データ通信・LTE高速通信も問題なく利用できる
  • simロックがかかっていてもdocomo、auブランドのiPhone6なら格安スマホにできる
  • ソフトバンクのiPhone6はアンロックサービスを利用してsimロックが解除できる
  • アンロックサービスは2万円程度の料金がかかる
  • ソフトバンクのiPhone6なら手放すのもあり
  • iPhone6の売却代金を使ってsimフリーやdocomo、auのiPhoneを購入する

いかがだったでしょうか

iPhone6でもdocomo・auブランドなら問題なく格安SIMを挿して
利用することが出来ます。

ソフトバンクブランドのiPhone6は少し面倒ですが
思い切って新しく端末を購入してしまうのも賢い選択です。

大手キャリアの高い携帯電話料金を支払い続けるより
格安スマホに変えてしまう方が端末代金以上にお得になります。

iPhone6を格安スマホしてお得に携帯代金を節約してくださいね!



格安SIMのおすすめランキングはこちらです。
SIMフリー端末がお得に購入出来たり通信速度が優秀だったり、
料金がとても安い格安SIMをそれぞれ比べてランキングにしています。

コメントを残す